PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

蝋人形の館

『蝋人形の館』
 HOUSE OF WAX

【製作年度】2005年
【製作国】アメリカ
【監督】ジャウマ・コレット=セラ
【出演】エリシャ・カスバート/チャド・マイケル・マーレイ/ブライアン・バン・ホルト/パリス・ヒルトン/ ジャレッド・パダレッキ



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
6人の若者たちは、フットボールの試合を観戦するため長距離ドライブで向かっていた。途中、キャンプ場で一泊した彼らは、翌朝何者かの悪戯で車の一台が故障してしまったことを知る。仕方なく、修理品の調達で近くの片田舎の町へ向かうカーリーとウェイド。アンブローズという町は人影もなく、異様なほど静まりかえっていた。ところが、なぜか立派な蝋人形館あり、その人形には恐るべき秘密が隠されていた…。

【感想】 ネタバレ
ベタなタイトルで心配しましたが、予想していたより面白かったです。
それに、お騒がせセレブのパリス・ヒルトンがこんなところに出ているので、彼女の下手な演技も楽しめました(笑)

生身の人間をそのまま“蝋”で固めた街に迷い込む若者達というお話ですが、その若者の身勝手さがムカついた!閉店中の蝋人形の館に勝手に入るは、トイレ借りておいて家の中をいじりまわすわで、興味本位で勝手気ままに動いている若者に腹立ちますね。ま、その代わり痛い代償(=蝋人形)が待っていますが。

この映画、グロさより“痛さ”の方が目立ちましたね。アキレス腱を切られるのってゾォ~ってします。思わず自分の足もうずうずし、背筋凍りました。何度観ても、アキレスチョッキンは慣れないわ~。(首チョンパの方がよっぽど慣れました。)

それにしても、蝋人形って怖いですよね。何度か蝋人形館は実際に行ったことありますが、実物と見違えるほどですから気持ち悪い。蝋人形館で肝試ししたら私は間違いなく、リタイアさせていただきます。この映画はさらに、実物の人間で作っているから余計に気持ち悪い。出来立てほやほやの人間蝋人形なんか目だけ動いてるし・・・。彼らは蝋の中で無念に思いながらゆっくり死んでいくんですから、あまりにもたちが悪い殺人です。

最後は、お互いの兄弟(妹)同士の戦いになりますが、やっぱり絆が深い方の勝利!でも、ヴィンセントも、操られていたあの兄に対しての愛もちゃんとあったのですね。兄の死に怒り悲しんでいましたから。最後の死は結局彼らの“原点”に戻った形で終わらせましたね。

ストーリーもそこそこ楽しめますし、ドキドキ感もありますし、それになんと言ってもふわふわ(笑)逃げ惑い、最後はぐっさり串刺しパリス・ヒルトンが観れますので、それだけでも価値はあるかもよ!

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング
関連記事

| スプラッター | 00:52 | comments:20 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

アキレス腱に共感

はじめまして、ikuといいます。
僕もホラー映画が好きで、
そういうブログがないかな・・とブログ村で探していて、
たどり着きました。(2.3ヶ月前くらいでしょうか)

アキレス腱、凄くよくわかります。
確か、「チャイルドプレイ」(何作目かは忘れましたが)
にも"その箇所"を狙われるシーンがあって、
ものすごくヒヤヒヤしたのを覚えています。

あと、首筋をサクっというのも同じ感覚があります^^;

それでは突然のコメント失礼しました。
またお邪魔します!

| iku | 2009/02/07 03:40 | URL | ≫ EDIT

ikuさん

はじめまして。
当ブログに、訪問していただきありがとうございます。
まだまだ、ホラー映画の数が少ないのですが、よろしくお願いします。

アキレスはホントに見るの嫌ですね。
ぞくぞく~って来ます。
何を切られるよりも痛そうですし、苦しみそう。
そして、首筋も確かに嫌ですね。
ぷっすり刺すシーンのアップなんかは、嫌ですね。

これからも、遊びに来てくださいね!

| とら次郎 | 2009/02/08 01:55 | URL | ≫ EDIT

痛かったですね

指先チョッキンパー!もありましたよね。ペンチで。あれが痛かったです。
ラストの家がどば~ってなるのとか、なんかもう凄かったですね。ブレイン・デッドみたいでした。

これは劇場で観てDVDも買ってしまったです。製作が私の好きなダークキャッスルなので。ここらへんの映画まではダークキャッスル素晴らしいと思います。

| P | 2009/02/08 02:35 | URL |

Pさん

ありました!
指先チョンパもゾゾォ~でしたね。
よっぽど、首チョンパでひと思いのほうが、笑ってみてられる。

家とけるところは凄かったですね。
ほんと、全部蝋ですからどろっどろでしたね。

確かに、この辺までのダークキャッスルは良いですね。
でも、この作品劇場でやってたの知りませんでした。

| とら次郎 | 2009/02/08 22:52 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。

はじめまして、MOVIE-DICの白くじらと申します。

これは痛かったですね。(T T)
まずびっくりしてしまったのが主人公の指が切れたときでした。あまりにあっさりと、それでいて無茶苦茶痛い描写で思わず、ぞわわーとしてしまいました。
ラストも凄い状態のロウで、ホントはかなり熱いんでしょうけど、もうどろどろで凄かったです。(^^;

| 白くじら | 2009/02/09 02:39 | URL | ≫ EDIT

白くじらさん

はじめまして。
コメントありがとうございました。

指チョンパは本当に目を覆いたくなりました。
でも、切られた女性はそのときは凄く痛がりましたが、もぅ最後な変は気にしていなかったですね。
本当なら、ズキズキですがね(汗)

ところで、URLクリックしましたがエラーになってしまいました。
もしHP(BLOG)有りましたら、遊びに行きますので教えていただけますか?

では、また遊びに来てください。

| とら次郎 | 2009/02/09 22:12 | URL | ≫ EDIT

URLミス

こんばんは。
URL記述ミスでした…というかどうして途中に「UP」が入ってしまったのか謎です。申し訳ないです。(_ _)
よろしくお願いいたします。

確かに最後の方では指が切れたことを痛がっていなかったですね。(@_@) もうそれどころではなかったのかもしれませんが…かくいう私もそのことなど忘れていたりして。(^^;
ズキズキに耐えていたってところですね。

| 白くじら | 2009/02/10 01:50 | URL | ≫ EDIT

白くじらさん

URLありがとうございました。
遊びに行かさせていただきます!

くちびる接着剤もはがすとき痛そうでした。
あれも、よく考えましたよね。
ほんと、痛いの満載の映画だ。

| とら次郎 | 2009/02/11 18:38 | URL | ≫ EDIT

v-275少し前に夜中テレビでやっているのを見てしまいました。
痛さ満載で「ひ~っ!!」って思いました。
パリスの演技が笑えました。(アメリカでは公開時、パリスの死ぬシーンでは劇場で拍手が起こったそうですね。)
そして24のジャック・バウアーの娘、キム役が主人公でしたね。指切られていたそーでした。
最後、途中で出てきたキモいおっさんが実は3人目の兄弟だったというオチも面白かったです。

| you太郎 | 2009/02/11 23:16 | URL | ≫ EDIT

you太郎さん

夜やっていましたか!
痛い映像満載でしたよね。

でも、なんといってもこの映画はパリスのへたくそな演技と、ぐっさり串刺しシーンですね。
拍手は分かる気がします。

主人公って、ジャック・バウアーの娘だったんだ!?
知りませんでした。

3人目の兄弟は正直いらなかった気がしますね・・・。

| とら次郎 | 2009/02/12 22:40 | URL | ≫ EDIT

どうも

はじめまして!
 
痛いフッテージ満載の素敵な作品でしたね。

アキレス腱ぶつ切りは、「ホステル」でもあり、

痛い表現としては、かなり上位ランクでしょう。

パリス・ヒルトンの死にっぷりが最高ですよね。

| もりたランティーノ | 2009/02/13 11:58 | URL |

もりたランティーノさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

ありましたねぇ~、『ホステル』にアキレス腱チョキン。
痛いシーンは、蝋人形も『ホステル』に負けていないですよね。

グロイより、痛いってのも観ていて嫌なもんですね。

パリス・ヒルトンは、また頭ぶっすりですから、監督分かってるぅ~って感じですね(笑)

| とら次郎 | 2009/02/13 23:57 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

最後のほうは蝋の館がもうモンスターのようなウネウネ具合でよかったですね
私もこの作品楽しめちゃいました
ダークキャッスル作品はいいですね
また面白い作品をだしてほしいものです

| maki | 2010/12/21 11:14 | URL | ≫ EDIT

makiさん

予想外に楽しめましたね~。
パリス・ヒルトンのへたくそな演技と、見事な死に様も面白かったですし!
ダークキャッスルは、B級ホラー好きにはたまりません!
期待しております!

| とら | 2010/12/21 21:22 | URL | ≫ EDIT

この作品は、

「パリス・ヒルトンの蝋人形の館」に改題すべきですw
後半は演技頑張ってましたが、
前半は中学生の学芸会以下の演技でしたね~w

一番のツボ・シーン(ツボ台詞)は、
黒人彼氏が、下着姿のパリスを見て一言。
「ソソるぜ」
思わず心の中で
「そうか?」と突っ込んでしまいましたwww

| りとら | 2011/04/28 21:23 | URL |

りとらさん

なにかと、見ごたえある作品でしたよね。
パリスの演技とか(笑)
彼女の下手な演技を見るだけでも、価値あるかも。
ぐっさりシーンは、かなりうけました!

しかも、痛いシーンも結構あって、ホラーとしてもなかなか面白かったですね。
ラストの、館がトロトロ溶けるシーンも圧巻でした。
掘り出し物の映画でしょう。

| とら | 2011/05/01 08:29 | URL | ≫ EDIT

パリスいたの?

この作品もダーク・キャッスル社製作で、さらにリメイクなんですよね。

オレもあまりにベタなタイトルなので、全く期待しないで観たのですが、これが予想に反して十分に楽しめました。

皆さんが言う通り指先&アキレス腱チョンパは観てて痛々しかったです、とらさんの言う様に痛いのはグロいより精神的にかなりきますね・・・・・・・

パリス・ヒルトン出てたんですか?全く気付きませんでした、首からグッサリですか?再度よく観てみます。
りとらさんの言う黒人彼氏にも注目ですね。(笑)

| マローダー | 2012/01/01 08:43 | URL |

マローダーさん

パリスいましたよ~。
この映画の見所は、パリスの演技(ヘタ)です。
もうこういう映画は絶対出演しないだろうと思いますね。
なんたって、串刺しですから(笑)

| とら | 2012/01/02 13:50 | URL | ≫ EDIT

今頃見ました(^^)
「町の住人が居るような感じ」とか「蝋の家が解けていく中でのバトル」とか個人的にはかなりハマりましたねぇ。
おっしゃる通りパリスさんのフワフワ感も良い味出してました。
一週間レンタルあなどるべしですね。


| しもうま | 2013/09/12 08:45 | URL |

しもうまさん

観てなかったんですね!
これ、意外と面白かったでしょう。
パリスの演技と串刺し見るだけでも価値あります。

今思えば、☆4つでも良いかなと思うできでした。
それにしても、2009年に書いたレビューを自分で久々に読みましたが、文章がちょっと恥ずかしいですね~(汗)

| とら | 2013/09/12 21:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/101-e3894f16

TRACKBACK

蝋人形の館 House of Wax (2003年)

子供は寝ましたぁ~わぁうッ これから始まるぅイェイイェイイェイイェイヤッ 素敵な 素敵な ショウーおうおうおうターはイあいあいむぁ・・(SHOW TIME) 今夜オマエとパーリナイーヤッ(PARTY NIGHT...

| RETRAの奇妙な映画館 | 2011/04/28 21:25 |

蝋人形の館

途中から兄さんが驚くほどかっこよく。これ以外と面白いです! 蝋人形たちが火に巻かれて溶けていく様がかなり不気味です、館自体が蝋なのでラストでは溶けるフニャる。溶けていく館自体がなんとも巨大なモンスターのようで凄かったなー。 エリシャ(可愛かった)、ジャ...

| いやいやえん | 2010/12/21 11:15 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT