2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新感染 ファイナル・エクスプレス

 『新感染 ファイナル・エクスプレス』
  Train to Busan

 【製作年度】
  2016年
 【製作国】
  韓国
 【監督】
  ヨン・サンホ
 【出演】
  コン・ユ
  キム・スアン
  チョン・ユミ
  マ・ドンソク
  チェ・ウシク

【イントロダクション】 
感染した者を凶暴化させる謎のウイルスが高速鉄道の車両内にまん延する中、乗客たちが決死のサバイバルを繰り広げる。

【感想】
上映終わりそうとのことで、飛び込みでようやく見てきた韓国発のゾンビ映画。
時速300kmで走る列車の中でゾンビに遭遇という、なんとも面白いシチュエーションがこの作品が成功に至る結果になったでしょう。横長という場所で大量にゾンビに襲われる、でもって密室という絶望的な場所。
新感染 ファイナル・エクスプレス1

本作の見どころは2つではないだろうか。
1つは、単純に素早い(スピードも感染力も)ゾンビとの闘い、2つは様々な人間の愛という形のドラマ。

まず、1つ目のゾンビに関しては、『28日後...』を思い出させるスピード、常に素早いゾンビに襲われているという緊迫感。あまりに早すぎて、狭い電車内の中ではあふれんばかりな状態に(汗)
新感染 ファイナル・エクスプレス2

そんな中、暗闇になるとゾンビたちは音にしか反応できなくなるという特徴があるのだが、その特徴が電車というシチュエーションに見事に合っていた。トンネルという暗闇で、その短時間だけゾンビたちは無力になる。その隙を狙って別車両に移動するという緊迫するシーンも見せてくれました。

次に、2つ目人間の愛というドラマ。
親子の愛、夫婦の愛、恋人の愛、友情の愛、姉妹の愛。ゾンビ映画でどれだけの愛を見せるんだと思わず突っ込みたくなるくらい見せます。ちょっぴりやりすぎ感あるのだが、最終的には涙すら流せる程の感動が見られます。まさかゾンビ映画見ていて、映画館内に涙をすする声が至る所から聞こえる日が来るなんて思いもよらなかった。

愛は力になります。男三人それぞれゾンビと戦い車両を移動するのだが、これがありえないほど強い!見事に噛まれない!
新感染 ファイナル・エクスプレス3

対するは、やはりゾンビ映画では定番となった、怖いのは人間の方だという悪役キャラも出ます。またそれが、ゾンビ映画史上1番といっていいほど、ひどい悪具合。完全に自己主義なおじさんが登場し、最後の最後まで自分勝手で犠牲者を出していく。いやー、こいつは人間のクズです。終始腹立ちましたが、やはり人間の悪役居てこそのゾンビ映画の素晴らしさという感じでしょう。

さて、一体無事に生き残り電車お降りることができるのは誰なのか!?
新感染 ファイナル・エクスプレス4

新たな韓国映画の力を見せてもらえました。面白かった。
しかしながら、邦題がひどくないか?新感染(新幹線)はダジャレじゃないか。普通ならだれも見ないようなタイトルなのに、作品の力でここまで人気が出たのは見事。実際に映画館は、老若男女来ており、上映終わりかけのホラーと思えない人数でした。

【満足度】


【予告】
スポンサーサイト

| ゾンビ | 22:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジェーン・ドウの解剖

 『ジェーン・ドウの解剖』
  The Autopsy of Jane Doe

 【製作年度】
  2016年
 【製作国】
  イギリス
 【監督】
  アンドレ・ウーブレダル
 【出演】
  エミール・ハーシュ
  ブライアン・コックス
  オフィリア・ラビボンド
  オルウェン・ケリー
  マイケル・マケルハットン

【イントロダクション】 
トミーと息子のオースティンは、ある殺人現場の地下に埋められていた美女の検死を行うことに。その正体を暴こうとメスを入れるたび、次々と怪奇現象が起こり…。

【感想】
見ごたえ十分そして古典的の中に新感覚な要素を入れたホラー。
怖さ、グロさ、緊張感、ミステリー、オカルト、そして親子愛と、これだけの要素をたった86分という時間で描き切った見事な作品。時間の割には、内容濃ゆ過ぎて、いい意味で疲弊する。。。

監督は、『トロールハンター』を手がけたノルウェー人監督アンドレ・ウーブレダル。映画の方向性まったく違いますね(笑)

これでもかってくらい、解剖シーンが見させられます。体内に脳にと非常にグロいシーンがずーっと続く。耐性ない人はここで辛いでしょう。が、いやいやグロいだけでない。オルウェン・ケリー演じるジェーン・ドウが神秘的かつ美しく、解剖されていく姿も一種の芸術と思えるほど。
ジェーン・ドウの解剖1

そして彼女は身動き一つせず解剖されるだけなんです。一言も発生せず、瞬きもせず、なすがままに解剖されていく。でも、この何も動かず解剖されていくにつれ、恐怖な異変が次々と起こっていく。
ジェーン・ドウの解剖2

前半の解剖攻めから、後半は霊なのか悪魔なのかもうなんだかわからないままの展開。死体が徘徊してしまうのですが、単純にゾンビみたいなものではなく、なにか日本で描かれる幽霊的な非常に不気味に暗闇から現れるので怖い。さらには、この日の死体安置所には個性的な死体ばかりが置かれていたから、たまったもんじゃない。冒頭で、息子の彼女が死体を見たいってのは後の恐怖への前置きになっていたのですね。あの鈴といい、久しぶりに緊張感で手を握るドキドキ感を体験させてもらいました。
ジェーン・ドウの解剖4

そして、冒頭でも述べましたが、本作、単に恐怖だけではないのがまた面白いところで、親子愛がいたるところに見え隠れします。しかも母を亡くした父と息子という男二人で支えながら戦うのです。単なる怖がらせるだけのホラーとは違いとても応援したくなる良いお役でした。あの親子だからこそ、ある意味ここまでジェーン・ドウと戦えたのではないか、そう思えます。(実際にここまでジェーン・ドウの過去を明かしたのは、彼らだけでしょう) 
ジェーン・ドウの解剖3

でも、その親子愛むなしくラストは・・・

いやー、低予算で作られた映画なのでしょうが、ここまで面白い。
やっぱりホラーはお金かけてなんぼではなく、素晴らしい脚本と撮影技術ですね。

しかし何度も言いますがジェーン・ドウ美しい!(死体の方が美しいと思えるのは私だけ!?)
ジェーン・ドウの解剖5

【満足度】


ジェーン・ドウの解剖【Blu-ray】 [ エミール・ハーシュ ]

価格:3,807円
(2017/10/21 23:55時点)
感想(0件)



【予告】

| カルト、悪霊 | 00:07 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

イット・フォローズ

 『イット・フォローズ』
  IT FOLLOWS

 【製作年度】
  2014年
 【製作国】
  アメリカ
 【監督】
  デヴィッド・ロバート・ミッチェル
 【出演】
  マイカ・モンロー
  キーア・ギルクリスト
  ダニエル・ゾヴァット
  ジェイク・ウィアリー
  オリヴィア・ルッカルディ
  リリー・セーペ

【イントロダクション】 
ジェイは好意を寄せるヒューから“それ”をうつされ、その日以降、ほかの人には見えないはずのモノが見え始める。捕まると確実に死が待ち受ける“それ”は、時と場所を選ばずに姿を変えて襲って来て…。

【感想】
全米で、たった上映4館から始まり、最終的には1600館まで広がり、数々の映画祭で受賞されたとされるまさに低予算から大ヒットホラー。“それ”がどこまでも追ってくるという新感覚のアイデアが面白い。

“それ”とは・・・
・セックスをすることで人にうつすことができる。
・うつされた者にしか見えない。
・ゆっくりと四六時中何処にいても歩いて近づいてくる。
・現れるたびに姿は変わる。
・うつした相手が死んだら自分に戻ってくる。
・捕まったら必ず死が待っている。
イット・フォローズ01

中でも、うつした相手が死んだら自分に戻ってくる。という仕様はもう絶望的です。
いつか、必ず戻ってくるんです。

“それ”は淡々と近づいてきます。
ときにはおばあさんになって。
イット・フォローズ02

ときには大男になって。
イット・フォローズ03

ゆっくりなので、確実に逃げ切れます。
遠くに逃げればしばらく安心です。
でも、ゆっくりと着々と追いかけてきます。必ず、絶対に追いついてくるのです。
昼も夜も落ち着けない恐怖。その精神的な恐怖は計り知れないもの。

そして、セックスでうつすことができる。というところがこの映画のキーポイントでもあります。愛している人にうつせない、うつすには知らないどうでもよい他人とセックスをしないといけない・・・。ヒロインと周りの男性とのセックスと恋の心理的なやり取りが、青春ホラーといった様相です。

結局“それ”は何なのでしょう?死が見える形になって襲ってくるのでしょうか?
攻撃もできるというちょっと拍子抜けなやつらです。
でも、倒せないのかな・・・(ほ、ほら後ろついてきてるから!)

最後に余談ですが、音楽が一世代昔のホラー映画っぽくていい感じです。

【満足度】


イット・フォローズ [ マイカ・モンロー ]

価格:3,583円
(2017/10/15 00:56時点)
感想(0件)



【予告】

| カルト、悪霊 | 01:02 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。