PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネズミゾンビ

『ネズミゾンビ』
 MULBERRY STREET

【製作年度】2007年
【製作国】アメリカ
【監督】ジム・マイケル
【出演】ニック・ダミチ/アントン・ペイガン キム・ブレア/ロン・ブライス/ラリー・フライシュマン/ルー・トーレス



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
ネズミから人へと感染する“ネズミゾンビ”の恐怖を描いたホラー。マルベリーストリートの地下でバイオネズミが繁殖していた。ある日、バイオネズミに咬まれた浮浪者が、顔面がネズミと化す“ネズミゾンビ”へと変貌する。そして次々と感染は広がり…。

【感想】
邦題に恵まれなかった映画でしょう。こんな邦題、観る気しないもんね。邦題とは相反して、なかなかしっかりしたストーリー設定と人間描写、まじめな感染パニック映画でした。ちなみに、原題は『MULBERRY STREET』で、ニューヨークマンハッタンの単なる路地の名前が付けられています。

冒頭は、登場人物達の様々な人生風景が描かれています。昔ボクサーだった主人公に、その父を尋ねてくる顔に傷が残ってしまった戦場帰りの娘。同じマンションに住む、母子家庭の母と主人公のロマンス。ほぼ寝たきりな老人、主人公に恋心を抱いているオカマなどなど、問題を色々抱えつつ、必死で生きて協力し合っているマンションの住人達。

そんな平和な日々の影で、ねずみによるウイルス感染が始まる。マンションの管理人がねずみに噛まれた瞬間から、急展開で一気にゾンビ映画へと変わって行きます。マンションだけでなく、マンハッタンの街はゾンビだらけ。

結構残酷描写もあります。が、この映画(DVDが悪いのか?)残念なのはちょっと映像が暗すぎて、起こっていることや襲われている場面が、全く見えません。ちょっとイライラして観てました。ここまで暗すぎると、問題ありですね。

“ネズミ”から感染ってところがおもしろい。噛まれたら徐々に毛が生えて、顔もなんとなくネズミに・・・。ねずみ男かい!って突っ込みたくなりますが。しかし、ネズミでっかいなぁ。ニューヨークはあんなでっかいネズミばっかりいるのだろうか?(確かに、綺麗な街ではなかったですが。)

ラストも、見せてくれます!なんだか、とても切ないエンディング。あれよあれよと登場人物達に悲しい出来事が続きます。ということで、タイトルにだまされずに、ゾンビ映画ファンなら観る価値あるかもよ!真面目に映画作ったのに、適当に邦題つけられた感じです。はい。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| ゾンビ | 21:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とら次郎さん、こんにちは。
いやぁ、邦題に恵まれないと借りる気にはなりませんよねぇ。
っていうか、B級っぽさがこれまで強いのに良くご覧に・・・・・。
意外と、よさそうですよね。ジェイソンと同じ☆数ですし・・う・。

うーん、いつ観るかなぁ・・

| 茶栗鼠 | 2009/07/10 15:58 | URL |

レンタル屋さんで140円落ちになっていたので、借りて見ました。
邦題では、まったく観る気しませんよね。
他で、案外おもしろいという噂を聞いたので借りてみましたが、やはり案外面白い作品でした(笑)
絶賛というほどではないですよ。

| とら次郎 | 2009/07/11 23:42 | URL | ≫ EDIT

初めまして

とら次郎さん初めまして『女子高生VS狼男』へコメントありがとう

『ネズミゾンビ』の記事があるのでTBさせてもらおうと思ったけどどうしても失敗
してしまうのでコメントだけ残させてもらいますね、ネズミを媒体にしてネズミのような姿に
なっていくという発想は面白かったですし物語的にもぐっと来るものがありましたね
ラストなんて悲しかったですが残念ながらとにかく画面が暗くて見づらいですよね
どうやらDVDだけではなくて映画自体がこの暗さらしいです。
変身の仕方とか増殖率とかなんだか『デモンズ』を見てるようではらはらしました。

| せつら | 2009/07/12 12:13 | URL |

せつらさん

コメントありがとうございます!

TBは、ブログの種類によって相性があるみたいですね。
FC2から、他のブログへのTBも出来ないときが結構あります。

予想外の当たりというところでしょうか。
この邦題からは、予想できない展開で、まじめに作られた作品ですね。
画面は、私はさらに昼にカーテン開けてみてたので、もぅ全くなにがなにやら分かりませんでしたよ(汗)

たしかに『デモンズ』要素ありますね!
って、話題にしたら『デモンズ』みたくなっちゃいました。

これからも、B級映画参考にさせてもらいに遊びに行きますので、今後もよろしくお願いいたします。

| とら次郎 | 2009/07/13 23:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/138-f0ca07a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。