PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴシカ

『ゴシカ』
 GOTHIKA

【製作年度】2003年
【製作国】アメリカ
【監督】マチュー・カソヴィッツ
【出演】ハル・ベリー/ロバート・ダウニー・Jr/ペネロペ・クルス/チャールズ・S・ダットン/バーナード・ヒル/ドリアン・ヘアウッド



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
犯罪心理学者ミランダは、夫が監督している女性専用刑務所の精神病棟で働いていた。ある夜、帰宅途中に奇妙な少女と遭遇、そのまま記憶をなくしてしまう。意識を取り戻した彼女は、夫が惨殺され、自分がその容疑者となり、働いていた精神病棟に収容されていることを知る。自分は正気で、夫を殺していないと懸命に訴えるのだったが…。

【感想】
幽霊といえば日本映画が一番なのですが、霊と関連したサスペンス作品は、アメリカ作品は面白い映画が多いですね。『シックス・センス』もそうですが、この映画もそういったジャンルです。

犯罪心理学者ミランダに取り付く少女の霊により、彼女は犯罪者そして精神異常者として、施設に入れられてしまう。普段の仕事と全く逆転して患者の立場に立った彼女がいかに無実を証明していくかが焦点です。そして、少女の霊はいったいなにを訴えかけたいのか?

しかし、ミランダに取り付いた霊が何をしたいのかがいまいち疑問で伝わりにくい。彼女に協力的と思ええば、逆に邪魔したりと、なんだか回りくどい!挙句の果ては、ぼこぼこに壁に打ち付けられたりとなんだかミランダがかわいそうになってきます。“Not Alone”というキーワードを残しても、その意味に気づくのは最後の最後ですし。

霊の攻撃にもめげず、なんとか確信にたどり着いたミランダに衝撃の事実が!っていきたい所だったのでしょうが、真犯人はよめよめで、驚きも薄く残念でした。でも、物語的には飽きさせず最後まで良く出来た作品とは思いますので、合格点ではないでしょうか。

俳優陣で目立ったのは、ダントツミランダ役のハル・ベリー!彼女はやっぱり綺麗ですね~。ホラーということで彼女の魅力はかなり抑えられていましたが。迫真の演技もなかなかのもの!何気に、彼女の旦那役が太った俳優で、「何でこんな人と結婚したんだ?」と疑問に思わせる超不釣合いな設定が、実は種明かしになっているのかも・・・。

怖いのが苦手というかたも観れる作品なのでお勧めです。ホラー要素ありの謎解きが楽しめますので、サスペンス要素もあります。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| 幽霊、怨念 | 22:28 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今晩わです。

なんやかんや、重い感じでしたけれど、ミステリーとしても楽しめましたね^^
逃亡者らしい感じが、また王道ながらテンポよく楽しめました。
太った旦那のこといったら、確かに分かりますよね(>_<)
ちょっとヒントだったのかな?

| 茶栗鼠 | 2009/08/27 20:44 | URL |

茶栗鼠さん

ま、王道で分かりやすかったですが、個人的には良かった映画です。
怖さはほとんど無かったですがね。
旦那は、絶対不釣合いでしょ?もうちょっとやせていて年齢が若い俳優でも良かった気が。そしたら、犯人も分かりにくかったかも。

| とら次郎 | 2009/08/29 15:15 | URL | ≫ EDIT

こんばんは~!

ご覧になったんですね~!

ホラー系なので、私は一人で観れず、
母親も巻き込んで家での鑑賞でした~。

いやぁロバート・ダウニー・Jr.祭のための鑑賞でしたが、
ひっどい役(全然活躍しない役)で残念でした…。
映画も映画で、もう一歩ひねりがほしかったで~す・・・;

| なるは | 2009/09/05 01:25 | URL |

なるはさん

ホラーていっても、怖さはなかったですね~。
ロバート・ダウニー・Jr.祭で観たのなら、物足りなかったでしょう・・・。
完全に、ハル・ベリー祭でしたから。
よめよめのラストなんかも物足りなかったですね。


| とら次郎 | 2009/09/05 11:57 | URL | ≫ EDIT

今年もよろしくです

とらさんとこのブログを御覧の皆様、明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願い致します。

この作品はホラーというよりミステリーですね。
個人的には十分楽しめました、ハル・ベリーの出演作はこれが初めてなのですが、かなり器用な女優だと思いました。
ただペネロペ・クルスが全然目立ってませんでしたが・・・・

「NOT ALONE」がああいう意味とは読めませんでした、いい意味で裏切られましたお見事です。

ハル・ベリーの旦那が太ってるのが伏線?になってるのにも全く気付きませんでした、これもいい意味で裏切られましたね。
ていうかオレが鈍いだけ?

ロバートは皆さんが言う程酷いとは思いませんでした、むしろ淡々としていて良かったです。
直前にトロピック・サンダーと、アイアンマン2を観たからかも知れませんが。(絶対そうだよ)

| マローダー | 2012/01/01 07:25 | URL |

マローダーさん

今年もよろしくお願いいたします。

私もこの作品は楽しめましたね~。
ラストまで、楽しめましたし。

ハル・ベリー出演作は、先に『X-Men』を観てからだったのですが、その時とかなり違った役柄なので、ギャップがよかったです。

最近、こういうサスペンス風の霊的作品の名作がすくないなぁ。

| とら | 2012/01/02 13:44 | URL | ≫ EDIT

やっぱり面白い

DVDを買ったので早速再観しましたが、やっぱり面白かったです。
この作品はダーク・キャッスル社初のオリジナルという事ですが、伏線の張り方から回収までとても良く出来てます。
最初の鑑賞ではペネルペ・クルスが目立ってないと言いましたが、確かに登場シーンは少ないものの、重要なキャラである事は間違いありません。
ハル・ベリーは未だこの作品しか観てませんが(観ろや!)、素晴らしい演技で完全に役に成り切ってましたね。
そしてロバート・ダウニー・Jrの存在も忘れてはいけません、彼の感情を抑えた演技がこの作品をよりいいモノにしています。
アイアンマンのトニー・スターク、トロピック・サンダーのカーク・ラザラスと比較すれば、どれだけ器用な役者なのかわかりますよ。
スプラッターもいいですが、個人的にはこういうサイコホラー(サイコサスペンス、ミステリー)の方が、精神的恐怖に直接訴えるので好きですね。
あと主題歌がマリリン・マンソンなのも、世界観にマッチしていてよかったですね。

| マローダー | 2012/05/27 23:57 | URL |

マローダーさん

アメリカの霊的サスペンスは見ごたえあって面白いですよね~。

| とら | 2012/05/28 21:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/149-d4ba683a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。