PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

13 thirteen 愛と欲望の毛皮/妻の死の価値

『13 thirteen 愛と欲望の毛皮/妻の死の価値』

【製作年度】2006-2007年
【製作国】アメリカ
【監督】ダリオ・アルジェント/ロブ・シュミット
【出演】ミート・ローフ/マーティン・ドノヴァン



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
一流映画監督が参加した1話完結スリラーの人気TVシリーズ。手にした者の運命を狂わす“完璧な毛皮”の恐怖を描く「愛と欲望の毛皮」、夫婦を襲った事故の意外な真実を描く「妻の死の価値」の2作品。

【感想】
世間一般が、アメリカTVシリーズと言えば『LOST』、『24』、『HEROES』とブームが巻き起こるほどに流行しましたが、TVシリーズもやっぱりこっちになるのかぁ・・・っと自分のグロ好きにはため息が出てしまう瞬間でした。 il||li_| ̄|○il||li

TVシリーズですが、なめてはいきません。ガッツリグロシーンありますよ。エロシーンも満載(笑) これって、本当にTVで流したの!?短編1時間ということで、これでもかぁ~ってグロシーンを詰め込んでいます。そうそうたるメンバーのメジャー監督が楽しみながら作ったんでしょうねぇ~。

本2作は、“皮”というテーマが共通点のストーリー。

<愛と欲望の毛皮>
いや~、グロシーンたっぷり詰め込まれた面白い作品。獲ってはならないアライグマの毛で作られた“毛皮”に触れたものが、呪いにかかり次々と無残に死んでいきます。もう、それが気持ち悪いやら痛そうやら。

自分の、皮をTシャツを脱ぐように剥ぎ取るシーンには少し笑えたが、よくこの1時間でこれだけのグロシーンを詰め込んだなぁっと感心できます。

グロシーンの玉手箱や~(彦摩呂風に)

<妻の死の価値>
2作で比べるとと、こちらの方が好き。

妻が自動車事故で黒焦げに。なんとも無残な姿になってしまうのですが、尊厳死させるかさせないかというお話。妻の怨念は生霊となって襲ってきます。その妻は、絶品のスタイル(胸がでかっ)で現れるのですが、次の瞬間黒焦げになった焼け爛れた姿に変わるのです。そのギャップが怖い。

こちらの皮は、妻の皮膚移植のために、“生身の女性の皮”を剥いでいきます。短い時間で2転3転とストーリーが変わっていきおもしろいですね。90分くらいで映画として作るともっとよい仕上がりになっていたでしょう。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ アクセスランキング 人気ブログランキング .
関連記事

| オムニバス | 00:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はい見ましたよ~
年の瀬に「あいたたたたたたた~」っち叫びながら見てました。
「妻の死の価値」は個人的にハマりましたねぇ。
こんなストーリーを考え付く人は偉大ですね。
オチの「遠目からのカメラで妻の容姿は見せない」終わり方なんかグッドでした。

| しもうま | 2013/01/07 16:52 | URL |

しもうまさん

おぉー、これを観ましたか。
といっても、私は内容全然覚えてないです・・・。
記憶の隅っこにもなくなってしまったようで。
でも、自分のレビュー観るとなかなか面白かったようで(覚えてなくてすんまそん・・・)

このTVドラマシリーズ全部見てやろうと思いながら、結局この作品しか観ていないですね。

| とら | 2013/01/07 21:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/13-69a4c950

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。