PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペット・セメタリー

『ペット・セメタリー』
 PET SEMATARY

【製作年度】1989年
【製作国】アメリカ
【監督】メアリー・ランバート
【出演】デイル・ミッドキフ/フレッド・グウィン/デニス・クロスビー/ブレイズ・バタール/フレッド・グウィン/ブラッド・グリーンクイスト



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
交通事故で最愛の子を失った父親は、裏山のペット墓場の奥に広がる不思議な霊場に遺体を埋めるが……。

【感想】 ネタバレ
スティーブン・キング原作の作品ですが、キング自身「あまりの気味の悪さに発表を見合わせている」と噂された“いわくつきの作品”です。映画化するならと、キング自身脚色した力の入れよう。原題の『PET SEMETARY』(ペットの霊園)の正しいスペルは、CEMETARYです。これは、映画の中で出てくる、霊園の看板がミスしている描写がそのまま原題になったそうですよ。

死者を蘇らせる土地。しかし、蘇った者は死臭を漂わせながら、生前の人格とは変わり、残酷極まりなく、人間の肉を食らうまでの化け物に変わってしまう。

大事な人を亡くした絶望感は、計り知れないものですね。それが我が子となったときは、どれほどの悲しみなのでしょうか?そういう状況に陥った時に、死者を蘇らせれる場所があると知っていたら、あなたならどうするでしょうか?ただし、化け物としえ生まれ変わる・・・。私なら・・・???

主人公のルイスは、その悲しみを乗り越えることが出来ず、“禁断の一線”を越えてしまいました。その結果は・・・。悲しいですなぁ、この結末。切ないですなぁ、ラストシーン。

蘇らせた子供が最後のルイスに殺されるシーンでの言葉がとても心に残った。

「ずるいよパパ」

好きで生き返ったんじゃない。好きでこんな化け物みたいな人間になったんじゃない。なぜ生き返らせておいて、すぐに殺すんだ・・・。この一言だけで、子供の悲しい感情が痛いほど分かります。

自らの子に2度も死を体験させてしまったルイス、しかも2度目は自らの手で。その時点で彼の精神状態は破壊されたのでしょう。愚かにも3度目の禁断のドアを開けてしまう・・・。

映画を観ながら、なんともキング作品らしい物語だと感じました。“人間の愚かさ、弱さ”を見せ付けられた気がします。後味悪い終わり方ですが、子供を持つ親としてなんとも考えさせられる映画でした。名作映画の一つでしょう。

【満足度】
★4つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング
関連記事

| カルト、悪霊 | 00:05 | comments:10 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/07/15 11:25 | |

これは見たことないゾンビ物ですね。
ゾンビ物コンプリートしたいですw

| チキン | 2009/07/15 21:19 | URL |

チキンさん

ゾンビ物ではないのですよ~。
生き返って、性格が凶暴になるだけです。
でも、ゾンビ物コンプリートは恐らく無理かと。
どんだけの数のゾンビ物があるか分かりませんよ(汗)

| とら次郎 | 2009/07/16 23:23 | URL | ≫ EDIT

こんばんは!
先日の書き込みですが、
しばらくそういうことをしていなかったので、
書き込みのしかたとか、勝手がよくわからなくて?
管理人のみ閲覧になってしまったようですね。
これも、また、そうなってしまったらどうしましょ。

どうやら、ノートなので、キーボードのしたのマウス?四角い奴、
に、手が当たってしまい、変なところを選択してしまうようで、
入力中も、まだ、慣れてなくて、触ってしまい、カーソルが、すぐ
どこか移動してしまって、ちょっと、やりにくいです。

ではでわ。

| ちあ | 2009/07/17 02:09 | URL | ≫ EDIT

足跡

私もこわいの好きで見ます
サスペンスが好きで 考えさせられるのがいいです
「SAW」はみたことないのでこれから見たいと思います
推奨されるとおり 1だけw
私からも一つ「ユージュアル・サスペクツ」をご紹介します
見たことあるかもしれませんが ブログにのっていなかったので
ぜひ ブログにのっけてください 星いくつかも 気になりますw

| Deth | 2009/07/17 14:32 | URL | ≫ EDIT

☆ちあさん
あ、管理人のみになっていたのは、手違いだったんですね。
確かに、ノートになれないとタッチ部分に触ってしまうかも。
そのうち慣れますよ~。
慣れると、ノートは便利ですから、さくさく使いこなせるようになるのを祈っています~!

☆Dethさん
はじめまして!
コメントありがとうございます。
『SAW』は是非観てください。絶対に面白いと思います。
続編は、観ない方がいいですね(汗)

『ユージュアル・サスペクツ』は残念ながら観ていませんので、是非観たときはブログにレビュー載せますね。
お勧め紹介ありがとうございます。
今後とも、当ブログをよろしくお願いします。

| とら次郎 | 2009/07/18 00:14 | URL | ≫ EDIT

この作品は子供がいる・いないで、感じる恐怖が違う気がします。
私も昔は普通に見たんですけど、息子がいる今は怖くて見られないです。
究極の選択を突きつけられるんですよね。
蘇ってくることよりも、そのことを選んでしまう主人公の心理が怖くて、
哀しい話ですね。

| ユキまま | 2009/07/18 00:23 | URL | ≫ EDIT

ユキままさん

確かに、子供の有無で感覚が違うかもしれませんね。
子供がいる親にとって、この映画は辛いと思います。
主人公の気持ちも分かるだけに、悲しいですね。
というより、一番悪いのは暴走トラックなんですがね。

| とら次郎 | 2009/07/19 15:45 | URL | ≫ EDIT

こんばんは

一度愛猫を生き返らせているんです
どうしたって禁忌であろうとも一度は考える
それが人。
愛している相手だからなおの事
娘には納得させる言葉で説得しても自分の中で納得ができていないんですね
だからこそ、禁忌を犯してしまった
それでも責められないですね、私もしてしまうと思うから
とらさんの記事で子供側の視点も書いてありましたね
それも納得してしまいました

興味深い作品でしたね

| maki | 2011/01/11 22:12 | URL | ≫ EDIT

makiさん

愛する人を亡くしてしまったとき、やはり理性をなくしてしまうのでしょうね。
どんな形でもいいから、もう一度生きさせたい。

子供視点では、「ずるいよパパ」の言葉が妙に心に残ったんですよね。
父は良かれと思っても、子供にとっては安らかに眠らして欲しかったという気持ちでしょう。

よくできたキングらしい作品でした。

| とら | 2011/01/12 21:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/141-c93bbc01

TRACKBACK

ペット・セメタリー

きっと自分もするだろう、そう考えるから切なくなる。愛する相手を失うことは耐え難いことだから。 愛猫を埋葬したら、翌日生き返った。では人間ではどうか。スティーブン・キング原作です。 交通事故に合った一人の青年を懸命に治療したが助からなかった。だがその青年...

| いやいやえん | 2011/01/11 22:05 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。