PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ビヨンド・ザ・リミット

『ビヨンド・ザ・リミット』
 BEYOND THE LIMITS

【製作年度】2003年
【製作国】ドイツ
【監督】オラフ・イッテンバッハ
【出演】ダレン シャラヴィ/ラッセル・フレンデンバーグ/ハンク・ストーン/クリス・クリーサ/キンバリー・リーヴ/クリス・クリーシャ



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
全米で由緒ある墓地の記事を書くため、記者・ビビアンは墓守人・フレデリックへ取材を申し込む。墓地に眠る死者たちについてフレデリックは、淡々と静かに語り始めるが…。

【感想】
日本劇場未公開のとにかく残酷シーンとグロシーン満載のぶっ飛びな映画です。拷問、撲殺、銃殺、刺殺、焼殺とありとあらゆる殺戮の限りが繰り広げられ、製作者から人体破壊はお任せあれと聞こえてきそう(汗)

2つのストーリーからなるお話です。

<前半:現代>
“永遠の心臓”をめぐるマフィア内部抗争ですが、いきなり凄い。テーブルの前に8人の男女を縛りつけ並べて1人また1人と殺していきます。その殺し方にもこだわりあり。

ビニールで縛りつけ窒息死させると思ったら銃で頭をドカンドカンと撃つは、トンカチで頭かち割るは、包丁で顔をめった切りするは。そしてこの映画の見せ場?顔面を至近距離からショットガンでドカンと撃った瞬間に“顔面粉砕”。この映像はすごい。

最後は誰が生き残るか、というところも二転三転して、結構楽しめた前半戦でした。

<後半:中世>
時代をさかのぼって異教徒狩りが行われていた時代、“永遠の心臓”が邪悪な司祭の元に渡り、人間の命を生贄にしていくというお話ですが、とにかくきりが無く人間を殺害していきます。いったい何人殺したんだんだろう・・・。前半みたく殺し方へのこだわりは全くなく、とにかく切って切ってきりまくる。

ラストは、邪悪な司祭が地獄に落ちますが、地獄の光景はまさに地獄絵図そのもので。地獄の番人らしき怪物に、司祭が受ける罰が、また凄い描写となっております。もうぐっちょんぐっちょんですわ。

前半にくらべ、後半はかなりだらけた展開でした。


前半の現代版と後半の中世版とが、永遠の心臓で繋がっていますが、いまいち分かりづらいストーリー。中世時代のお話は要らなかったような気がします。前半のテーブル前で順番に殺していくお話をもっとしっかり作れば、結構これだけで1本の優れたホラー映画になりそうですが。

とにかくストーリは二の次。ひたすら残酷、残虐、グロのオンパレードを楽しむ映画です。
一瞬で描かれるの顔面破壊なんて、まさに瞬間の芸術。
そして、限界超え(BEYOND THE LIMITS)したい方だけ必見(笑)

※カテゴリー分けが難しかったですが、宗教っぽい部分もあるのでカルトにしました。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキング
関連記事

| カルト、悪霊 | 01:29 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんわ。

最初から、血がないけど、よさげなホラーみたいだったんで、気になって今途中です。
そうですかぁ、マフィアがそんなにしてくれるんですね^^
楽しみです^^

| 茶栗鼠 | 2009/03/15 18:17 | URL |

こんばんは。

うぎゃー、これは半分観て挫折してしまった作品です。(^^;
すみません、何がなんだか判らなくって…もう一度、チャレンジしてみようかな、でも最初の半分でかなりきていましたからねぇ…「片腕マシンガール」とはまた別の意味で恐かった作品でした。

| 白くじら | 2009/03/15 23:51 | URL | ≫ EDIT

☆茶栗鼠さん
売りは残虐シーンのみですよ。
ストーリーはいまいちかな。特に後半戦はひどい。
前半戦はよかったんですがね~。
顔破裂は見ものです。

☆白くじらさん
半分観たという事は、面白いところはみたということです。
後半はだらけますので、再チャレンジは必要に応じてでいいかもですよ!
片腕はギャク心満載グロですが、こっちは本気のグロですからねぇ~。
常人には耐えれないでしょうねぇ。
もぅ、私は慣れっこでグロ映像に麻痺しちゃいました・・・。

| とら次郎 | 2009/03/16 22:50 | URL | ≫ EDIT

とら次郎さん、こんばんは

初めまして。白くじらさん所から飛んで来ましたぁ。

ビヨンド・ザ・リミット、凄かったですね!
前半部分は、これは作り物・・と自分に言い聞かせ
ないと凝視できないようなオゾマシサで

中盤からも、何でここまでやるの監督
と言いたいくらいのオゾマシサで

ラストの地獄絵巻のような場面も強烈にオゾマシクテ

結局、最初から最後までオゾマシイの連続でした。
この映画見た後、どんな拷問系ホラーでも可愛く
見えます^_^;

私も、恐いもの大好きなんで、又伺いますね~。

| アニー | 2009/03/17 01:08 | URL |

アニーさん

はじめまして。
コメントありがとうございます!

ほんと、オゾマシカッタですねぇ~。
よい子には絶対見せてはいけない映画ですね(笑)
最後の地獄も凄かったですね~。
でも、その分ストーリーがいまいちでしたね~。

ホラーばかりのブログですが、今後ともよろしくお願いします!

| とら次郎 | 2009/03/17 23:04 | URL | ≫ EDIT

こんばんは!

顔面破壊ならまかせておけ!なオラフ・イッテンバッハ監督ですね(笑)。なんでこうもドイツのホラー畑にはおかしなヤツがいるんでしょうか。
「ネクロマンティック」のユルグ・ブットゲライトに、「ドイツチェーンソー」のクリストフ・シュリンゲンズィーフ。あと・・・まだ沢山いそう(笑;)。
ドイツのホラー映画と聞くと、どうしても行き過ぎな残酷描写に期待しちゃいますね♪そこもまた魅力なんですが。

テーブル囲んでの殺戮大会は私も楽しめました。監督のセンスが爆発ですよね♪
とら次郎様は同じ監督で「新ゾンビ」という作品はご覧になりましたか?これも凄いのですが(笑;)。

ガツンと応援いきますよ♪凸

| umetraman | 2009/03/21 18:05 | URL | ≫ EDIT

umetramanさん

ほんと、ドイツホラーは変わっているというか、行き過ぎというか・・・。国民性なんでしょうか?
残酷描画も、ちょっと変わっていますよね。ちょっと気分が悪くなるいや~な感じがする残酷さです。

テーブル殺戮をもっと膨らました方がよかった気がしません?
中世のお話は要らなかった。余計なストーリーを付け足した感じです。

『新ゾンビ』は残念ながら、観ていません。
噂は聞いておりますが。

| とら次郎 | 2009/03/21 22:45 | URL | ≫ EDIT

大好きなんです

大分古い記事ですが、大好きな作品なのでコメントします。

イッテンバッハといえば、新ゾンビが一番好きなんですが、クオリティの高さはこれがブッチギリNo.1ですね。

前半部分を最後まで続けたら、とんでもない傑作になったでしょうね。まぁ、個人的には、後半部分も嫌いじゃ無いんですが、ラブストーリーが余分たったかな。

| 神奈川チェーンソー | 2013/11/20 08:59 | URL | ≫ EDIT

神奈川チェーンソーさん

通りすがりから、名前が変わりましたね!

いやー、この記事へのコメントとはやはりホラー通ですね。

前半部分は見事としか言いようが無い、傑作です。
顔面破壊もすごかった!

後半は、おっしゃるとおりラブストーリーが要らなかったと思います。

なんか、また観たくなって来ました(笑)

| とら | 2013/11/21 08:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/113-9200ea65

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT