PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ピアニスト

『ピアニスト』
 LA PIANISTE

【製作年度】2001年
【製作国】フランス
【監督】ミヒャエル・ハネケ
【出演】イザベル・ユペール/ブノワ・マジメル/アニー・ジラルド/アンナ・シガレヴィッチ/スザンヌ・ロタール



【イントロダクション】  by Amazon.co.jp
小さい頃から母親に厳しく育てられたエリカ。40歳を過ぎてウィーン国立音楽院のピアノ教授となり今でも母と二人暮らし。ある日、エリカは私的な演奏会の席で青年ワルターに出会う。彼のピアノの才能に特別な感情を抱くエリカだったが、それ以上にワルターのエリカに対する思いは強かった。ワルターはある日、思いあまってトイレにいたエリカに強引にキスを迫る。ワルターの思いが通じたかと思われた瞬間、エリカがひた隠しにしていた秘密があらわになる…。

【感想】 ネタバレ
ハネケ作品は、『隠された記憶』『セブンス・コンチネント』『ベニーズ・ビデオ』と3作品みていますが、ハネケ作品を観る事に疲れ果てて、一時止めていましたが、久しぶりの鑑賞となりました。

で、率直な意見は、今回も疲れた。
まだハネケにしてはマシな方でしたが、やっぱり理解することが難しい・・・。

今回は、“異常なまでの性癖”がテーマ。40歳を過ぎてまでも、母親から厳しく監視され、まともに恋もできなかった、ピアノ教師のエリカの病的な性癖は、変態極まりない。母親の行き過ぎた過保護教育は、逆に悪影響を与えてしまういい例です。

美男子ワルターに出会うことにより、それまで押さえていた、エリカの性癖が一気に爆発してしまいます。彼女が求めるものは、母親の隣の部屋で、縛られ暴力の限りを受けたいというマゾヒズム行為。ワルターはそれを受け入れることが出来ず、エリカの元を離れますが、その後エリカが彼を付きまとう姿を見ていると心痛みます。美男子で若いワルターと中年のエリカとのそのギャップも痛々しい。

最終的には、ワルターがエリカの望みをかなえた形になるのですが、そこにはお互いの愛の気持ちは全くなく、拷問そして強姦でしかない。この場面は強烈です。あんなに愛し合っていた2人、そしてあんなに暴力を振るわれるのが望みだったエリカだったのに、2人には完全に深い溝。ラストのワルターの何にも無かったようなあの笑顔は何???さわやか過ぎる・・・。

そして、エリカが自分を刺した理由は何を意味するか?ハネケお得意の、ストレスためたままエンディングになりましたが、ネットで調べてみたところ、彼女が傷つけていたのは、指先に関係する筋であり、つまりピアニストとしての道を終えるということらしいのです。彼女の人生そのものを捨ててしまった瞬間だったのです。

エリカが自分の性器を傷つける自傷行為が突然映画の中盤にやってきますが、これも意味不明です。この行為に対して、ハネケは何を伝えたかったのでしょう?普通に考えたら、あのシーンは無意味な気がしますが、その真相が知りたい。

観終わって吐き気にも似たモヤモヤ感が残ります。
こういう作品もまた芸術なのでしょう。映画という枠で、ハネケは自分のスタイルを貫き、魅せて、そして人に語られる作品を作っている、芸術家なんだなと思います。

でも、もう一回言います。
疲れた・・・

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| ヒューマンドラマ | 00:10 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

こんばんは!
ブログの相性がわるいのかトラックバックに失敗してしまいますので
コメントで失礼します

ハネケ監督の作品って、人間のいやぁ~~~な部分を、ついてきますよね
ラスト間際のエリカのあの一瞬のまがまがしい表情は物凄い。
強烈なインパクトでした

| ヨヨ | 2009/05/12 20:30 | URL | ≫ EDIT

ヨヨさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

TBは、ブログの相性があるようですね。
私も、今までにトラックバックできないブログがありましたので。

ハネケ作品には、いつもゲンナリしてみますが、麻薬のようにまた他の作品が観たくなるんですよね。
ラストは印象的でしたね。そして、観終わった後は、妙な気持ちが残ります。

今後ともよろしくお願いします。
私の方も、遊びに行かせて貰います。

| とら次郎 | 2009/05/12 23:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/123-5fb8925a

TRACKBACK

ピアニスト

演技力に圧倒されました。これは凄いです。 心情も非常にリアル。過保護な母親と対立しながらも繋がりあう形、愛を求めているのに自意識のほうがそれにより勝ってしまう。 愛を求めつつも拒絶しているようにもみえます。「おろかな欲望に身を蝕まれる」どうして苦しめる...

| いやいやえん | 2011/07/10 13:31 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT