PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

永遠のこどもたち

『永遠のこどもたち』
 EL ORFANATO

【製作年度】2007年
【製作国】スペイン
【監督】J・A・バヨナ
【出演】ベレン・ルエダ/フェルナンド・カヨ/マベル・リベラ/ジェラルディン・チャップリン



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
海辺の孤児院で育ったラウラは、障害を持つ子供のため孤児院を買い取り、夫と息子シモンと移り住む。間もなくシモンは、古い屋敷の中で空想上の友達を作って遊び始めた。この家には6人の子供たちがいると言い出し、彼らとの遊びに夢中になる。やがてホームのオープンを控えたパーティの日、シモンがこつ然と行方不明になってしまう。ラウラは必死に我が子の行方を探すが何の手がかりもなく、半年が過ぎていく。やがて彼女は屋敷に人の気配を感じるようになるが…。

【感想】 ネタバレ
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ製作のダークファンタジー。
ホラー(幽霊)色もありあますが、母親の子供に対する強い愛と幼少の仲間たちの絆を描いた不思議な物語。ラストは悲しきハッピーエンドで、『パンズ・ラビリンス』のハッピーなのかバッドなのか分からない終わり方にやはり似ています。

映画前半は、ちょっとくたびれてしまいました。少し飽きそうな感じになってしまいましたが、後半は一気にスパート。しっかり、ホラー感も出てきて驚かされる場面もあり。(特に、音声で驚く場面が多いですが。)

失踪した子供を捜し、生きていると信じている母と、諦めて現実を受け止める準備をしだした父とのこ温度差がありすぎるのですが、やはり母の愛は強しと認識させられます。子供のために、霊に正面から向かい合おうとする母は、とても頼もしく、子供のためなら何でも出来るという覚悟を感じさせられます。

しかし、悲しい事実が・・・。母にとって、子供が見つからなかった理由はあまりにも残酷。彼女は、やはりその事実を受け止めることが出来なかったのでしょうか?死を選んでしまうのですが、その死は彼女にとっては幸せの死だったのかもしれません。永遠に思い出と子供に囲まれることができるのですから。

残された夫が、妻ラウラの遺品を見つけたとき、霊の存在を信じなかった彼もまた、ラウラの選んだ道を理解したような気がしました。そして、子供と幸せに存在していると。

なかなか深い作品で、ホラー映画と一言では言えない作品でした。
子供を持つ、母親ならきっと何か感じるものがあるのではないでしょうか。

【満足度】
★4つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| SF、エイリアン | 00:17 | comments:8 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

こんばんは♪

音が怖かったです。何度も劇場の座席で跳ねました(汗)
ホラーともつかぬ不思議な物語でしたね。
母親にとっては、幼い子は自分の半身みたいなものですからね...。
母と子で、あっちの世界で幸せになってほしいです...。
それにしても、夫のほうは可哀想にも気の毒にも思えました(涙)

| あん | 2009/08/30 20:58 | URL |

あんさん

劇場でみたんですね。私は上映していることすらしりませんでした。
DVDでも、びっくりしたので、劇場ではさぞかし飛び上がったんでしょうね(笑)
いろんないみでも、深い映画でした。
たまには、こういうホラーもいいですね~。

| とら次郎 | 2009/08/30 21:30 | URL | ≫ EDIT

最近忙しくて更新できませんでした><
これからも更新していきますのでよろしくお願いします!

| チキン | 2009/08/31 21:51 | URL |

チキンさん

更新されていなくて心配だったんですよ~。
これからも更新期待していますよ!

| とら次郎 | 2009/08/31 22:46 | URL | ≫ EDIT

こんにちわー^^
永遠のこどもたち、すごいツボでした;;
涙、涙です。うちょっと救いがあってもよかったきもしました。シモン君もお母さんも可哀そう過ぎた気がします。

| マーチャン | 2010/10/20 03:44 | URL |

マーチャンさん

いい映画ですよね。
ギレルモ・デル・トロは、ダークファンタジーを作らせると、右に出るものは居ないのかも。
必ず、ラストは観るものが考えさせるものですよね。
ラストは、幸せなのか不幸せなのか。。。

| とら | 2010/10/21 21:08 | URL | ≫ EDIT

こんにちは(^^♪、とらさん

全然観てないんですが、「ジェィコブズラダー」みたいな映画でしょうか???

ホラーならではの、バッドエンドかハッピィ―エンドなんか、観る人の判断による、って感じですかね!

映画、特にホラージャンルは奥深いですよね(^◇^)!

| トト | 2013/12/03 11:45 | URL |

トトさん

また、毛色は違うと思います。
なんだか、気持ちの良いバッドエンドというか。
悲しいですが、母の愛を感じられるラストでした。

映画はそうですね。
こういう、観る人に訴えかける映画は好きですね。

| とら | 2013/12/04 22:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/150-d8fa56cc

TRACKBACK

永遠のこどもたち

★あらすじ★孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホームとして再建しようと夫のカルロス(フェルナンド....

| 本当に怖いホラー映画(DVD) | 2010/10/20 03:42 |

永遠のこどもたち

ドアは静かに締めましょう...。 ネタバレしてるかな...。 ちょっと前に『ティンカーベル』を観たけど、アレは綺麗な映像に気を使い、小さ...

| 描きたいアレコレ・やや甘口 | 2009/08/30 20:59 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT