PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1408号室

『1408号室』

【製作年度】2007年
【製作国】アメリカ
【監督】ミカエル・ハフストーム
【出演】ジョン・キューザック/サミュエル・L・ジャクソン/メアリー・マコーマック/トニー・シャルーブ/メアリー・マコーマック/ジャスミン・ジェシカ・アンソニー



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
超常現象を一切信じないマイク・エンズリンは、幽霊や怪奇現象が噂されるスポットを訪ね歩いては、その体験を文章にまとめるオカルト作家。ある日、そんな彼のもとに“ドルフィン・ホテルの1408号室には入るな”という謎めいたメッセージのポストカードが届く。さっそく宿泊しようとしたところ、ホテル側に異常な拒絶反応を示され、ますます興味をかき立てられるエンズリンだったが…。

【感想】
スティーヴン・キングの短編ホラーを映画化。上映当時は、結構大々的な宣伝をしていたので、観にいこうか迷った作品でありました。

正直な意見は、期待したほどではなかったかな。
1408号室入るまでの盛り上がりは良かった、その部屋に泊まった人は1時間も持たずに死んでしまう。それも、“95年間で56人”もの命が失われたといういわくつきの部屋。ここで何が起こるのか!?という期待の中始まったどたばたは、急に大音量で音楽がなったり、壁から血が出たり、ドアに手を挟まれるは、エアコンの温度調整が効かなくなるはと、古風な幽霊イベントが続くだけ。

しかも、展開がころころ変わっるので、観ていて何がなんだか分からなくなります。夢と思えば現実、ホテルにいると思えば海辺、病院にいると思えばホテルとか。狭い空間でのホラーというのは、怖い映画の王道ですが、この作品はそれを生かしきれず、無意味に物語を広く作ってしまって、観るものを混乱させただけのような気がします。

結局、部屋の正体はなんだったのか?しっくり来ませんが、要するに部屋に泊まった人の思い出したくない悲しい過去を、怖い超常現象を含めつつ、フラッシュバックのように再体験させ、絶望感に自殺を促すという部屋なのでしょう。マイクの場合は、幼くして癌で失った娘をもう一度この手で抱きながら死んでいく体験をさせられます。悲しむマイクに部屋は、首吊り自殺を促します。

でも、なぜ今回の主人公は自殺するまで至らなかったのかが納得いかないところです。それは、霊の存在や超常現象を信じないマイクが、最後にこの部屋の異常さを認め、向き合い部屋と戦う覚悟をしたからでしょうか?

まぁ、スティーヴン・キングらしいと言えばそうかもしれませんが、恐らく映像化は失敗だったんじゃないかと思われますね。原作見てないのでなんともいえませんが、小説は、もっとハラハラドキドキの怖い作品であったことは間違いないでしょう。

【満足度】
★2つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング
関連記事

| 幽霊、怨念 | 12:07 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

音だけは、わっと怖かったですw

私も原作を読んでいないので比較は出来ませんが...映画化しやすい話と、しにくい話と、あるんでしょうかね。

なぜ、今回の主人公は自殺するまで至らなかったのか?
神の存在も娘の死も、受け入れたから...なんでしょうかね...。
心理的にじわじわ追い詰めるホラー(ホラーとも言い難いけど)だったのでしょうか。
ちょっと、ラストといい、物足りなかったですね。
ホラーに詳しいとら次郎さんだと、もっと物足りなかったでしょうね(笑)

| あん | 2009/04/24 21:58 | URL |

あんさん

そうなんです、主人公だけなぜいとも簡単に生き残ったか。
あんなもんだったら、90人近く死なないと思うんですが。

ホラーのこわさとしてはイマイチでしたね。
最後も、ちょっと意味不明でしたし。あれは、まだ部屋ののろいの中なんでしょうか?奥さんも一緒に。

| とら次郎 | 2009/04/25 19:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/121-12af07e1

TRACKBACK

1408号室

ホテルの部屋で暴れてはいけません。 ネタバレしてます。 1408号室を開けると、そこには鎖(ブラック・スネイク・モーン)と蛇(スネーク...

| 描きたいアレコレ・やや甘口 | 2009/04/24 21:59 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT