PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Mr.ブルックス ~完璧なる殺人鬼~

『Mr.ブルックス ~完璧なる殺人鬼~』
 MR.BROOKS

【製作年度】2007年
【製作国】アメリカ
【監督】ブルース・A・エバンズ
【出演】ケビン・コスナー/デミ・ムーア/デイン・クック/ウィリアム・ハート/マージ・ヘルゲンバーガー/ダニエル・パナベイカー



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
オレゴン州ポートランドで、頭部に銃弾を浴びた若いカップルの全裸死体が発見された。現場に残されていたのは、被害者の血で捺された指紋。この2年間沈黙を保っていた“指紋の殺人鬼”が再び動き出した。家族思いの実業家にして、残忍な連続殺人鬼。それまで完璧にコントロールされていたブルックスの二重生活が思わぬミスにより綻び始める。

【感想】 ネタバレ
ケビン・コスナー久々だなぁ~って思ってたら、めずらしく悪役ですな。それも、殺人依存症のクールな殺人鬼ときたもんですが、ケビンはやっぱり悪役は合わない気もします。

殺人を計画、実行するときは内面の人格が、あたかも“相棒”のように人間の姿で、主人公ブルックスと対話をしますが、これは面白い設定ですね。ブルックス自体は依存症を治したいという気持ちは有るようですが、その相棒が更正を許しません。結局は殺人という快感は忘れられず、ゲームのように楽しむなんとも恐ろしい殺人鬼。しかも、無差別殺人ですから・・・。

ブルックスを、とてもかっこよく描いているが、所詮は殺人鬼。都合のよい殺人なんて許されることはない。それに、娘の犯した罪(こちらも殺人)をごまかすために、さらに殺人を犯すという親ばかぶりも発揮するほど。しかし、ケビン演ずるブルックスが紳士でクールなため、その悪役ぶりはマヒしてしまいます。

完璧主義のブルックスが、殺人を犯すときに窓が開いていたという唯一の失敗から、発見者に脅迫を受けるという物語で進んでいくのですが、完璧な殺人鬼がその窮地をいかに抜け出すかが、この映画のおもしろいところ。窮地というか、この状況を逆に利用していきます。こんな完璧な悪役が居たら、世の中狂ってしまいますわ。

ブルックスを追う刑事役としては、デミ・ムーアが演じています。しかし彼女も歳とりましたねぇ~。
敏腕刑事によくある、プライベートは失敗続き。必ずといっていいほど離婚話が取り上げられますね。しかし、浮気したのは旦那なのになぜ彼女の方がお金を取られるんでしょう???

変わっているなと思う点は、ブルックスと女刑事が直接交えることが全くないのです。こういう映画なら直接対決という場面があっていいものですが、全く持って有りません。しかもブルックスに関しては、女刑事に有利になる、殺人を犯したりする。かたや女刑事は、過去に捕まえた犯罪者が脱走し、復讐を果たしにくるのですがその犯人を捕まえることがメイン。なんかブルックスとぜんぜん関係ないところで活躍しますね。女刑事は、副主役という位置づけでしょうか?この設定にちょっと疑問を持ちます。

殺人鬼をテーマにしたなかなか面白い映画でしたが、ラストが拍子抜けでした。
衝撃の結末を見せ付けながら、なぜかそれは夢・・・。つか、夢にしなくても良かったんじゃないの?あのままの結末の方が、断然印象が残ったと思うのですが。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング
関連記事

| サイコ、スリラー | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/128-f76b7a75

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。