PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

羊たちの沈黙

『羊たちの沈黙』
 THE SILENCE OF THE LAMBS

【製作年度】1991年
【製作国】アメリカ
【監督】ジョナサン・デミ
【出演】ジョディ・フォスター/アンソニー・ホプキンス/スコット・グレン/テッド・レヴィン/アンソニー・ヒールド/テッド・レヴィン/アンソニー・ヒールド



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
若い女性を殺害しその皮を剥ぐという猟奇事件が続発。捜査に行きづまったFBIは、元精神科医の殺人鬼ハンニバル・レクターに示唆を受けようとする。訓練生ながらその任に選ばれたクラリスは獄中のレクターに接触する。レクターはクラリスが、自分の過去を話すという条件付きで、事件究明に協力するが…。

【感想】
トマス・ハリスの同名ベストセラーを完全映画化したサイコ・スリラー。
アカデミー賞の作品・監督・主演女優・主演男優賞といった主要5部門を独占。

久々に観ましたが、やはり優れたサイコサスペンス映画です。この映画を皮切りに、異常殺人鬼をテーマにした映画にブームがついた感じですね。

注目はなんといっても、人喰い殺人気ハンニバル・レクターとFBI訓練生のクラリスとの関係。冷静かつ残酷なレクターと対峙することになる彼女ですが、一歩も引きません。2人の微妙な駆け引きがなんとも面白いんですよね。クラリスのがんばりに、少しづつ心を許すレクターですが、そこには猟奇殺人の犯人ではなく、温かみすら感じさせられます。

・・・っと思っていたら、中盤ではレクターの“残虐な本性”を見せられ圧倒されますが。

さすが主演男優賞に輝いたアンソニー・ホプキンスの演技はすごい。一点を見つめて動かない場面など猟奇的で迫力満点で恐怖心が出ています。さすが名優であります。ジョディ・フォスターはまだ若さがありますが、こちらもすばらしい演技です。私は、今よりこの頃のジョディ・フォスターの方が断然好きですねぇ。

最後、犯人の家に押しかけたとき、刑事たちのドアベルを鳴らすのと、クラリスの鳴らすベルを一致させる場面の見せ方は個人的には好きでした。その瞬間からクラリスと犯人との緊張のシーンの連続で、観ていて結構ドキドキ。

さすが、アカデミー賞獲得作品、今見ても見劣りしません。

【満足度】
★4つ

【関連記事】
レッドドラゴン
ハンニバル
ハンニバル・ライジング

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング
関連記事

| サスペンス、ミステリー | 06:10 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

v-275またまたご無沙汰してすみませーん!!
やはりよくできた作品ですよね。
アンソニー・ホプキンスはもちろんですが、ジョディ・フォスターも光ってましたよね。
やはりこの2人のコンビは最高です。
クラリスはやっぱりジョディがいいなぁ・・・。
☆☆☆

| you太郎 | 2009/03/11 21:18 | URL | ≫ EDIT

you太郎さん

やっぱ、クラリスはジョディよね~。
もぅその印象が強すぎます。

アンソニーは、レクターの役はまりすぎ!
もぅ、アンソニー=レクターの印象しかないです。

2人とも凄い演技でした。

| とら次郎 | 2009/03/12 23:09 | URL | ≫ EDIT

こんにちは!

これは懐かしいですね。観に行って圧倒されました。ハンニバルとリアルタイムで進行する殺人事件のダブルパンチでお腹一杯になりましたよ。
クラリスとハンニバルが最後の別れ(?)をするところ。絵か何かを手渡しする際に一瞬、指で触れ合うところが実に印象的でした。

犯人役がキング映画の「マングラー」でカッコいい刑事役をやってたのが驚きでした(笑)。

ガツンと応援♪凸

| umetraman | 2009/03/14 10:37 | URL | ≫ EDIT

umetramanさん

久々に観ても、見ごたえたっぷりでした。
さすが、オスカー作品。

クラリスとハンニバルのやり取りがなんともいえませんね。

『マングラー』懐かしい。
刑事役なんて全く覚えていません。
出ていたんですねぇ~。

| とら次郎 | 2009/03/14 21:44 | URL | ≫ EDIT

おばんです。
私の好きなサスペンス一つです!
ハンニバル・レクターシリーズ3作目の「ハンニバル」でジュリアン・ムーアにクラリス・スターリング役が代わらなければ、押しの作品なんですけどね・・・
残念ですわw

ジュリアン・ムーア自体は好きな女優さんです。

| 赴任生活 | 2009/03/14 21:52 | URL |

こんばんは。

私も割と最近に観直しました『羊たちの沈黙』。

>そこには猟奇殺人の犯人ではなく、
 温かみすら感じさせられます。
不思議ですよね。
レクターとクラリスの関係が、
だんだん愛しくなるのは
やはり作品の描き方が上手いからでしょうか。

対して『ハンニバル』があんまり…だったのが残念です。

| なるは | 2009/03/15 03:23 | URL |

☆赴任生活さん
よく出来たサスペンス映画ですよね~。
単なる、異常殺人系ではなく、二人のやりとりが奥深いです。
クラリス役が変わったのはやっぱり残念ですよね。
この作品でジョディー・フォスターの印象が付いてしまいましたからね。

☆なるはさん
不思議な関係の二人でしたよね~。
やっぱり原作が凄いんでしょうが、演技した二人の俳優もさすがという感じです。

『ハンニバル』も違った感じで私は好きですよ~。
あっちは、完全に見てはいけない世界感が有りますね。

| とら次郎 | 2009/03/16 22:35 | URL | ≫ EDIT

私もこれは何回も見てしまいます。
ジョディー・フォスター&アンソニー・ホプキンスの
緊迫感あるやりとりは何回目でも見入ってしまいます。
この二人だからこそ、あと監督の力かな?
続編の『ハンニバル』も面白いけど、
この映画が良すぎたので、かわいそうです。
E・ノートンであらためてリメイクした『レッド・ドラゴン』も
ノートンが好きだったけど内容思い出せないくらい…
そのぐらい、この作品が強いです。

| ユキまま | 2009/04/02 00:39 | URL | ≫ EDIT

ユキままさん

さすが、オスカー作品といったところでしょうか?
サスペンス映画ですが、二人のやり取りをメインに描いているので、面白い作品になっていたのではないでしょうか?

『レッド・ドラゴン』は私も内容が思い出せないんですよ。
でも、うちにDVDあるから見直そうと思いつつ、なかなか手が伸びない・・・。

| とら次郎 | 2009/04/02 22:51 | URL | ≫ EDIT

シリーズ中ではダントツです!!セガール映画のタイトルみたい?
ジョージロメロ監督が中盤チョイ役で出てますよね。無線持って。博士が脱獄した場面でSWATが持つ機関銃がなんと日本製エアガンとの事!!まさかあの緊迫場面でエアガンとは(゜ロ゜)!!

| クリコ | 2009/12/31 20:48 | URL |

クリコさん

名作ですよね。
確かに、エアガンにはびっくりデスね。
日本製でしたか!?

| とら次郎 | 2010/01/01 00:29 | URL | ≫ EDIT

色褪せない超名作

14、5年前に友人がWOWOWで録画したVHSを貸してくれた時以来2度目の鑑賞になります。
覚えてる所と忘れてる所が、余りにもハッキリしてて笑っちゃいました。

公開から21年も経つんですね、しかしそんなの全く感じさせない完成度の高さは、今観るとさらに際立ちますね。
メイキングでも「10年後に観ても色褪せない作品にしたかった」と製作陣が語ってました、実際色褪せるどころか、異常なまでの完成度の高さが浮き彫りになります。

最初に観た時はレクター博士の印象が強すぎて、他の部分に目がいきませんでしたが、今回はクラリスもバッファロー・ビルも他の要素にも注目して観られました。
結構あちこちにヒントが隠されてて、一瞬足りとも目が離せませんでしたよ。

レクター博士を怪演したアンソニー・ホプキンスは勿論ですが、やはりクラリスを体当たりで熱演したジョディ・フォスター抜きにこの作品は語れません。

ちなみにアンソニー・ホプキンスはジョナサン・デミ監督の指名だそうで、ホプキンスが「何故自分なのか?」と聞いたら「エレファント・マンの医師役が温かみを感じた、レクターでも狂気の底にある温かみを表現して欲しい」という理由だそうで、とらさんが温かみを感じたというのは監督の意図が通じたという事ですね。
オレもそう感じましたし。

それにしてもこれの前に観たセブンといい今作といい、90年代は本当に名作揃いですね。
特にサイコサスペンス、サイコスリラーはグロやゴアが少ない分、俳優の演技にかかる比重がとても大きいです。

その点ではセブンも今作もキャスティングは完璧と言っていいでしょう、演出も美術も音楽も全て素晴らしいので、さらに完成度を上げてますし。

次はハンニバルとレッド・ドラゴンですね、どちらもまだ観てないので楽しみにしてますよ。

本当の名作は何年経とうが、決して色褪せる事はないのです。

| マローダー | 2012/02/02 01:31 | URL |

マローダーさん

この映画は、2度3度観ていくと良さがかみ締められていくのだと思います。

レクターとクラリスの駆け引きが最高に面白いですね。

だからこそ、続編はジョディー・フォスター続投してもらいたかったんですがね。

| とら | 2012/02/03 22:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/111-d1107870

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。