2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スキャナーズ

『スキャナーズ』
 SCANNERS

【製作年度】1981年
【製作国】アメリカ
【監督】デビッド・クローネンバーグ
【出演】ステファン・ラック/ ジェニファー・オニール/マイケル・アイアンサイド



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
超能力者(スキャナー)を使って警護を行う警備会社に勤めるベイル。科学者によってさらに能力を開発された彼は、裏のスキャナー・レボックの追跡を命じられる。

【感想】 ネタバレ
今年最後のレビューは、クローネンバーグの出世作ともいえる作品といきましょう。相手の神経系統と結合し行動や身体機能をコントロールすることが可能な人間スキャナーが善玉と悪玉に別れて戦う様子を描く。

低予算で仕上げたためその戦いに派手さは無いのだが、特殊メイクは賞賛を受ける。とくに序盤シーンの、頭部破裂という残酷なシーンは驚かされるものがあり、後の映画にも多方面に影響を与えた。日本では、『AKIRA』が人体内部からの破壊という同様な設定を入れているのはあまりにも有名。
スキャナーズ1

中盤~後半でも、派手さは無いですがスキャナー同士の戦いでは、クローネンバーグの片鱗をうかがわせるような血肉ほとばしるシーンは印象的です。単なる超能力と違い、他人の行動や自律神経のコントロールし、感覚を奪い幻影までも見せることができるという設定自体、まさに監督の後の作品にもつながるようです。

ラストのレボックVSベイルのスキャン対決は壮絶でした。ジャケット写真にも使われている、血管ほとばしり白め姿で片や目玉爆発といったすさまじい間接的攻撃スキャンの戦い。結局どちらの勝利なのか?観るものによって変わってくる結末はまたにくい演出でした。
スキャナーズ2
スキャナーズ3

そして、この作品忘れてはならないのが、カナダのジャック・ニコルソンといわれたマイケル・アイアンサイドの狂気あふれる演技でした。いやー、彼の悪役振りが怖いのなんのって!見事でした。

DVDがプレミアついていたこの作品も、これまたレンタルやBlu-Rayで購入できるようになりました。今年は名作ラッシュが続き、なかなか再見できなかった映画が簡単に手に入るようになった良い流れができた年でした。まだまだ観たいのに手に取れない作品があるので、来年も引き続き名作の再販お願いしたいですな。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
スポンサーサイト

| SF、エイリアン | 23:26 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

渇き。

『渇き。』

【製作年度】2014年
【製作国】日本
【監督】中島哲也
【出演】役所広司/小松菜奈/妻夫木聡



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
元刑事のロクデナシ親父・藤島昭和に離婚した元妻から連絡が入った。成績優秀なうえ、容姿端麗、学園のカリスマでもある女子高生の娘・加奈子が失踪したという。自分のせいで全てを失った男が、再び“家族”を取り戻すべく、娘の行方を追うことに…。

【感想】 ネタバレ
この映画あんまり評判良くないみたいですね?残酷すぎ、病みすぎっという意見多いですし。。。

いや、逆にものたりん!!!

どうせなら、行き着くところまで行ってほしかった。年齢制限も多少気にしてか、コミカルに描かれている部分も多く、もっとどっしり来るのを期待していたので、肩透かし。『冷たい熱帯魚』のような感覚でとことんどっしりくるものを期待していましたが、中途半端なので、正当派な方からも批判されるし、凹み映画好き人間(私のような!?)からも、物足りないと批判される。どっちつかずはいかんです。

レイティングはR15+とのこと。内容的には、やっぱり中学生、高校生にみせては駄目だろこれ・・・。映倫の審査は日本映画に甘くないか???

この親あっての子ですね。人間見た目で判断してはいけませんね。こんなに美しく妖艶な加奈子にやさしくされたら、誰でも一ころですね。そんでもっての、笑いながらどん底に突き落としていく。無垢で幼き学生が、加奈子のせいで、ジジイ達に体を売り(男もね)どん底へ落ちていく。でも、、、決して加奈子を恨まない、いや魅了させられた人間には恨むことすらできない、まさに麻薬のような存在。
渇き。1

わが子を何が何でも探し出そうとする、これまたイカレタ父親の藤島秋弘。いつも怒声を挙げイライラ状態の元刑事は人間としてクズです。それを利用しようとすべく、警察。妻夫木演ずる浅井がまた腹立たしい。この映画は基本、観るものを嫌な気持ちにさせる内容なのですが、役者の見事な演技っぷりも輪をかけて気分を害しますね。
渇き。2

このイカレ父親は、1つだけ夢が有ります。美人な妻とやさしい娘に囲まれた平凡で幸せな家庭。秋弘が思い浮かべる幸せなシーンは、この映画と相反するもので、平和そして温かさの象徴としてとても印象深く描かれています。自分が夢を見る幸せな生活を送るオダギリジョー演じる愛川の一家をものの見事に破壊していく秋弘の狂気はものすごいものがありました・・・。(しかし、役所広司はダイワハウスのCM大丈夫なのか?)

ラストもイマイチ納得できない、やけっぱちとしか見えないのですが、父にとって一番辛いこと、それは加奈子から存在しないものとして扱われること。原作ではこれを印象付けた終わりだったらしいですが、映画では全く感じることができず、父親としての気持ちもいまいち感じられません。

原作を見ていないのですが、第3回『このミステリーがすごい!』の大賞受賞作で深町秋生氏の『果てしなき渇き』を『告白』の監督中島哲也氏による映画化ですが、小説の方はもっとダークということです。映像にできないといわれたいた内容を、R15+で収めたのはだいぶ努力はしたのでしょうね。

いや~しかしですよ、小松菜奈が綺麗でかわいすぎ。これからの活躍も期待しますが、個人的には恋愛系より、この映画のような路線で進んでいって欲しいです。
渇き。3

おじさんも取り付かれそう・・・(゜ロ゜)

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| ヒューマンドラマ | 21:15 | comments:3 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

おわび

年末につき非常に多忙となり、ブログを更新する時間が無い状況になっております。落ち着いたら、更新再開したいと思いますので、ご了承ください。

ちびちびですが映画は見てますので、ネタは貯めこんでおきます!

| つぶやき | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。