PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

屋敷女

『屋敷女』
 A L'INTERIEUR

【製作年度】2007年
【製作国】フランス
【監督】ジュリアン・モーリー/アレクサンドル・バスティロ
【出演】ベアトリス・ダル/アリソン・パラディ/ナタリー・ルーセル/フランソワーズ=レジス・マルシャソン/ニコラ・デュヴォルシェル/ルドヴィック・ベルシロー



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
出産を間近に控えたサラは、自宅で一人、孤独に耐えていた。夫は4カ月前の事故で亡くしている。そんな彼女の家を見知らぬ女が訪ねてきた。不審に思いサラがとりあわずにいると、女は窓を割って進入を試みる。サラが警察を呼んだことで一時は撤退するが、深夜、彼女が陣痛で目を覚ますと、そこには自分に馬乗りになって、腹にはさみを突き立てようとしている女の姿が…。

【感想】 ネタバレ
おそるべしフランスホラー。
この題材はちょっとタブーじゃないですか。一線越えちゃいましたね(汗) 妊婦は絶対見てはいけない映画です。内容、映像がやばすぎます。

女殺人鬼を演じるのは、『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』で全世界に衝撃を与えたベアトリス・ダル。スタッフには、あの『ハイテンション』メンバーが集結してますから、まぁ内容はやっぱり凄いです。

以下、がっつりネタバレしてますので、これから観る方はご注意ください。

車同士の衝突事故。お互い車には妊娠中の女性が。
1人は、子供は助かったが旦那が死んでしまい、悲観的な毎日を送る女サラ。
1人は、待望の子供は流産してしまうが、子供のことを諦めれない女殺人鬼(屋敷女)。

悲しみに暮れる二人の切ない戦い。そぅ、子供をかけての女同士の戦いです。
でも、内容、グロシーン、血の量がハンパない。かたや“出産を翌日に控えた妊婦”という設定なので、観ていて赤ちゃんのことが気が気でなくって、ハラハラヒヤヒヤ。

しかし助けに来た警官の弱いこと。市民を守るのが仕事なのに、あっという間にやられやがって!逆に、子供を思う女の強いこと。屋敷女なんか、一般の女性ですよね?なのに、何人殺したんだ・・・。サラも最初は逃げるばかりでしたが、子供を守るため最後は逆襲がすごい!トースターでバコンって顔をぶったたかれますが(普通ならここで戦意喪失だが・・・)、その後速攻でバーナー攻撃!屋敷女の顔黒こげです。

サラが頭がおかしくなった男性に妊娠中のお腹を襲われたら、屋敷女がサラを守り、しまいには産気づくサラを介護する。サラと屋敷女、子供を思う気持ちだけは通じています。なんとも奇妙で悲しい関係。

しかし、サラの子宮が広がらず・・・。
最後は禁断のシーン。
ここまで言ったら先はご想像にお任せします。ちなみに、屋敷女の武器はハサミです。

残念なのは、レンタル版で観たのですが、最後の禁断シーンがまっくろで隠されていました。こんな映画観る人なんか、残酷シーン見慣れているんだから隠さないでくれっと言いたいですが。でも、内心は隠してもらってホッとしている自分も居たりして。ちょっと、あのシーンは観たくないもんね。(後記:ニコニコ動画で禁断のシーンを閲覧。うげげ~でしたよ・・・。背筋が凍ります。)

ちなみに、うちの嫁さん(出産経験あり)いわく、腹がムズムズしっぱなしだったようです。

最後に一言、フランスホラーいかれてます。←いちおう、褒め言葉です。

【満足度】
★4つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| サイコ、スリラー | 00:03 | comments:10 | trackbacks:3 | TOP↑

COMMENT

こんばんわぁ。
いやぁ、やっぱりフランス産のホラーは怖いですねぇ。
妊婦さんのお話ということで、前から気になってたんですが、近くにビデオ屋さんにおいてなくて残念です;;

『ハイテンション』よりもざっきょんざっきょん欲しかったです^^/

あ、黒いボカシがあったようですが、それはどうでした?

| 茶栗鼠 | 2009/02/18 18:06 | URL |

茶栗鼠さん

いや~、フランスホラー今が旬ですね。
アメリカホラーよりよっぽど怖くて面白い。
でも、よっぽどホラー好きでないと観れない映画ばかりですね。

この映画、怖いというより赤ちゃん大丈夫なの?ってな心配感が気になる気になる。
でも、面白かったですよ。

黒ぼかしは、あってよかったかも。
あの場面は、ちょっと観たくない。
無修正版出ても、観たくないなぁ~。

| とら次郎 | 2009/02/18 22:33 | URL | ≫ EDIT

ども

そう、これ観たかったんですよ!
まだ観てないんすけど・・・

「ハイテンション」のスタッフなんですねぇ、
切株満載そうで楽しみです。

最近良いホラーに当たってないです・・・
「ミラーズ」も逃したし、「13金」リメイクもまだ
行ってないし。

もっと動かないとダメすね。

| もりたランティーノ | 2009/02/19 15:04 | URL |

もりたランティーノさん

是非みてください。
って、レビューみちゃいました?
みてしまうと、結構ないよう暴露してますので面白さ半減かもですが・・・。

最近よかったホラーは、『REC』ですが観ました?

映画館では、なかなかホラーって行かないですよね。
ホラーに超大作ってないですから。。。

| とら次郎 | 2009/02/19 23:26 | URL | ≫ EDIT

とら次郎さん

いや、レビューは見たかったけど我慢しました(笑)

DVDもうあるんですかね?

「REC」は観ました!
スペインやりますねぇ~
パート2ももうトレーラーやってるんで、近々
観れるんじゃないですかね。

良質のホラーでもDVDスルーが多くて
なかなか劇場公開って少ないですしね・・・

| もりたランティーノ | 2009/02/20 10:26 | URL |

もりたランティーノさん

私は、DVDレンタルで観ましたよ~。
なので、規制が入っているシーンがありました。
面白かったのでお勧めです。

『REC』の続編って想像付かない。
どういう展開にするのか。
続編はトーンダウンって事もありますので、期待は避けたほうがいいですね。

ホラーは劇場ではなかなかやりませんし、一部の映画館だけってのもありますから、なかなか観る機会ないですね。

| とら次郎 | 2009/02/21 22:58 | URL | ≫ EDIT

とら次郎さん、またもやこんばんわです。
いやぁ、酷かった。
観ましたけど、くろぼかしあって中々安心できましたねぇ。


悲しい劇でしたけど、切り株が多かったです(>_<)

フランス、いかれてますねぇ。

| 茶栗鼠 | 2009/05/03 02:26 | URL |

茶栗鼠さん

あの、黒ぼかしは逆に見なくて助かったと思いましたね。
ぼかしみて、ホッとしたのは初めてです。

ほんと、フランス映画は最近凄いですね。
アメリカと違う、ホラーをみせてくれます。
今、フランスホラー注目です。

| とら次郎 | 2009/05/03 22:29 | URL | ≫ EDIT

ようやく「屋敷女」観ることができました♪
私はニコニコ動画で無修正版がアップされていたのを見たので、
問題のシーンもバッチリ見てしまいました^^;
非常に完成度の高い映画で大満足でした♪

| ゆっけ♪ | 2009/12/17 14:55 | URL |

ゆっけ♪さん

お返事おそくなりました。
なぜか、迷惑コメントに振り分けられてました・・・。

完成度高いですよね!
予想以上に面白かったです。
しかし、邦題が駄目・・・。
問題シーン見たんですね?ニコニコ動画さがしてみよっと!

| とら次郎 | 2009/12/21 22:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/109-56a6fe34

TRACKBACK

163「屋敷女」(フランス)

狂乱の果てに、命一つ  4ヶ月前に交通事故で夫を亡くしたサラは、臨月のお腹を抱え、クリスマス・イブの夜、一人で家にいた。その時玄関のドアを叩く音が聞こえ、見知らぬ女が電話を貸してほしいと申し出る。不審に思ったサラはがとりあわずにいると、女は急に態度を硬...

| CINECHANの映画感想 | 2010/08/27 01:15 |

屋敷女

A l'interieur Inside 2007年:フランス 監督:アレクサンドル・バスティロ、ジュリアン・モーリー 出演:ベアトリス・ダル、ニコラ・デュヴォシェル、リュドヴィック・ベルティロ、フランソワーズ=レジス・マルシャソン、ナタリー・ルーセル、エマン・サイディ、エマ...

| mama | 2010/08/18 23:48 |

『屋敷女』

(原題:A L'interieur) 「いやあ、えぐい映画だったね。 ここまでのは久しぶりだ」 -----ありゃりゃ。 そんなこと言ってもいいのかニャ。 「いいのいいの。 こういうタイプの映画は『えぐい』と言われることが 逆に観客動員に繋がるんだから…」 -----じゃあ聞くけど、...

| ラムの大通り | 2010/08/18 23:14 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。