PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワン・ミス・コール

『ワン・ミス・コール』
 One Missed Call

【製作年度】2008年
【製作国】アメリカ
【監督】エリック・ヴァレット
【出演】エドワード・バーンズ/シャニン・ソサモン/アズーラ・スカイ/アナ・クラウディア・タランコン/レイ・ワイズ/エド・バーンズ



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
女子大生ベスは、友人シェリーの不可解な突然死を悲しんでいた。そんな中、ベスのもうひとりの友人レアンの携帯電話にいつもと違う着信音が鳴る。そこには3日後の着信が記録され、彼女自身の悲鳴が録音されていた。そして3日後、レアンは列車に轢かれ命を落とす。以来、ベスの周囲で同じような着信を機に変死を遂げる者が続出するのだが…。

【感想】
『着信アリ』のハリウッドリメイクですが、なにこれ?つまらない、ありえない。特に、原作を前日に振り返り閲覧したばかりなので、その差は歴然で・・・。

今回のレビューは趣向を変えて原作と色々比較してみました。

<ストーリー>
原作とほぼ同じ。異なるのは2点。
①自分から電話がかかってくるのではなく、死んだ人から電話がかかってくる。
②ラストの展開を変えてきやがっている、でも全くもってシラケェ~な終わり方。

<恐怖度>
圧倒的に原作が上。原作は、おしっこしびりんこしそうになったもん(笑)
リメイクは、ひとっつも怖いところがないです。

<映像>
原作は湿っぽく不気味。そりゃ~、日本映画独特の薄暗感には絶対勝てないわなぁ。

<演技力>
リメイクは演技へたっぴすぎじゃない?ホラーの怖さが全く伝わってこないし、淡々と進んでいくし。まぁ、堤真一の迫真の演技には、このレベルのアメリカ俳優ならかなわないか。

<着信音>
原作は不気味で耳に残ってしまうほど嫌な音ですが、リメイクは明るすぎちゃう?怖さがなえて逆に元気が出ます!

<死に方>
原作は凝っていて怖い。なんたって首をもぎ取りますからね。リメイクは、ちゃちゃっと殺しちゃってテキトーですよ。

<ヒロイン>
柴崎コウが断然綺麗!シャニン・ソサモンは、『カタコンベ』や『悪霊喰』や『いけにえ』など出演作品がパッとしないホラーものばかりですし、女優としての格も違うか。

<廃病棟>
なんといっても、原作は廃病棟シーンが怖い。やっぱり日本映画は不気味さを映像にすることは一流ですね。さりげない手の跡や割れた鏡などのアクセントが異様に怖さを引き立たせます。それに対して、リメイクは単なる汚い建物?電気もつきっ放しだし。

<ラストのゾンビ>
怖さはどっちもどっち。
原作は、ヒロインが母親とゾンビをダブらせて、お母さんと勘違いしたことに、ゾンビが感動しおとなしく成仏したが、リメイクは襲われて、ヒロインの「殺さないで」の一言だけで涙流しちゃって成仏?これはちょっと無理やりすぎない?

<ジャケ写>
唯一リメイク版の勝ち!
つか、何このお口3つお化け!怖すぎ!夢に出てきそう(汗)

ということで、いいところ無しのハリウッドリメイクでした。
唯一怖いジャケ写の化けものも、映画では一瞬しか出てきません。はっきりいって、このジャケ写が気になりすぎて観たといっても過言ではないのに、広告に偽り有りだ!

全体の感想としては、『着信アリ』のダイジェスト版を観ているような感覚でした。しかもTV向けとして残酷映像規制をかけらたレベルの映像。いぁ~、これはひどいリメイクだ。

そして、なぜかデーブ・スペクター出演してるし・・・。

【満足度】
★2つ

【関連記事】
着信アリ

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| 幽霊、怨念 | 00:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは!

これレンタル屋で気になってましたよ。だってこのジャケ写真、インパクトありますもの(笑;)。
「着信アリ」のリメイクでしたか。ハリウッドはアジアンホラーのリメイクに必死なんですね。怖さの点でいったら、日本人と感性の違う欧米人が作ってるので、これはもう限界なんでしょうね。割り切って観るしかないのか。
ジャケ写真を作った配給会社は、さすが日本だけあってさすがですね(笑)。あ・・・これってオリジナルの写真なのかな。

それにしても、半分日本人のデーブが関わってるんなら、ちょっとはアドバイスすればいいのにね~。って、その結果がこれだったり?(笑;)

ガツンと応援いきます♪凸

| umetraman | 2009/04/03 19:21 | URL | ≫ EDIT

ほんとJホラー苦手

こんばんわぁ。

そしてデープですか。

なんか妙に気味が悪いですよね。このジャケ。

まったくをもって観る気がないのですが、そうですかぁ。そういう終わり方ですか。
ジャド・アパトーの映画でネタにされてましたが、微妙な流行りでしたね。

残虐要素がないとなると、それぞれ力量が試されるとこですが、どうもダメみだいですね。

お疲れ様です。

| 茶栗鼠 | 2009/04/04 22:38 | URL |

☆umetramanさん
きになりますよね、このジャケ写。
ほんでもって、このお化けが出るのは、数秒だけ。
なんじゃらほい!
写真は、恐らく日本側だけとおもいますよ。別にこのお化けはちょい役でストーリには全くかかわってきませんから。
このお化けがメインのホラー作ってもらいたいくらい(笑)

デーブもほんとちょいやくです。
なので、意見をいえるほどの扱いではなかったのでは?

☆茶栗鼠さん
観なくていいと思います。
時間の無駄です。

話は忠実に原作を再現しているのに、このつまらなさ。
途中で眠りそうになりました。

もぅ、ハリウッドリメイクには手を出さない方がいいかも・・・。

| とら次郎 | 2009/04/04 23:58 | URL | ≫ EDIT

とらさんお久しぶりです
リンクを張り替えました

こちらにお邪魔させていただきます

ホラー映画ってたくさんあるのですね
夜中にフト思い出すので・・・
なかなか見ることが出来ません(笑)

| とみこ  | 2009/04/05 21:12 | URL |

とみこさん

すみません。リンクしていただいて。
お手数かけました。
こちらからもリンクはらさせていただきました。

ホラーは色々ありますね。
大作から、超B級まで。
なかなか奥深いんですよ。
たまにはいかがでしょうか?(笑)

あ、こちらのブログでは、ハンドルネームをとら次郎にしています。

| とら次郎 | 2009/04/05 22:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/118-02d01a21

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT