PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おろち

『おろち』

【製作年度】2008年
【製作国】日本
【監督】鶴田法男
【出演】木村佳乃/中越典子/谷村美月/山本太郎/嶋田久作



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
100年に一度深い眠りにつき、美しい少女の姿のまま人間界を彷徨い続ける謎めいた存在、おろち。人間の業が引き起こす悲劇を見つめ続ける彼女は、ある時幼い姉妹を目にして2人が暮らす門前家に潜り込む。やがて彼女は、銀幕の大女優にして姉妹の美しき母・葵の秘密を知る。門前家の女たちは代々29歳になるとその美貌が醜く崩れていく運命にあったのだ。時は流れ、姉妹が29歳を迎えるとき、再び門前家に舞い戻ってくるおろちだったが…。

【感想】
いや~、面白かったよぉ、この映画。
2008年に上映したんですね。なんであんまり有名じゃないんだろ。下手な日本映画よりよっぽど面白い。そして、木村佳乃の演技は見事!『ブラインドネス』の棒読み演技のときは、この女優大丈夫か!?と思いましたが、いやいやこの映画での迫真の演技でちょっと見直しました。

原作は、楳図かずおの恐怖漫画作品。不思議な能力を持ち、歳をとることのない謎の少女“おろち”が、悲惨な運命に翻弄される人間の人生を見つめていくと言う物語。本作品は、「血」と「姉妹」という2つの作品を合わせて作っているそうです。

なんとも綺麗な色の使い方でしょう。赤に緑に青などと綺麗な色彩がいたるところに使われています。ジャケット写真を見てもわかりますが、見事な映像美で楳図かずおワールドを忠実に再現しており、とても好感が持てました。その見事な画の中で、運命に逆らうことが出来ない二人の姉妹の苦悩が相反して、影を落とします。また、母親を閉じ込めている部屋が暗く湿っぽく、その色の差がまた恐ろしいのです。

この作品、見所はゆがんだ親子愛、姉妹愛!?とでも言いましょうか。「ある年齢を迎えると醜くなっていく」という血筋の家に生まれた美人姉妹がおりなす、人間の恐ろしさが描かれています。それがまた美しくも、醜くもあります。ラストは、少し読めましたがそれでも、ドキドキして最後まで観る事ができました。

ところで、おろちの存在は何なのでしょうか?外見は十代後半で100年に一度「ねむり」に陥ってしまい、魔法のような力を持つ少女。彼女の存在に疑問を感じましたが、これが楳図かずおの世界なのですね。

一応ホラーのジャンルのようですが、人間が心に持つ恐ろしさを描き出した心理ドラマと言った方が良いでしょう。やっぱり幽霊よりも怪物よりも“一番怖いのは人間”だって痛感できます。

あまり有名になっていない作品のようですが、観られていない方は是非試してみてはいかがでしょうか?個人的にはお勧めな日本映画です。

【満足度】
★4つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ TREview 人気ブログランキング
関連記事

| 幽霊、怨念 | 00:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これ、原作のマンガを子供の頃に読みました。
子供心ながら女性の恐ろしさにぞ~っとしました(という私も女ですが)。
梅図マンガはホントに怖いですが、映像化難しいですよね。
これは比較的成功しているみたいなので、見てみたいな。
(『神の左手・悪魔の右手』はダメでした~)

| ユキまま | 2009/07/18 00:27 | URL | ≫ EDIT

ユキままさん

原作みていらっしゃるんですか!
私は観ていなかったので、どんな内容かも分からなかったので、結構楽しみました。
原作も読みたくなりましたが、Amazonで調べたら1,200円もするんですよ。ちょっと漫画にそれだけのお金は出せませんね(汗)
梅図自身、この映画は絶賛しているようで、内容の良さは折り紙つきです。

| とら次郎 | 2009/07/19 15:49 | URL | ≫ EDIT

映画の題名みてナルトのオロチを思い出したのは秘密ww

| チキン | 2009/07/23 11:18 | URL |

チキンさん

ナルトはみていないので、わかりませんが、おろちって名前が登場するんですね!

| とら次郎 | 2009/07/25 20:57 | URL | ≫ EDIT

先日、WOWOWで観ました。
学生の頃から楳図ファンの私ですが、この作品は読んでなかったので、「おろち」というタイトルからして、どんな恐怖映画なんだろうと思ってました。
でも、人間ドラマだったんですね。
すごい女優陣だったし、映像美に圧倒されましたが、私としてはちょっと物足りなかったかな・・・。
そして翌週、同じく楳図作品の名作「赤んぼ少女」が放映されました。
これは完全なモンスター映画で、ツッコミどころ満載でした。
出演者がまたすごいんです。浅野温子に野口五郎ですよ。
2007年作とは思えないレトロな雰囲気。
とらさん、ぜひご覧になって下さい。

| まふまふ | 2010/08/27 21:10 | URL |

まふまふさん

WOWOWは、色々やっていていいですね~。

この『おろち』期待していなくて見たのでよかったです。
不思議な雰囲気と映像がよかった。
ちょっと、この『おろち』の漫画を集めたくなったほど。

『赤んぼ少女』は知っていますが、どうなんだろ~?っ手思みておりません。
機会があれば、挑戦してみますね!

| とら | 2010/08/28 21:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/142-617afda8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。