PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モンスター

『モンスター』
 MONSTER

【製作年度】2003年
【製作国】アメリカ
【監督】パティ・ジェンキンス
【出演】シャーリーズ・セロン/クリスティーナ・リッチ/ブルース・ダーン/スコット・ウィルソン



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
ヒッチハイクをしながら男に身体を売る生活に疲れ果て、自殺する覚悟を固めたアイリーン・ウォーノス。有り金の5ドルを使い果たそうと飛び込んだバーで、彼女は一人の女性セルビーと運命的な出会いを果たす。同性愛の治療を強制されフロリダにやってきたセルビーもまた自分と同じように社会からの疎外感を抱いて生きていた。初めて自分を偏見なく受け入れてくれる人物と出会ったと感じたアイリーンは、“一緒に暮らそう”と提案する。しかしそのためにお金が必要になった彼女は、再び客を取るため道路脇に立つのだったが…。

【感想】 ネタバレ
ようやく観ることができました。というのも、先日記事にしましたが、この作品観たさに借りたら全く異なる、『モンスター ~少女監禁殺人~』というジャケ写が瓜二つの作品でして、がっかりした経験があります。その分観比べてみて、改めてこちらの作品のすばらしさが分かりました。一応両作品とも実際にあった作品を元にした映画なんですがね。

主演のシャーリーズ・セロンは、2003年のアカデミー女優賞をはじめベルリン国際映画祭、ゴールデン・グローブをこの映画で獲得しましたが、納得できるすごい演技。

彼女はこの役のために、美しい姿を捨て、体重を13キロ増量し (劇中での裸のシーンのお腹の肉などはスタイル抜群の彼女からは考えられません)、メイクで顔も激変させて、アイリーンを熱演。容姿だけでなく、歩き姿、しゃべり方、行動とその演技は、シャーリーズ・セロンにアイリーンが乗り移っているのではと目を疑います。

物語の内容は、なんとも重苦しく哀しい・・・。

13歳から体を売ることで生活をしてきたアイリーンは、死を覚悟しその前に体を売って稼いだ$5を使い果たして死のうとバーに。そこで少女セルビーと運命の出会いをしてしまう。お互い惹かれあった彼女達は一緒に暮らす決断をし、新しい生活を始めるためにアイリーンは最後の客を取る。が、運命のいたずらか、客に暴力を受けるアイリーンは命の危険を感じ、射殺してしまう。

それでも、セルビーと一緒に暮らしだすアイリーンだが、全うな仕事が見つかるわけも無く、再び体を売る仕事に出るが、二人の生活のため、客を殺してお金や車を奪い、連続殺人鬼へと変貌してしまう。

アイリーンをそこまでさせるものは何でしょうか?幼い頃から温かい愛というものに縁遠かった彼女にとって、セルビーは初めて自分を受け入れてくれた人。彼女の中で、今までと違う感情が生まれてしまったのでしょう。でも、悲しいかなアイリーンは、向かった方向が間違ってしまいました。愛する、いや愛されたいがゆえに犯し続けてしまう殺人という犯罪・・・。

劇中で何度も見せる、アイリーンの強気の発言がとっても印象的。セルビーを心配させないためということが強いのでしょうが、自分を奮い立たせているようにも思えます。売春婦では絶対に無理な夢をさらりと近い将来にかなましょうという発言に、観ていて心が痛みます。

ラストの法廷のシーンも印象的です。その場面は無声ですが、セルビーの言っていること、アイリーンの感情が様々に読み取れます。この1シーンでのアイリーンの涙の意味合いは色々な意見があるのでしょうが、私は、セルビーへの恨みという感情は全くなく、感謝の涙だったと思えるのです。そして、最後まで彼女らしい強気の発言には、少し救われました。

監督とセロンはアイリーン本人に接触をつづけ、本人の了解を得て映画化したとのことです。犯罪は許されるものではないですが、彼女の悲惨な生い立ちや人生には同情してしまいます。しかし、殺された人々にもまた同じ人生があるのですから、どんなことが合ってもやっぱり殺人は駄目ですわね。

観終わった後の重苦しさは残りますが、お勧めの映画です。セロンの変貌ぶりだけでも観る価値もあります。時には真実は作り話より残酷で印象を残します。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| ヒューマンドラマ | 01:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とら次郎さん、こんばんわです。
いやぁ・・・・、騙されましたよね。
モンスター、鑑賞する気はなかったのですが、なかなか良さげですね。
連続殺人的な話だったんだ・・・・・・

| 茶栗鼠 | 2009/09/28 19:36 | URL |

茶栗鼠さん

だまされましたよ。
でも、比較になりました。
モンスターいいですが、好き嫌いがあるかもしれませんね。
考えさせられる映画というところでしょうか。

| とら次郎 | 2009/09/30 21:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/156-05c3eed5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。