PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デイ・オブ・ザ・デッド

『デイ・オブ・ザ・デッド』
 DAY OF THE DEAD

【製作年度】2008年
【製作国】アメリカ
【監督】スティーブ・マイナー
【出演】ミーナ・スバーリ/ニック・キャノン/マイケル・ウェルチ/スターク・サンズ



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
地元出身の兵士サラが町を巡回中に実家に立ち寄ると、母親が高熱に苦しんでいた。病院内は、同じ症状の患者であふれていた。謎のウィルスが猛烈な勢いで町中に広まっていたのだ。ほどなく、感染者たちがゾンビ化して人々を襲い始める。州兵たちも次々と彼らの餌食となっていく。そんなゾンビの襲撃をかいくぐりながら州外への脱出を試みるサラだったが…。

【感想】
ぜんぜん、原作っと違うじゃ~ん!
これを、『死霊のえじき』のリメイクと語るには恐れ多いですぞ!一種の詐欺じゃん!リメイクというより、“萌え萌え”ゾンビ映画ですぞ。ゾンビそっちのけでサラ役のミーナ・スバーリのかわいさだけが目だってしまい気になってしょうがない。つか、このきゃしゃな体で軍隊の伍長の設定はありえないでしょ。

リメイクと歌わなければ、それなりに面白かったかもしれません。
ゾンビ進化型とでも言いましょうか。ゾンビが早いは、ゾンビが菜食主義、天井這ってくるは、人間のときの意識がチョイのこっているは、しまいには銃乱射、今までになかったゾンビの姿です。これは、これで新しいゾンビ映画として出せば、それなりな評価は出来たろうに。

原作と唯一共通点が人間に味方するゾンビの役ですが、『死霊のえじき』のバブ君とかぶらせているのでしょう。でも、人間に味方する理由がイマイチ。原作では、フランケン博士が手塩にかけてバブ君の心を開いたが、今作はいきなり上官サラの言いなりですから。さらに生前菜食主義だったから人間を食べないって設定はあまりにも無理すぎないです?(汗)

空気感染でもゾンビウイルスがうつるっとこが絶望的ですが、都合がよく主人公や主要登場人物は、免疫があるなどふざけたことを抜かしてやがります。だったら、空気感染という設定やめればいいのに・・・。まぁ、空気感染のおかげで、即効で街はゾンビだらけになっていましたが。

娯楽ゾンビ映画として観てしまえば、楽しませてもらえました。ただ、やっぱりリメイクとして観ると不満ばかり残る作品ではないでしょうか?

【満足度】
★3つ

【関連記事】
死霊のえじき

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| ゾンビ | 00:05 | comments:19 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

え゛っ・・

こんな映画あったのですね・・。私も以前はスプラッター映画が好きでよくゾンビ映画見ていました。当然、「死霊のえじき」は劇場で見ています。今度、この作品を見てみますが、とら様の言われるとおりリメイクと言わないと結構面白そうです。

| Kazu | 2009/03/20 09:29 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/03/20 15:43 | |

こんばんは。

これはリメイクと思わなければ、まだ吉だったと思います。
そもそも登場人物の名前とか、菜食主義のゾンビの行動くらいが「死霊のえじき」と同じくらいでしたしね。(^^)
それに感染系でしたし。

空気感染と免疫に関しては、おっしゃられているとおり、私も「なんじゃらほい」と思ってしまいました。途中で設定を忘れてしまったんじゃないでしょうかね。で、免疫があるから大丈夫!!と…主要メンバーの中で何人か感染するだけでもずいぶん緊迫感が変わったかもしれないのに。

パワフルな感染者たちはなかなかよかったですね。
一人相手にするだけでも大変そう。(^^;

トラックバックさせていただきました。

| 白くじら | 2009/03/20 22:43 | URL | ≫ EDIT

☆Kazuさん
昨年上映された映画なので、ほんと最近のものです。
娯楽ゾンビ映画ですね。そう思えば楽しいと思います。
『死霊のえじき』みたいな、人間の嫌な部分を描いた意味深い作品とは、全く違います。

☆白くじらさん
ほんと、『死霊のえじき』とは全く異なる展開でしたね。
なぜ、これをリメイクとしたかが意味不明。
売れるためかな・・・。

空気感染は、やっぱりつじつま合いませんよね?
しっかり、主要メンバー全員免疫あるのがおかしい。
空気感染させる必要なかったかもですよね。

『28日後』みたく、足の速いゾンビでしたが、こちらの方が、ホント力強かったですね。

トラバありがとうございました!

| とら次郎 | 2009/03/21 22:52 | URL | ≫ EDIT

とら次郎さんと趣味が似ているため驚いています。ジョージ・A・ロメロの映画は大好きでした。私の先輩もホラー映画が好きで「チャイルドプレイ」に出てくるチャッピー人形を購入していて、自分の子供達を脅かしていました。そんな人形どこで購入してきたのでしょう(^-^;

| Kazu | 2009/03/22 02:32 | URL |

こんばんわです。
主演の人が可愛いから、全然似合ってなかった、という批評の多い映画ですねぇ。
なんか全面的に娯楽と、目新しい物と、王道をごっちゃにして、なんかまとまりのない映画でしたね。

いや、それならなんでもできるだろう、とか思ったり。あんまり点数は高くない観たいんですね^^/

| 茶栗鼠 | 2009/03/22 22:58 | URL |

☆Kazuさん
そうですね。趣味が似てますね。
食べ歩きもそうですし(笑)

やっぱり、ロメロのゾンビは一味違いますね。
ゾンビはおまけ的なもので、表されているのは、人間のドロドロした嫌なところを描いていますもんね。
単なる、ゾンビ娯楽映画とは違います。

☆茶栗鼠さん
批評は多いですが、かわいいから許しちゃいます(爆)
確かにまとまり無かったですねぇ~。
まぁ、娯楽一本という感じでしょうか。
ゾンビが天井を這うってのは、奇抜な発想でした。

よく、ロメロはこれをリメイクと認めましたね。
ってか許可はとっていないのかな?

| とら次郎 | 2009/03/23 22:55 | URL | ≫ EDIT

でもこれは見てみます!ヒロインが可愛いみたいだから。嫁が聞くと泣くな・・。私はDawn of the DEADガ
迫力あって良かったですね。あっ奥様のブログにも書きましたが、ついに周囲の要望に応えて見苦しい私の結婚式の写真をアップしてしまいました・・。アメリカでの結婚式のドタバタも書かれています。

| Kazu | 2009/03/23 23:17 | URL |

Kazuさん

Dawn of the DEAD(日本語タイトルゾンビ)は、ゾンビ映画の中で一番すきですよ。
このブログでもレビューもしていますが、★5点満点です。
これを上回るゾンビ映画は、無いですね。

結婚式の写真見させてもらいました~。

| とら次郎 | 2009/03/24 23:34 | URL | ≫ EDIT

Dawn of the DEAD

昨日は御訪問ありがとうございます。これからも、いろいろな映画を紹介してくださいね。なんか昨日病院に診察に行って風邪をうつされたかも・・今の時期インフルも怖いので朝に病院行きます。

Dawn of the DEADは内容も良いのですが、画像の薄暗さが良かったです。いかにもゾンビ映画!っていう感じでした。Day of the DEADは特殊効果が進歩した時代だったのでグロいけど、Dawn of the DEADの迫力は感じませんでした。

| Kazu | 2009/03/25 06:19 | URL |

Kazuさん

どうでした?インフルエンザは大変なので、風邪だといいのですが?

Dawnは確かに映像もよかったですね。
やっぱり、ゾンビ映画の中では別格ですかね。
ロメロ作品の中でも、名作だと思います。

| とら次郎 | 2009/03/26 23:41 | URL | ≫ EDIT

御心配おかけしました

ブログへの御訪問ありがとうございます。どうやらインフルエンザではなく単なる風邪だったようです。
今日、この作品見ようとTSUTAYAの半額サービスに行って、手に取ったのですが、半額サービスの対象外でしたので止めました。新作でも何故かレッドクリフは半額だったので、そちらを借りてしまいました。残念・・。でもセブンの方が面白そう。

| Kazu | 2009/03/28 16:12 | URL |

Kazuさん

ただの風邪でなによりでした。
でも、単身の病気はつらいですよね。

まぁ、この作品を急いで観るみる必要もないとおもいますよ~。
むしろレッドクリフで正解です。

セブン観ていないですか?
これはお勧めですよ~。

| とら次郎 | 2009/03/29 20:53 | URL | ≫ EDIT

う~ん…

こんばんわ
自分は、な~んか普通でしたね…
な~んか普通レベルのゾンビ映画…って思いました…
設定も…ビミョーでした…

では、また!!


| Y0-shit | 2009/04/03 21:56 | URL |

Y0-shitさん

ゾンビ映画としては、普通と思います。
パワフルゾンビだけが目新しかっただけですね。
よく、リメイクと言ったもんです。

まぁ、腐るほどあるゾンビ映画の中では、普通と言えるのは、まだいいほうかもですね。

| とら次郎 | 2009/04/04 23:52 | URL | ≫ EDIT

無い・・

サラ役のミーナ・スバーリにつられて本作を借りに行ったら、
1ヶ月も経っていないのに、もうありませんでした。

明日もう一度、心ゆくまで探してみます(^-^;

| Kazu | 2009/04/21 21:18 | URL | ≫ EDIT

Kazuさん

あらら、無かったですか。
そんなに、人気はびっくりです。

観れたときは、感想をお聞かせください。

| とら次郎 | 2009/04/22 21:09 | URL | ≫ EDIT

ようやく本作品を見る事が出来ました。
やはりアメリカでは怖がる娘の前で見られません。
う~ん・・やはり御評価の通りミーナ・スバーリはカワイイですね!
フェノミナの時同様、女優としてブレイクして欲しいものです。

| Kazu | 2009/05/10 23:06 | URL | ≫ EDIT

Kazuさん

ようやく借りれましたか!
で、単純に娯楽作品としてみれば面白かった程度でしょうか?
ロメロゾンビと比較しちゃうと拍子抜けですが。

で、結局はミーナのかわいさが一番目立っていましたね(笑)

| とら次郎 | 2009/05/12 12:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/115-adf3c2c3

TRACKBACK

デイ・オブ・ザ・デッド

菜食主義者は人肉は食べないんだよ。 2008年(DAY OF THE DEAD) 製作国:アメリカ 監督:スティーヴ・マイナー 原案:ジョージ・A・ロメロ 脚本:ジェフリー・レディック 撮影:パトリック・ケイディ 音楽:タイラー・ベイツ amazon.co.jpで詳細を見る。 2007年5月、コロラド州...

| MOVIE-DIC | 2009/03/20 22:37 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。