PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ザ・フォッグ

『ザ・フォッグ』
 THE FOG

【製作年度】1980年
【製作国】アメリカ
【監督】ジョン・カーペンター
【出演】ジェイミー・リー・カーティス/エイドリアン・バーボー/ジャネット・リー/ハル・ホルブルック/トム・アトキンス



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
小さな港町、アントニオ・ベイ誕生百年祭の前夜。少年たちは、老漁師が語る恐ろしい話しに夢中になっていた。それは百年前の夜難破して死んだ“エリザベス・デーン号”の乗組員が再び霧のたちこめる時に復讐のために戻ってくるという伝説だった。午前0時、私設放送局KABのディスクジョッキー、スティビーが町の誕生を告げると同時に町では怪奇な現象が続発し始めた・・・。

【感想】
ジョン・カーペンター監督の出世作『ハロウィン』から打って変わって、正統派のゴーストストーリーになっており、ホラーですが静けさすら漂う、今みても面白い作品。リメイクもされていますが、原作のすばらしさが目立つばかりです。作品全体としては、怖さというものは強くは無いのですが、霧というテーマも手助けしてか、雰囲気がとても出ています。

「アントニオ・ベイ」という小さな港町が創設100周年を向かえたときに、濃霧とともに襲ってくるゴースト達。ゴーストと言っても、ゾンビみたいに歩いて、ドアをノックするという一風変わった幽霊の発想も面白い。ラスト付近で、顔も見れるのですが、うじがわいた醜い姿です。同じ年に作られた『ザンゲリア』のゾンビを一瞬思い出させました。

ラジオのDJが放送局のある灯台から、霧が街に近づいていく様子などを実況中継し、警告を発し、自分の子供を救うため、ラジオで呼びかけるという、斬新なストーリーもカーペンターならではの発想ではないでしょうか。この演出あってこそ、この映画のすばらしさが引き立っています。

ちなみに、この灯台はサンフランシスコの近くにあるポイント・レイズ国立海岸公園に存在し、今だその特徴のある姿は健在です。一度でいいから、見に行ってみたいものです。

他に雰囲気を出していると言えば、音楽。カーペンター自ら手がける音は、耳に残ります。『ハロウィン』の曲も同じくぞぞっとさせ、耳に残る音楽ですね。音楽一つで、映画の不気味さを表現できるのはすばらしい。

最後につっこませて~。
なぜ主人公を取り巻く周辺の人しか襲われないんでしょう・・・(爆)

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| 幽霊、怨念 | 16:06 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

新しいのはツマラないですね~(^_^;)
カーペンター版が一番です。ラスト、殺し忘れた亡霊が霧と一緒に戻ってくるとこが最高デスネ~。

| クリコ | 2010/02/10 05:20 | URL |

クリコさん

ほんと、リメイクはつまらない。。。
やはり、原作が一番です。

そうそう、結局ちゃんと決まった人数ころして去っていきましたよねぇ~。

| とら次郎 | 2010/02/10 16:30 | URL | ≫ EDIT

地味だけど傑作!

リメイク版を先に観たのですが、オリジナルの方が全然いいですね、リメイクは話を変え過ぎてて(特にエンディング、何ですかあれは?)全然ダメです!

この作品かなり地味です、しかし地味だからこそじわじわ来ます、グロは皆無ですがそこは巨匠カーペンター監督、霧を効果的に使った演出と自ら手掛けた音楽で見事にカバーしています。
特に音楽は素晴らしく、効果的に恐怖を煽る事に成功していますね。

主人公を取り巻く人しか襲われないのは、100年前にゴースト達を殺した人間の子孫って事では片付かないでしょうか?

もう一度観てよく確認してみます。

| マローダー | 2012/01/01 09:01 | URL |

マローダーさん

雰囲気抜群の、作品でした。
カーペンターのよさも出ていると思います。

見事な音楽はホラーを名作にするための、必要条件ですから、それを使いこなす才能もすばらしいですね。

| とら | 2012/01/02 13:53 | URL | ≫ EDIT

親子共演、

最高でしたね~~!!!

ジャネットは、ホラークイーン他、ちょっと、いえ(-_-;)、だいぶ脱がれて、キュートではないですが、ホラーの顔でした( ^^) _U~~!!

ジャケットが良いです(^-^)!

昔の古き良き時代の物です!!!

ラストカットが、秀逸!!!

監督の作品としては、低予算の映画としては要塞警察、に続く傑作だと思います(^-^)!

| トト | 2013/12/22 20:41 | URL |

トトさん

はい、この作品は良い映画です。
今見ても、見劣りしない内容ですよね。

ジャネットは、ホラークイーン。彼女の右に出るものはなかなかいないですよね。

低予算、CGなしでもこれだけ良い映画を作れていた時代があるんですよね。今のCG頼りもいいですが、なんか同じような映像ばかりで、飽きてきますね。

| とら | 2013/12/23 20:05 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/185-8c67cffe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。