2017年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウィッチ

 『ウィッチ』
  THE WITCH

 【製作年度】
  2015年
 【製作国】
  アメリカ
 【監督】
  ロバート・エガース
 【出演】
  アニヤ・テイラー=ジョイ
  ケイト・ディッキー
  ハーヴィー・スクリムショウ
  エリー・グレインジャー
  ルーカス・ドーソン
  ラルフ・アイネソン

【イントロダクション】 
1630年のニューイングランド州、ウィリアム一家の赤子が何者かに連れ去られた。森の魔女の仕業だと嘆く家族だったが、ウィリアムは愛娘・トマシンこそ犯人であり魔女なのではないかと疑い始める。

【感想】
サンダンス映画祭の監督賞をはじめ、数々の映画賞を受賞したダークファンタジー作品。

この映画は、終始重苦しく、薄暗く、そして不快感を感じる。それは映像からも、音声からも、演者たちの不気味な様子からも。この映画には、楽しさや笑いは無縁であるのだ。

村人たちから異端と見なされ追放された一家。(理由は描かれていない)なぜか、不気味な森の近くに一家は住みついたのだ。
直ぐに事件は起こる。長女トマシンが、いないいないばぁをやって目を覆った瞬間赤子が何者かにさらわれたのだ。その後、何かをすりつぶし体にそれを塗りつぶす魔女?の映像が。おそらくするつぶしたものは赤子なんだろう。

この時点では、魔女と一家の戦いなんかを描くのかと思ってしまった次第だが、監督はそんな簡単な発想ではなかった。この後は、終始一家が宗教にとらわれ狂っていく姿が延々と描かれるのである。1つの事件から完全に一家は心が闇に落ち、家族同士ののしり、犯人と決めつけ、醜く破滅していく姿が描かれるのだ。
ウィッチ3

そのタイミングで見事に破滅の一手を繰り出す魔女(?)
長女トマシンの一番の理解者であった、長男ケイレブをターゲットとし彼を滅びの道へと導くのだ。この事件後、一家は完全に破滅に向かっていく。熱烈な信者だが一番おかしかったのかもと思える父、子供たちが次々と犠牲になり悲しみと疑心暗鬼にとらわれ続ける母、人形のように不気味でふざけ声が非常に耳障りな双子。次々とお互いを恨み、悪魔に身を売ったと疑いあい、全員が最悪の結末を迎えるのだ。
ウィッチ4

そして、一番まともで有っただろう、長女トマシン。
母をこの手で殺めてしまった瞬間、彼女の何かが弾けてしまった・・・。
ウィッチ1

ここに、魔女が誕生したのだ・・・。
ラストは、狂ったように笑い宙に浮くトマシン。このラストは、今までに見たこともないような何とも言えない不気味なシーンで有った。観終わった後は、重く暗いどんよりした感情しか思い浮かべれない。そんな映画であった。

さて、映画のヒロイン役であるアニヤ・テイラー=ジョイに関しても少しふれておこう。
彼女は、この映画をかわれナイト・シャマラン監督のスリラー『スプリット』に主演している。その続編にも出演予定だ。さらには、「X-MEN」シリーズのスピンオフに起用されるなど、一躍注目が出た。ロバート・エガース監督は彼女との古典ホラー再タッグを熱望しているとの情報も。

『スプリット』でも書いたが、彼女は最初は綺麗とも何とも思わず少し目が離れた女優さんだなと思うのくらいなのだが、映画を見ていくと不思議と彼女は徐々に魅力を発揮してくるのである。映画の最後には、彼女のファンになってしまうほどの不思議な力がある。まさにミステリー映画のヒロインにふさわしいといえる。今後も注目したい女優さんである。
ウィッチ2

【満足度】


ウィッチ【Blu-ray】 [ アニヤ・テイラー=ジョイ ]

価格:3,888円
(2017/12/17 19:13時点)



【予告】
スポンサーサイト

| カルト、悪霊 | 19:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パージ:アナーキー

 『パージ:アナーキー』
  THE PURGE: ANARCHY

 【製作年度】
  2014年
 【製作国】
  アメリカ
 【監督】
  ジェームズ・デモナコ
 【出演】
  フランク・グリロ
  カルメン・イジョゴ
  ゾーイ・ソウル
  ザック・ギルフォード
  キエレ・サンチェス
  マイケル・K・ウィリアムズ

【イントロダクション】 
年に一度の“パージ"の日。とある夫婦は帰宅途中、車のタイヤがパンクし、逃げ遅れてしまう。そして、貧しい母娘は何者かに拉致されそうになったところ、武装した一人の男に助けられる。この夜、男は息子を事故死させた犯人に復讐を誓っていた。それぞれの思惑が交錯する中、5人は無法地帯となった街で協力し、生き残りをかけて脱出を試みるのだが…。

【感想】 ネタバレ
「1年に一晩だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる」という一夜の恐怖を描いた全米ヒット作『パージ』の続編。製作は引き続き、製作はマイケル・ベイ&ジェイソン・ブラムのコンビ。殺戮を楽しむ若者が前回の仮面から顔白塗りになったが相変わらずの不気味さ。
パージ:アナーキー1

1作目は、知らぬ存ぜぬでを決め込み守りの一家をテーマに家の中だけで描いた作品でしたが、今作は街での出来事。息子の復讐のためパージの日を待っていた警察官レオ、なぜか拉致されようとされる親子のエヴァとカリ、パージ間際に車がパンクし帰れなくなってしまった夫婦のシェーンとリズ。と、この3組がひょんなことから一緒に街で行動することになる。
パージ:アナーキー3

ステージが広くなった分、ホラーというよりこの3組によるアクションサバイバルとしての要素が高く、逃げるため守るため復讐するためとそれぞれの思いが交錯しつつも、最終的には仲間として戦い協力していく姿を描いたなんだか少し心温まるような内容もあるのだ。といっても、助けてもらえると思ったお友達一家が殺戮の泥沼化したりと、パージの日だけできる殺戮、いやむしろパージ以外の日は我慢していた分の爆発的な殺戮が恐ろしくも描かれている。

息子の復讐を達成するべくパージの日を待ちに待った警察官レオ。巻き込まれてしまって時間だけがたってしまうが、パージ終了直前にようやく息子を殺した本人の家にたどり着く。が・・・レオは、親子のエヴァとカリと同行しているなかで、彼女達に説得され復讐はしなかった。っと、ここまでで終わってもいいのだが、最後はレオが自分の敵である息子を殺したウォーレン・グラスに助けられるという、超ハッピーエンド。うーん、こういう映画らしからない幸せな終わり方をするという珍しいエンド。

そして、前作と同様富裕層が楽しむこの日だけの殺戮ショーが貧富の差を象徴させた、皮肉っぷりは健在。お金を払って殺戮に参加するお金持ち。でも、なぜか直接お金持ちが逆襲も十分にあり得るシステムなので、簡単に逆襲にあっちゃって、いとも簡単に金持ち側が殺されるという始末。ちょっと、この辺はちょっと陳腐な設定だなー・・・

というように、ちょっともったいない設定が多かったのが残念ではありましたが、全体としては前作に見劣らず(前作以上かも)、面白い脚本でありました。

そして今作は、パージに反対する組織がついに登場します。さらには政府は下層階級の削減が十分ではないと判断し、秘密裏に暗殺部隊を送り出したという。結局のところ、このパージは下層階級の殺戮が目的であったという事実も浮き彫りになり、前作以上に現代のアメリカ社会を皮肉りまくった内容でした。

【満足度】


パージ:アナーキー【Blu-ray】 [ キーリー・サンチェス ]

価格:1,500円
(2017/12/11 22:46時点)



【予告】


【関連記事】
パージ

| サバイバルパニック | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。