PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スペル

『スペル』
 DRAG ME TO HELL

【製作年度】2009年
【製作国】アメリカ
【監督】サム・ライミ
【出演】アリソン・ローマン/ジャスティン・ロング/デヴィッド・ペイマー /アドリアナ・バラーザ/チェルシー・ロス/ レジー・リー



【イントロダクション】 by ぴあ映画生活
銀行に勤めるクリスティン・ブラウン。真面目なOLの彼女の運命は、窓口に訪れた老婆の不動産ローン延長願いを断ったことから急展開していく―。敵意をむき出しにし、どこまでも彼女を追いかけていく恐ろしい老婆。恐怖に耐えかねたクリスティンは謝罪を申し出ようとするが……。

【感想】
『スパイダーマン』で有名な、サム・ライミがホラーで帰ってきてくれました~!彼のホラーといえば、名作『死霊のはらわた』シリーズにてカルト監督として有名でもあります。その監督の久々のホラーということで、映画館に足を運ぶ前から嫌がおうにも期待が高まります!

んで、観終わった後の感想。。。
あれ、思ったほど怖くない。あれ、思ったほど笑えない。あれ、あれ、あれ???
確かに面白いのですよ。でも、あの奇才サム・ライミですぞ!?
彼のホラーはこんなものじゃぁ無いはずですが・・・。

こわ~い老婆の逆恨みで、のろいをかけられてしまった銀行員クリスティン。3日間悪霊に追いかけられ、4日目には地獄へ引きずりこまれる運命となってしまう。そののろいを解かなければ、クリスティンには死が待っている。というお話です。

まず、老婆の顔が怖すぎ・・・。
スペル老婆
この老婆が突然画面いっぱいに現れたりしますから、それだけでびっくりします。さらに、のろいによって出てくる悪霊が突然登場するのにもびっくり。映画館で鳴り響く効果音には、思わずビクッって数センチ体が浮いてしまいました(笑)

でも、怖いのはビクッって場面だけでした。ハラハラドキドキする場面がほとんど無かったんですよね。その点がやっぱり物足りなく感じたところでしょうか。

ちなみに、結構バッチィシーンも盛りだくさんあり!口から粘っこい液体が出るわ、蛆虫ゲロって吐くわで、ちょいちょい「うわ~きちゃない」って場面を挟んできます。

私の中でのこの映画の見せ場は、冒頭の駐車場でのクリスティンと老婆の戦いシーンでした。車の中での二人の争いが面白かった。老婆にホッチキスとめちゃうわ、老婆がクリスティンを噛んだらイレバはずれてて噛めていないわ、などなど、か弱い女性と老婆の戦いとはとても思えないのですが、そのギャップも楽しい!なんともサム・ライミらしいシーンだなぁって思いながら鑑賞しました。最後まで二人の戦いは続くのですが、やっぱり駐車場シーンが一番よかったです。

物足りなかった原因として、ラストも読め読めだったんですなぁ~。ほとんどの人が読めたラストじゃないでしょうか?なんともありきたりで普通なんですよね~。『死霊のはらわた2』みたいに、カルトから何故か中世時代にタイムスリップって、誰もがおったまげるようなラストを期待してたんですが・・・。

ま、色々言いましたが、これからもサム・ライミのホラーはとても期待しています。これからも、あっと驚かせるホラー映画を作って、盛り上げていって欲しいものです。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| カルト、悪霊 | 22:07 | comments:11 | trackbacks:3 | TOP↑

COMMENT

こんばんわです。
そっかぁ、やっぱり興行収入的な結果になってしまいましたか。ていうか、「スペル」って悪い魔法のことかな?なんか、原題でも邦題でもB級な感じですね。
とはいえ、「死霊のはらわた2」みたいにするとどうしても続編作らないといけない衝動に駆られるのでしょうかね。しかも「3」ではブルース・キャンベルVS闇の軍団みたいな、カルト・コメディ的にもなって。
うーん、やっぱり手頃なホラーが作りたかったのかなぁ・・・・・。

それとキモイよりグロいの邦画好きですね(>_<)

| 茶栗鼠 | 2009/11/12 22:29 | URL |

茶栗鼠さん

「スペル」って、オフィシャルサイトでは、禁句ってなってますね。
ま、でも邦題がそうなだけで、直接映画と関係ないです。邦題と意味が合わないって、良くあるパターンです。

続編ってまでは行かなくても、ありきたりすぎるラストでしたね。
映画を観た人、8割がた読めると思います。つか、読めていいのかな?そらがライミの狙いかな???
あとは、笑いがもう少し欲しかったかな。

| とら次郎 | 2009/11/13 23:03 | URL | ≫ EDIT

こんばんわー^^
今日スペル見て来ました~♪
毎月15日は¥1000なのでラッキーでした★
本当、音の演出がすごかったですね>< 途中から指耳栓しました~
内容は怖くなかったですね、ラスト、私は彼氏に呪いが行くのではないかと読んでました。 スペルみてたら何故かディズニーランドにいるような気分になりました。

| マーチャン | 2009/11/16 03:58 | URL |

こんにちは~。

サムライミ、新作出してたんですね@@ しかし、どんだけ勉強不足なんだ自分(笑;)。
ここのところメジャーで大作寄りになってたライミですけど、ホラージャンルに戻ってきてくれて嬉しい限りですね。しかし、とら次郎様の記事からすると、中身はなにやらイマイチのようで・・・。
私も同じく「死霊のはらわた」を期待しちゃいますね。やっぱりライミも大人になったってことなんでしょうか。蜘蛛男が染み付いちゃったのかな(笑;)。「ダークマン」が初期のライミ節最後の作品になったような気がしますね。蜘蛛男よりもずっと面白いと思うんだけど(笑)。
若者ならではの勢いやキレもあったでしょうし、これからは割り切って老いたライミ節を楽しむのがいいかもしれませんね♪

ガツンと応援いきます♪凸

| umetraman | 2009/11/16 15:14 | URL | ≫ EDIT

☆マーチャンさん
みましたか~!
ほんと、映画館で観るホラーで一番怖いのは、音ですよね。
軽いムチ打ちになります(笑)
ラストは、彼とも思いましたね~。ただ、絶対におばあさんには押し付けれていないとは思いましたよね。
ディズニーランドですか!?何故でしょう???

☆umetramanさん
そうなんです、ライミさんホラーで帰ってきてくれたんです!
そして、B級っぽい作りは、ファンにはたまらなかったです。
が、その分期待が大きくて・・・。面白くは合ったんですがね~。レンタルでよかったかなって思ったりして。。。
確かに、彼の初期作品の最後は『ダークマン』と思います。
『スパイダーマン』は面白いですが、万人受けする映画でしたので、ライミっぽさは無いですもんね。
また、ホラージャンルに復活してもらって、あのやりすぎ感のある作品を期待したいものです。

| とら次郎 | 2009/11/16 22:38 | URL | ≫ EDIT

特に音大きかったですよね^^来るぞ来るぞ~と音攻撃に構えるんだけど
若干私の構えの方が遅れててまともに食らっていました><
ラミアと交霊する場面からなんとなくホーンテッドマンションなどのアトラクションや映画を思い出させるような風景が多かったような気がしました^^
1000円で見れたので満足しました♪

| マーチャン | 2009/11/17 04:22 | URL |

マーチャンさん

これも音には驚きましたが、『ミラーズ』を映画館で観たときも、かなり音は来てました。やっぱり、映画館の音は凄いですね。

なるほど、ホーンテッドマンションですか。
そういわれてみれば、アトラクションっぽさもありましたしね。

コクーンのMOVIXは平日午前は1200円で、私も午前中みたので、お得料金でした~。

| とら次郎 | 2009/11/17 22:58 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。

とら次郎さん、こんばんは。はじめまして。
夫婦でシネマのwancoです。
コメントとトラバ、ありがとうございました。
ライミの初期のホラーでは「死霊のはらわた2」を観てるんですが、あの当時のパワーは、今作にはちょっと不足していましたね。
しかし、やはりベテランのツボを得た演出で結構たのしめました。
音響は、これまで観た映画の中でも最大だったかなと思いました。

それでは、ラーメンブログの方へもお邪魔致しますのでよろしくお願いします。

| wanco | 2009/12/05 21:51 | URL |

wancoさん

はじめまして!
コメントありがとうございます。
夫婦評価という面で、あまりにもラーメンブログと似た構成だったので親近感が出てコメントさせていただきました!

ライミの『死霊のはらわた』シリーズは最強のホラーですからね。
この『スペル』もライミらしくさすがというとこでしたが、『スパイダーマン』でメジャー監督デビューしたばかりに、なんとなく抑えた感がみえたのが残念です。
もっと、はちゃめちゃでグログロにしてくれたらサイコーだったのに。

今後ともよろしくお願いします!

| とら次郎 | 2009/12/06 00:55 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。

>あれ、思ったほど怖くない。あれ、思ったほど笑えない。あれ、あれ、あれ???

私も正に、この感想の一言でした。
実際、せっかくのおばあちゃんの襲撃など恐いシーンもあるのですが、妙にギャグを不必要なくらいに入れているため、どっちつかずの印章でした。
ホントに劇場での満足度が90%を越えたのか…不思議です。(^^;

ラストもまぁねぇ。(^^;;;

でも、私も監督作品は好きですし、また昔のパワーで頑張って欲しいと思います。

トラックバックさせていただきました。

| 白くじら | 2010/06/06 00:23 | URL | ≫ EDIT

白くじらさん

ほんと、同意見でよかったです。

面白くなくは無かったんですよね。
でも、サムライミのホラーということで、やっぱり期待感感じますよね。
でも、やっぱり遠慮しているというか、物足りないと言うか。

サムライミときたら、次はピータージャクソン!
ホラー返り咲かないかな?

TBありがとうございます。

| とら | 2010/06/06 22:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/168-558ed899

TRACKBACK

スペル

正しい話し方は、摩擦をさけます。 2009年(Drag Me to Hell)製作国:アメリカ監督:サム・ライミ原作:製作:ロブ・タパート、グラント・カーティス製作総指揮:ジョー・ドレイク、ネイサン・カヘイン脚本:サム・ライミ、アイヴァン・ライミ撮影:ピーター・デミング音楽...

| MOVIE-DIC | 2010/06/06 00:12 |

スペル

おばあさんには親切にしよう!

| 夫婦でシネマ | 2009/12/05 21:39 |

スペル

『スパイダーマン』シリーズで知られるサム・ライミ監督が、『死霊のはらわた』の頃の彼の原点に回帰したかのようなホラー作品。ほんの小さな不親切が底なし沼のような狂気を生んでい...

| ★本当に怖いホラー映画(DVD)★ | 2009/11/19 00:16 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。