2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ディスコード

『ディスコード』
 THE PACT

【製作年度】2012年
【製作国】アメリカ
【監督】ニコラス・マッカーシー
【出演】ケイティ・ロッツ/キャスリーン・ローズ・パーキンス/サム・ボール



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
異常なまでに神経質な母の下で育ったアニーは、ひとり立ちできる年齢になると静かに家を飛び出した。数年後、アニーは突然の母の死を機に再び故郷の土を踏むことに…。

【感想】 ネタバレ
あまり評判は良くない作品ですが、思ったよりは楽しめた。監督の長編デビュー作ということを、見事にひねりでカバーしていたかと。おそらく、評判悪い意見は誇大広告が原因でしょう。新感覚ホーンテッドハウスホラーなんて期待させておきながらの、オチがそこまで言うほどか?とい感じなので、悪い要因になってしまい、逆効果であっただろうと考えられますね。

前半は完全に幽霊屋敷ホラーです。後から分かるのですが、この前半には後半につながるヒントも要所要所に散りばめられているんですね。低予算ということで、豪華な屋敷ではなく、一般民家ということで、身近な感覚に覚え、それがまた怖さの雰囲気を出している。

幽霊の悪さは、出し惜しみ無くどんどん繰り広げられるのですが、やはり霊というだけの違和感がここで覚えます。しかし、その正体は前半部分では全く気づくことができないため、得体の知れない恐怖を感じさせられます。
ディスコード1

中盤からは、霊の正体や謎を解くためのミステリー映画に変わっていきます。刑事と謎を追いかけますが、最終的には霊感の強い少女を家に連れてきて一気に話が進みましたね。この霊感少女は、作品の中ではちょっと唐突気味でしたが、なかなかキャラ的には、いい味出してましたね。
ディスコード2

そして、後半からはサスペンス要素へ変わっていきます。霊がしきりに主人公に訴えたかった事実は?そして、前半の謎の多い出来事は、ここでつながっていくのです。といっても、どひゃ~~~~って驚くほどのものではないんですな・・・。確かにびっくりはしますが、中盤くらいから多少想像もつけることもできるので。

時間も90分弱とサクッと観れるのも手伝ってか、荒削りな部分も有りましたが、個人的には評判ほど悪くはなかったかなと。古き良きホラー映画を意識しつつ、現代版で作った映画という感じでした。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| 幽霊、怨念 | 22:19 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

チェンジリング

『チェンジリング』
 THE CHANGELING

【製作年度】1979年
【製作国】カナダ
【監督】ピーター・メダク
【出演】ジョージ・C.スコット/メルビン・ダグラス/ジョン・コリコス



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
交通事故で妻と娘を亡くした作曲家は別荘に移り住むが、そこで彼は子供の幽霊と出合う。

【感想】 ネタバレ
7~80年代ホラーを代表する傑作ですが、知名度が低い作品でも有ります。屋敷物ホラーの中では群を抜いて面白く、怖いだけではなく、もの悲しく静かに流れていく物語が、単なるホラーと一言では言えない名作なのです。また、ホラーなのに特殊メイクや血糊などを全く使用せず、音響と雰囲気だけで勝負した、正当派の作品です。

なお、クリント・イーストウッド監督による同名の映画がありますが、全く別物です。(あちらも名作ですが)

冒頭でいきなり、主人公の作曲家ジョン・ラッセルの妻子が交通事故で亡くなるシーンから始まる。なんだかいきなりもの悲しく始まります。悲しみにふけるジョンが巨大な古屋敷に引っ越してから、幽霊との不思議な関係が始まるのです。

毎朝6時に鳴り響く異音、突如流れる水、次第に何かを訴える霊、それは妻子を失ったジョンだから選ばれたのです。霊が頻繁に出てくるシーンですが、ジョンの悲しい心境のまま、霊に出会うので、怖さというか不思議な感覚を受けます。ジョンが妙に冷静なのです。
チェンジリング1

隠された屋根裏部屋を見つけてからは、一気に展開が変化します。幽霊屋敷ホラーから、今度はミステリー作品へと。レコーダーに録音された子供の幽霊の声をヒントに、どんどんジョンが謎を解いていきます。物語が進むにつれ、次第に幽霊の過去が明らかになる様子は、良質な推理映画を観ているような感覚さえ覚えます。
チェンジリング2

明らかになった過去、しかし幽霊の訴え(うらみ)を、達成させることができず、思わず幽霊に対し「うるさい!やることはやったんだ!」と叫ぶシーンがとても印象的。しかし、結末は見事に恨みを晴らすことができたのですが、ようく考えたら、議員さん彼自身は悪くないんだよな・・・。悪いのは父親ですし。

見事な、作品でした。今観ても見ごたえ十分ですし、怖さもほとんど無いのでホラー嫌いでも問題なく鑑賞できる作品ですね。おそらく、この作品に影響受けたホラー映画はたくさんあるのでしょう。

作品としては、入手困難でしたが、昨今DVDやBlu-Rayで発売され、なんとレンタルでも気軽にこの名作を見れるようになりました。なんともうれしいことです。こうやって、昔の名作をどんどん再リリースしてもらいたいですね。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| 幽霊、怨念 | 22:51 | comments:7 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

ドラキュラZERO

『ドラキュラZERO』
 Dracula Untold

【製作年度】2014年
【製作国】アメリカ
【監督】ゲイリー・ショア
【出演】ルーク・エバンス/クサラ・ガドン/ドミニク・クーパー



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
トランシルバニアを治める君主ヴラドは、ある日、オスマン帝国の皇帝メフメト2世から、息子を含む1000人の子どもを徴兵するよう通達される。しかし、ヴラドはこれを拒否し、オスマン帝国と敵対することを決意するが・・・。

【感想】 ネタバレ
1000円Dayにつき、さらっとさくっと観にいきました。(ほんと上映間際時間ギリに思い立ってな感じ)

邦題が示すとおり、ドラキュラ伯爵の誕生秘話といったところでしょうか。

う~む、なんだかすべてにおいて物足りないといった感想。物語も恐怖度合いも戦いシーンも、そんでもってせっかく映画館で観たってのに迫力も。面白くないわけではないが、なんとなく工夫が見られないからなんでしょうか?自国を大帝国から守るため、ヴァンパイアに命を売ったというお話ですが、もうこれでなんとなくすべてが見える感じ。

命を売るときは、あんなに苦しむって忠告されたのに、その様子もほとんど無く、すんなりヴァンパイアの力を使いこなしちゃっているのが、なんだかな~って。
ドラキュラZERO1

アクションシーンなんてのも、大群VSドラキュラ伯爵1人ってかなり無理がありましたね。そのため、無理やりで都合が良い戦いといった印象なためイマイチ乗り切れず。この手の戦の作品でワクワク感が出ないってのは致命的です。やたらコウモリばっかりってのも印象悪いです。

全体的に、家族愛、親子愛がものすごくテーマ。そのためか、危機的状況なのですが案外ほわっとした中進んで行きます。テーマがテーマだけに、もう少しどっしり重く、悲しい感じに作りあげたほうが良かった気がしますね。奥さん死んでしまっても、悲しみすら伝わってきませんでした。

そういった意味で、本作は完全に娯楽作品で、エンターテイメントのみに絞った映画ですね。まぁ、ルーク・エバンスがあまりにもかっこよいので、彼の魅力を堪能する作品とも言えるでしょうか。
ドラキュラZERO2

で、最終的な感想として1000円くらいで、期待せずにサクッと観る分にはよかったでしょうか。でも、数日後には内容忘れてしまいそうです・・・。続編、、、あるでしょうか?次はレンタルかな~。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| ゴシック | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT