PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サスペリア

『サスペリア』
 SUSPIRIA

【製作年度】1977年
【製作国】イタリア
【監督】ダリオ・アルジェント
【出演】ジェシカ・ハーパー/アリダ・バリ/ジョーン・ベネット/ステファニア・カッシーニ/ウド・キアー/ミゲール ボセ



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
ヨーロッパのバレエ学校に入学したスージーを待ち受けていた奇怪な体験。次々と殺人が起こる中、彼女は学校に魔女が棲んでいる事を突き止める。

【感想】
私の大好きなホラー映画の1つ。
この作品は芸術です。視覚と聴覚を見事なまでに圧倒させるこの技術は今だに越えるホラー映画は出てきていないと思っても過言ではありません。赤をベースに色とりどりな光と建物の色彩に、ゴブリンの人間の感覚に直接襲い掛かるような音楽のコラボレーションは、すばらし過ぎます。

最も美しいホラー映画です!

魔女がテーマのストーリーですが、真剣に考えると、意外とつじつまも合わないし、強引すぎでもあり、なんといっても、結局何が言いたかったの?と分けがわからない作品なんですが、全くそれを感じさせられることなくとりこになってしまいます。まぁこの作品、真剣に内容を考えること自体無意味でしょうね。

「決して一人では観ないで下さい」というキャッチフレーズで宣伝をしていたのですが、残酷描写も当時としてはショッキングなものではありました。冒頭での首吊り&顔にガラスの破片が刺さっているシーンはいきなり最高潮にぶっとばしてくれます。その緊迫感にさらに追い討ちをかけるような、カメラワークもこの映画の醍醐味ですね。

サスペリア首つり

そしてなんといっても、この作品に花を添えているのが、ジェシカ・ハーパーの存在。かわいらしいですね~。彼女をずっと見ていても飽きません。(といっても、今はおばさんになってしまいましたが・・・)この芸術的なホラー作品にぴったりの配役だったと思います。

さて、サスペリアと言えばもう一つ話題になっていることがあります。今だに心霊番組で取り上げられますが、雷光に照らされた瞬間に、タクシー運転手の首元に叫ぶような男の顔が映るのだが、これはダリオおやじの茶目っ気あるいたずらなので、騙されないように(爆)

芸術ホラーとして名をとどろかせる名作。すばらしいの一言に尽きます。

【満足度】


【関連記事】
サスペリア2

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| カルト、悪霊 | 11:06 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まさに衝撃的!

私、この映画を中学生の頃に映画館で見て、すごく怖かったのを覚えてます。
「サスペリア2」も見たんですが、「2」は人間が犯人だったのに比べ、この作品には、人間ではないなにか(?)が犯人だったので、恐怖倍増でした。
ゴブリンの音楽も頭から離れず、サントラ盤も買いました。(笑)
大人になってからは、この映画をもう一度見たくて見たくて、その時はレンタル探しても見つからなかったので、ついにヤフオクでビデオをゲットしました。
私の宝物です・・・。(笑)

| まふまふ | 2010/03/06 12:27 | URL |

そうなんですよね~映画の内容はさておき去年夏にも某フジテレビでサスペリアに幽霊が~っと放送してました!多分真意はわかっているのにネタとして使用してると思いますね、多分~(^^ゞ

| クリコ | 2010/03/06 17:25 | URL |

☆まふまふさん
いや~、この映画はほんと衝撃的でしたよね。
映像と音楽が恐怖をさらに書き立てられます。
70年代にこんな作品を産み出したすばらしい才能には脱帽です。
今は、レンタルDVD出ていますよ~。
こっちょり、コピっちゃいました(笑)

☆クリコさん
絶対サスペリアの幽霊ネタは使われますよね。
まさにダリオおやじの思う壺で、どれだけの人が信じておののいてしまっているでしょうか(笑)

| とら次郎 | 2010/03/07 00:43 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。

私、「サスペリア」を未だちゃんと観たことがないんです。テレビ放映はなんとなく観た感じで殆ど覚えていないし、だいたいテレビではカットまるけですしね。今度探して改めようかな。
ジェシカ・ハーパーは可愛いですよね!「ファントム・オブ・パラダイス」の歌姫役も大好きですよ^^。最近の「マイノリティリポート」ではたしかに・・・(笑;)。
あのタクシーの心霊現象ネタは当時のテレビ番組では大盛り上がりでしたね。ホント、ビビリまくりでテレビ観てました(笑)。

70年代のホラーは国を問わず独特のノリや怖さがあっていいですよね♪

ガツンと応援いきます!!凸

| umetraman | 2010/03/22 03:42 | URL | ≫ EDIT

umetramanさん

観てないですか~。
『サスペリア』は絶対お勧めなので、是非みてくださいね。
最近、レンタルにも並び始めていますよ。
この作品も、ジェシカ・ハーパーの存在がいいです!

タクシーは、テレビで何度もやりますよね。
ダリオ氏のおちゃめいたずらともしらずに、怖がっている人多いと思います。

| とら次郎 | 2010/03/22 21:04 | URL | ≫ EDIT

大好き!

私もサスペリア大好きです 中学3年の時友達と日比谷映画で観てもうぶっ飛びました 映画も怖いですが何といっても秀逸なのが音楽!ゴブリンが奏でる映画の怖さを引き立てるメロディーにも釘付けになりました パンフレットを買えばよかったと後悔しております・・・

| えっちん | 2010/04/29 00:25 | URL |

えっちんさん

はじめまして!
コメントありがとうございます。

いや~、この作品はすばらしかったですね。
ゴブリンの音楽は、流れるだけで精神的に訴えてくるようで、それが要所要所で流れるのには、やられました。
パンフレット買っていれば、プレミア付いていたかもですね!

ダリオ&ゴブリンコンビは最強です。

| とら | 2010/04/30 02:09 | URL | ≫ EDIT

もはや芸術の域

最新レビューがサスペリア2なのですが、残念ながら2はまだ観ていないので、1作目(実際には2の方が製作は古くて、内容も全く関係ないらしいですが)の方にコメントさせて頂きます。

とらさんも皆さんも言ってますが、この作品は原色バリバリの視覚効果と、ゴブリンによる過剰なまでの音楽が強烈に視覚と聴覚を刺激します。

正直ツッコミポイントはいくつもありますが、上記の要素があまりにも強過ぎるので、最終的には全く気になりません。

とらさんの言う様に素晴らしい芸術ホラーですね、ジェシカ・ハーパーも初々しくて役にぴったりですし。

予告編の「サスピィ~イリィアァ~!!!!!」もいい感じに気持ち悪く耳にこびり付いて離れません、まさにダリオ&ゴブリンは最強(最凶)ですね。

| モッさん | 2011/12/21 00:15 | URL |

モッさんさん

私の中で、ホラーベスト5にはいる作品ですね。
実は、私のアルジェント作品のデビュー作はこの映画だったのですが、色彩の芸術度、ゴブリンの音楽とで、一発でファンになり、アルジェント作品を一気に観た記憶が有ります。

またよかったのは、ジェシカ・ハーパーですねぇ。
おっしゃるとおり彼女の初々しさがとっても良かったです。

是非、『サスペリア2』もご覧ください。
ダリオ&ゴブリンの初タッグです。

| とら | 2011/12/21 20:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/191-cad75111

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。