PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホースメン

『ホースメン』
 HORSEMEN

【製作年度】2008年
【製作国】アメリカ
【監督】ジョナス・アカーランド
【出演】デニス・クエイド/チャン・ツィイー/ルー・テイラー・プッチ/クリフトン・コリンズ・Jr/パトリック・フュジット/ピーター・ストーメア



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
ベテラン刑事のブレスリンは、“来たれ”という謎のメッセージが残された連続猟奇殺人事件の捜査に当たっていた。捜査が行き詰まる中、被害者の一人メリー・アンの養女で東洋系美女クリスティンが、メリー・アン殺害を告白、事件は急展開をみせる。しかし、クリスティンは、猟奇殺人はまだ終わらないと不敵な笑みを浮かべるのだった。

【感想】
よくできた、面白い作品だったと思います。がしかし、何かが足りない。物足りない。
猟奇殺人をテーマにした名作には、『セブン』『羊たちの沈黙』がありますが、さすがにそれからすると見劣り感が否めない。

では、何が物足りないでしょうか?

まず、チャン・ツィイーの役が中途半端。中盤、いきなり犯人と名乗りでますが、彼女には異常者のかけらも感じられない。ただ強がって同情してもらいたい少女にしか思えず、猟奇的殺人の犯人としての非常に物足りない。年齢的にも少し無理があったかも。彼女は実際30歳くらいでしょうか?演ずるは10代の少女役ですからね(汗)

ホースメン1

犯人達の動機が余りにも子供っぽすぎる点も不満の一つでしょうか。ヨハネの黙示録をなぞった大々的かつ死体を吊るすという残忍さから考えると、殺人の理由がちょっとしょぼすぎるね。衝撃といわれるラストもなんだか中途半端やし・・・、欲求不満が残ります。やっぱりこういった猟奇殺人のラストは、心にドシンっと衝撃を与える終わり方をするものがよいのですが、今作は名作の衝撃とは違い、ただモヤモヤ感が残っただけ。

たまに、死体が人形っぽかったりと、ここでお金使わないでどうする!って突っ込みたくなるような場面もあったりと、やはりその点が名作サスペンス映画との違いでしょうか。極太の釣り針で宙吊りにされた屍体、“COME AND SEE”のメッセージが意味するものは?という展開は良かったですが。しかし針は痛そぅ! (×_×)

ホースメン2

『デイ・アフター・トゥモロー』出演のデニス・クエイド演ずる、ベテラン刑事ブレスリンの犯人探しにかける情熱と片や家族に対して不器用さを見せる駄目オヤジの演技が実に見事に演じられており、俳優陣では唯一光っていたのではないでしょうかね。チャン・ツィイーは、上記にも少し述べましたが、彼女にはあんまり合わない配役だった気がします。

と、文句を多めに書いてしまいましたが、単純に映画として楽しめるということは保障します。退屈になったりは感じられず、90分という程良い長さも手伝ってか、あっという間に終わりまで見切った印象があります。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| サスペンス、ミステリー | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/190-b24421ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。