PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

天使と悪魔

『天使と悪魔』
 ANGELS & DEMONS

【製作年度】2009年
【製作国】アメリカ
【監督】ロン・ハワード
【出演】トム・ハンクス/アイェレット・ゾラー/ユアン・マクレガー/ステラン・スカルスガルド/アーミン・ミューラー=スタール/デヴィッド・パスクエジ



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
ローマ教皇の逝去を受け、教皇選挙が行われようとしていたヴァチカンから助けを求められたラングドン教授。かつてガリレオを中心とした科学者で結成され、ヴァチカンによって根絶されたと思われていた秘密結社イルミナティが、教皇最有力候補4人を拉致し、その処刑を予告してきたのだ。イルミナティにつながる暗号から処刑場所の特定を試みるラングドンだったが…。

【感想】
原作は、ダン・ブラウン著の大ベストセラー。『ダ・ヴィンチ・コード』のロバート・ラングドン教授シリーズ第2弾になります。といっても、前作とは全く関係ないストーリーですが。

基本的に、このシリーズは内容が難しい。(×_×)
様々なうんちくが飛び交い、ロバート教授の言っていることなんかは、ちんぷんかんぷんで頭素通り状態(汗) が、時間軸が5時間くらいでの出来事を慌しく、謎解きしていきますので、そのスピード感の方に圧倒され、話していることの難しさなどは飛んでいってしまいます。

なんと言っても、この映画の売りである、教授の頭の発想と、転換には感心してしまいます。1時間ごとに教皇最有力候補が殺されるという中、殺害場所や理由を解いていくのですが、その展開が早い早い。スリリングで良いともいえますが、観客が推理する間も無く次から次へと移り変わってしまうので、付いていけないですし、「あぁ、そうなのか!!!」という驚きも薄くなってしまうため、印象としては残らないのがミステリー映画として致命的でありました。

そういった面でも、前作と違って、今作は娯楽作品として観たほうが楽しめるかもしれません。残酷なシーンも多少なりとも有りますし。

ところで、教授と警備が書庫に閉じ込められるシーンがありさすが、妙にあのシーンのみ浮いて感じてしまったのは私だけ?物語として、あのシーンは無くても良いように感じます。犯人探しという、緊張ある流れに水を差した形になったような気がして・・・。

真犯人は・・・の部分ですが、彼が登場してすぐに、「こいつが犯人だ!」っと雰囲気で読めてしまったのですが、途中、「あれ?推理間違っていたかな?」と思わせる展開になってしまったので、完全に見抜けては居なかったという結果になりました。さて、皆様の推理はいかがでしたでしょうか?

ところで、今作のロバート教授を観ていると、インディ・ジョーンズと重なって見えてしまったのだが、私だけでしょうか?

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| サスペンス、ミステリー | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/169-dd0808cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT