PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハロウィン(リメイク)

『ハロウィン』
 HALLOWEEN

【製作年度】2007年
【製作国】アメリカ
【監督】ロブ・ゾンビ
【出演】エリック・カラヴァカ/メラニー・ロラン/ジル・ルルーシュ/ジョナサン・ザッカイ



【イントロダクション】  by Amazon.co.jp
イリノイ州の片田舎で暮らす少年・マイケルは、ハロウィンの夜に殺人事件を起こし精神病院に収容される。それから17年後…。

【感想】
ブギーマン再来!!!

1978年に公開されたジョン・カーペンターの大ヒットホラー『ハロウィン』を、ロックアーティストのロブ・ゾンビがリメイク!ロブ・ゾンビは、この作品で監督3作目でしょうか。原作を観た者としては、無敵のブギーマンを再び観れて、妙に心に残る音楽を聴けるだけで興奮でした。やっぱり、あの音楽は1度聞くだけで耳に残る不気味があり、名曲ですなぁ。

原作にはほとんど描かれていない、ブギーマンの子供時代が描かれています。彼がなぜ殺人鬼になったのか、さらに“仮面をかぶるきっかけ”もはっきりと描かれています。この辺は、なかなか興味持てます。悲しい家庭環境に産まれ、動物を殺すことに快楽を得ていた幼少時代、母親を馬鹿にされた瞬間、彼の中に潜む殺人鬼が目覚めます。

大人になってからの展開は、ほぼ原作と同じでしょうか。
ただ、ブギーマン無駄に人殺しすぎ!次から次へと、無差別殺人を繰り広げます。ちょっとこれはやりすぎ感もありますが・・・。こういう映画ならではの、エロ場面もちょっと多すぎ。つか、アメリカ人はエロのことしか考えていないのかってくらいの、エロ話ばかりで少し呆れます。

脱走後の、ブギーマンの心のよりどころは、唯一の肉親の妹の存在。彼は、自分を傷つけなかった妹のことだけを頼りに生きてきたんでしょうね。でも、もちろん妹からは今の彼は受け入れられるわけがなく・・・。なんだか、リメイク版は彼が可哀想と思える場面が見え隠れしましたね。

とにかく、無敵のブギーマン!か弱かった子供時代から全く想像できないくらいの、怪力の大男で原作よりもパワフルさが増しています!ラストも絶対死んでいなでしょうね。(案の定続編も作るようで)

世間の評判はあまりよくないようですが、原作を知っている私としては、結構満足できる内容ではありました。最近のグロいだけの作品とは違い、ストーリーは分かりやすく、古典ホラーという感覚で観れましたし。

あ~、しかし困った。音楽が耳から離れない。

【満足度】
★3つ

【関連記事】
ハロウィン
ハロウィンⅡ(リメイク)

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング
関連記事

| スプラッター | 00:56 | comments:12 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

お、これゲオにありましたね~。
面白そうだから借りてみようかなw
いつも思うんです。ジェイソンとブギーマン  レザーフェイスとブギーマンが戦ったらどうなるんだろうなぁ~ってww
誰か作ってくれないかなww

| チキン | 2009/06/28 23:12 | URL |

フレディVSジェイソンなら映画ありますけどね~。
でも、全く面白くなかった。

ブギーマンとだったら、ジェイソンはいい勝負ですが、レザーフェイスなら、勝つんじゃ?だって、チェーンソーで首チョンパしちゃえばいいし(爆)

| とら次郎 | 2009/06/29 21:47 | URL | ≫ EDIT

とら次郎さん、こんにちはです。
いやぁ、前半がよかったのに・・・・・・。なんだか、ビギニング的なのが最近でてますが、これは中々良品らしかったですね。

でも、サービスシーン?多すぎですね。
あと、続編も登場するらしいですから、それは観ようかと思います(>_<)

| 茶栗鼠 | 2009/06/30 13:37 | URL |

茶栗鼠さん

ビギニング的な展開要素含んだリメイクでしたね。

サービスシーンいらなすぎ。
つか、アメリカの昔のスプラッター映画って、かならずいちゃついているところを襲われますよね。定番ですが、もう飽きた・・・。

| とら次郎 | 2009/07/01 20:33 | URL | ≫ EDIT

ブギーマン

リメイク版観ました。
リメイク前は理由なき殺人鬼といった感じでしたが、過去にスポットを当てていて良かったです。
それにしてもマイケルがキッスのファンだったなんて……。

カーペンターの音楽も健在で、相変わらずゾクゾクさせてくれます。
ハロウィンへの愛が感じられる良作だと思います。

| いずき | 2009/07/02 08:25 | URL |

いずきさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

過去が分かって、結構すっきりしたパターンですね。
子供の頃のシーンも適度な長さでしたし。

音楽はさすが今聴いても印象深いです。
昔の映画は、音楽が怖さを引き立たせてくれるので、現代のCGの技術が無くても、十分怖さが伝わりますね。

| とら次郎 | 2009/07/02 23:16 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございました。

こんにちは。

これは子供のときの話がよかったですねぇ。
狂気が増大して爆発してしまうところは、観ていて寒気が…。
ただエロが同じようなパターンで3回もあったのはやりすぎで、もっと趣向を凝らせて欲しかったと思います。

音楽は久しぶりで、私もまたしばらくは耳から離れないです♪

トラックバックさせていただきました。
応援もぽちっとな☆

| 白くじら | 2009/12/19 10:32 | URL | ≫ EDIT

白くじらさん

なんで、アメリカのスプラッター映画は、エロシーンを必ずいれてくるんでしょうね?
もぅ、見飽きましたよね。。。

でも、ブギーマンの狂気はちゃんと描かれていて、面白かったです。

名作音楽ですが、最近こういう聞くだけでぞ~っとするような音楽がないですよね。

TB、ぽちありがとうございます~!

| とら次郎 | 2009/12/19 11:47 | URL | ≫ EDIT

これはいいリメイク、だけど続きはいらない

オリジナルは観てません、というより何処にもレンタルしてないので観られないのが実情ですが。
あってもブルーレイしかないし。(泣)

ジョン・カーペンター監督の出世作となったハロウィンが、ロブ・ゾンビ監督の手によってリメイクされました。
ゾンビ監督にとってはマーダー・ライド・ショーとデビルズ・リジェクトに続いて3作目になりますが、見事なスラッシャームービーに仕上がっています。

オリジナルにはなかったマイケルの少年時代も詳細に描かれてるので、彼の心がおかしくなる過程がわかるし、何故無差別殺人をするのかも納得出来ました。

あとは時代性なのかムダにエロ多すぎ!マイケルムダに殺しすぎ!あと妹は殺す気だったんでしょうか?おそらく最初はそんなつもりはなかったと思いますが、拒絶されたので殺す事にしたのでしょう。(そりゃあ拒絶されるわな・・・)

案の定続編の「ハロウィン2~ファミリー・イズ・フォーエヴァー」が製作されましたが、とんでもない迷作になってます。
死んだ母親が白い羽が生えた馬と出て来るし(これはマイケルの妄想ですが)、妹は最後まで錯乱状態だし、最終的にマイケルの生死も不明です。

オリジナルは5作目くらいまで製作されたそうですが、リメイク版の続編はもういいですね、これ以上醜態を晒して欲しくありません。

| マローダー | 2012/01/28 02:53 | URL |

マローダーさん

オリジナルもいいですよ~。
カーペンターを売れっ子監督に押し上げた作品ですから。

無駄なエロは、オリジナルの時代には欠かせないですからね。
エロ中に殺されるはMUSTでした(笑)
ただ、リメイクの方が多すぎでした。

| とら | 2012/01/29 01:43 | URL | ≫ EDIT

オリジナルを観ましょう!

DVDを買ったので早速観ました。
レンタルで3回観ましたけど、オリジナルを観た後としては初めての鑑賞だったので、どの様に感じるかに重点を置いて観ました。

感想
オリジナルの方に「リメイクはお勧めしない」と書きましたが、オリジナルの後にリメイク版を観ると面白さが倍増する事がわかりました。
なのでオリジナルを観てから、リメイク版を観る事をお勧めします。
リメイク版の前半はオリジナルでは描かれなかった、マイケルの少年時代が克明に描かれ、何故妹のローリーと母親以外全員惨殺したのかもよくわかります。
マイケルは母親と妹のローリーは愛していて、姉と養父は疎ましかったんでしょう。
それと持って生まれた狂気があったのでしょう。(ネズミを解剖して惨殺するシーンがその象徴)

その後精神病院に収容されてから、脱走してハドンフィールドに向かってからはオリジナルに忠実でしたね。
殺害シーンも結構あっさりしてたし、ゾンビ監督のオリジナルに対する深いリスペクトを感じさせられました。

マイケルも妹のローリーに対しては最初は殺すつもりはなかったんですね、しかし激しく拒否されたので(そりゃされるわな)逆上して殺そうとしてしまったと解釈しました。
しかしここの心理描写がとてもよく出来てるので、逆にマイケルが可哀想になってしまいました。
そして衝撃のラスト!とは言えマイケルは2で簡単に生き返るんですけどね。(苦笑・・・・)

エロが思ったほど過剰じゃなかったのも驚きました。
リンダとアニーだけでしたね、殺され方もあっさりしてましたし。(アニーは生きてるかもしれませんが)

結局言いたいのはオリジナルを観てからリメイクを観ると、面白さも倍増しますよ!って事です。
ロブ・ゾンビ監督のオリジナルに対する深い思い入れがよくわかりますよ。
それとジョン・カーペンター監督が作曲した「ハロウィンのテーマ」は今聴いても全く古臭さを感じませんね、素晴らしい曲なので恐怖を盛り上げるのにとても効果的でした。

| マローダー | 2012/05/17 00:44 | URL |

マローダーさん

オリジナルあってこその作品ですよね。
オリジナルをベースに、ロブ・ゾンビがどれほどオリジナリティーを入れてくるかを楽しみながら観るのが一番いいかも。

音楽は、おなじみのままでというのは正解で、いつ聴いても耳に残りますね。

| とら | 2012/05/18 08:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/137-736ec07c

TRACKBACK

ハロウィン(2007年版)

お前を閉じ込める壁はないんだからな! 2007年(Halloween)製作国:アメリカ監督:ロブ・ゾンビ原作:製作:マレク・アッカド、アンディ・グールド、ロブ・ゾンビ製作総指揮:ボブ・ワインスタイン、ハーヴェイ・ワインスタイン脚本:ロブ・ゾンビ撮影:フィル・パーメット...

| MOVIE-DIC | 2009/12/19 10:26 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。