PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オールドボーイ

『オールド・ボーイ』
 OLDBOY

【製作年度】2004年
【製作国】韓国
【監督】パク・チャヌク
【出演】チェ・ミンシク/ユ・ジテ/カン・ヘジョン/チ・デハン/キム・ビョンオク



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
妻と一人娘を持つ平凡なサラリーマン、オ・デス。彼はある日突然何者かに誘拐され、小さな部屋に監禁されてしまう。テレビもあり食事も与えられるが、理由は決して明かされない。そのまま15年間監禁され続けた後、突然解放された。いったい誰が、何の目的でデスを監禁したのか?

【感想】 ネタバレ
カンヌで審査員特別グランプリを受賞した映画。原作は、日本の漫画ですが、映画とは復讐する理由が異なる。監督パク・チャヌクの復讐3部作の2作目にあたります。ちなみに、1作目は、『復讐者に憐れみを』、3作目は、『親切なクムジャさん』。

いや~、恐ろしくも良く出来た映画です。最初から、最後までこの映画にのめり込みました。
これを日本ではなく韓国が映画化したことに、日本映画界は悔しがるべきですね。ただし、もし日本で映画化しても、これほどまで良い作品にはならなかったでしょう。チェ・ミンシクの迫真の演技も光ります。

理由も分からずに、突然ある日から15年間も監禁され続けたら?
考えるだけでもなんとも恐ろしいことでしょう。自殺も許されず、人との会話も15年間許されず。もしかしたら、これ以上の拷問は無いかもしれません。通常の人間なら、頭がおかしくなります。

そして突然、開放されるオ・デス。その謎を追う中、犯人イ・ウジンからの一言が印象的。
「何故、15年間監禁されたか?ではなく、何故、開放されたかを考えるべきだ。」この言葉にこめられているイ・ウジンの底知れぬ復讐心が恐ろしい。15年間という月日は、尋常ならぬ恨みがないと出来ないでしょう。

衝撃のラストは、まさに後味が悪いものです。結局のところは、監禁されたオ・デスも復讐をしたイ・ウジンもお互い悲しき被害者なんですよね。近親を心から愛してしまったという世間から見ると大罪に苦しむ二人。

ただ、最後の選んだ道がお互い違った。
生きながらえて恥も罪を背を居続けることを選んだ、オ・デス。自ら舌をハサミでちょん切る行動は何を意味したか?愛する娘のため?いやそれとも愛する人のため?片や復讐を果たし、人生の目標を失い自ら死を選んだイ・ウジン。彼が姉を殺してしまったときの悲しみは底知れなかったのでしょう。

観終わった後、脱力感が残る映画。でも、名作だと思います。
しかし、歯を折るのは痛い (×_×)

【満足度】
★4つ

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| バイオレンス | 01:18 | comments:10 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

私のブログに立ち寄っていただきありがとうございます^^
私もホラー映画大好きです!
エルム街の悪夢とかジェイソンとかテキサスチェーンソーとかスプラッター系が大好きです^^
今後ともよろしくです^^

| チキン | 2009/05/21 09:43 | URL |

チキンさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

ブログみて、ホラー好きと一目で分かりましたよ!
私も、ホラーではスプラッター系が一番好きですね。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

| とら次郎 | 2009/05/21 22:54 | URL | ≫ EDIT

とら次郎さん、こんばんわです。
いやぁ、おめでとうございます。
あと二か月で自分も一周年です。茶栗鼠の映画評論は、ほぼヤフーには引っかからないので、残念ながら、微妙です。

オールドボーイ、生臭い感じがして、ちょっと厳しかったです。テンポも普通ですし。
もうちょっとグロテスクにしてほしかったかもです。後味の悪さは定評がありますね(>_<)

| 茶栗鼠 | 2009/05/23 01:37 | URL |

茶栗鼠さん

茶栗鼠さんもあと2ヶ月ですか。もうすぐですね。
google、yahooは、うちもほとんどひっかかりませんが、なぜか『パルス2』と『食人族』だけが上位に来ているようです。
恐らく、記事を書いている人が少ないのかな?

オールドボーイは、舌はさみでちょん切りが印象的。
なんか、湿っぽい作品でした。

| とら次郎 | 2009/05/24 18:18 | URL | ≫ EDIT

これは凹みますよね~

よくできてて、面白いんですけど、痛いし、後味悪いしで、
凹みます~。
『親切なクムジャさん』の方が面白かったかも。
それにしても「そんな理由で?」、あんな復讐されちゃぁ、
たまらないですよね。怖すぎます。

| ユキまま | 2009/05/30 01:28 | URL | ≫ EDIT

ユキままさん

凹みますよね~。
よく出来た映画と思います。
復讐がすごすぎですよね。でも、結局最後はイ・ウジンもむなしく思ったのでしょうね。自殺しちゃいましたから。
しかし、舌をハサミで切る場面は、目を覆いました(×_×)

『親切なクムジャさん』はみてないんです。
面白かったですか?今度レンタルしてみよっと!

| とら次郎 | 2009/05/30 11:14 | URL | ≫ EDIT

こんにちは♪

歯を折るのはみてるのが痛かったですね~(><)
案外と舌は平気でした^;
彼のラストの表情からすると、
罪を背負ったままのような気がするのですがどうなのでしょうか
記憶を失って愛する人と暮らす、記憶を残したまま愛する人を守って暮らすという
2つの選択肢があったと思うのですが、
どちらにせよ舌がなければ彼女に説明は出来ないし、
「おじさん愛してる」の言葉のあとの表情からは、
なんともいえない苦悩が見えて取れた気がします

| maki | 2012/03/12 10:13 | URL | ≫ EDIT

makiさん

歯はいやでしたね~。
ほんと痛そうでした。

やっぱり、罪を背負ったままなんじゃないでしょうかね?
ラストの苦悩は、非情でもありました。

凹む映画ではありましたが、妙に心に残る作品でしたね。

| とら | 2012/03/14 21:32 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございました

痛くてバイオレンスな描写はたくさんありましたが、結末とラストのオ・デスの表情がこの作品を名作にしました。高校時代のシーンも美しくて好きですー。
この監督の復讐三部作残りの2作品も是非、観てみたいと思ってます。

| momorex | 2014/01/05 12:55 | URL |

momorexさん

そうですね、結末、表情があってこの作品のよさが目立ちます。
日本の漫画なのに、なぜ韓国にこの名作を先に奪われた?っと思いましたが、じゃぁ日本で合う俳優はといわれるとなかなかいないなと思いますね。

リンク、ホラーでないということですので、一般のほうに移動しました(笑)

| とら | 2014/01/05 17:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/127-b837802a

TRACKBACK

オールド・ボーイ

何故監禁したか、よりも、何故解放したかの理由のほうが凄いわ。 15年間の監禁生活。それがどんな苦しみか想像もつきません。日本のコミックが原作らしいですが、日本で撮らなくて正解、韓国映画のパワーを借りての出来には圧巻。ちょっとコメディタッチで残虐描写も抑え...

| いやいやえん | 2012/03/12 10:02 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT