PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シャッターアイランド

『シャッターアイランド』
 Shutter Island

【製作年度】2010年
【製作国】アメリカ
【監督】マーティン・スコセッシ
【出演】レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ/ベン・キングズレー/ミシェル・ウィリアムズ/エミリー・モーティマー/パトリシア・クラークソン



【イントロダクション】 by eiga.com
1954年、失踪した女性患者の謎を探るためにボストン沖の孤島に建つ犯罪者用精神病院を訪れた米連邦保安官テディ・ダニエルズ(ディカプリオ)に次々と不可解な出来事が起こる。

【感想】 ネタバレ
『ミスティックリバー』の原作者デニス・ルへインのミステリー小説の映画化。
謎解きを大々的に売りにし、表情・目の動きに集中するために、字幕に気をとられるな!ということで、「超」日本語吹替という新しい言葉?ができました。なんでも、字幕・吹替の微妙なズレをなくし、違和感のない言葉でプロの声優だけを使っているということです。

肝心の私は・・・
もちろん!字幕でみました~(爆)

謎解き、謎解きと前評判が大きすぎて、観る前から身構えている自分が居ます。もちろん、表情と目の動きにはめちゃ注目してしまいました。観ている最中、映画の登場人物や行動や事件が全て怪しく思えてしまいます。が、観終わってみたら結構ありきたりなオチなのねん。。。宣伝文句がちと大きすぎやしませんかね?

といっても、見事に映画にはのめりこみました。こういう不思議映画は好きですね。終始、人間の精神世界に居るような感覚に陥りますし、頭の中は、???が飛び回ります。難しい映画だと思いますが、頭活性化です!さらに、映像も不思議な状況が表されていますし、美しい。ただ、ちょっと残念なのはやすっぽいCG(昔の言い方で2重写し?)がところどころ使われていたところでしょうか。

この映画で、一番グッっときたところは、レオナルド・ディカプリオの演技。終始、目が赤らんで悲しみの表情の演技はすばらしく、貫禄さえもあります。あの湖での妻とのやり取りのシーン、重い迫力と悲しみの姿は見入ってしまいました。まさに適役だったのではないでしょうか。
シャッターアイランド_ディカプリオ

もう一人注目は、奥さん役のミシェル・ウィリアムズです。いや~、綺麗でしたよ!彼女の演技も見事です!
ミシェル

さて、妙にすっきりしないラストになったと思いませんか?だって、最後はまたテディとチャックの会話に戻っているんですもん。えぇ?ちょっとちょっとこれで終わるの!?ってのがミステリー映画の宿命なのですが、モンモンとしたまま映画館を去っていったのでした。でも、個人的には好きな映画でしたよ。

皆さんはいくつの謎を見つけれましたか?
字幕観ていても、かなりの違和感ある場面分かりましたので、たくさんあるんでしょうね。答えが知りた~い!!!

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| サスペンス、ミステリー | 00:15 | comments:7 | trackbacks:3 | TOP↑

COMMENT

とらさんこんにちは、TBコメありがとです。

ミシェルウイリアムズって元ヒースレジャーの妻です。
二人の間の子、めっちゃヒース似で可愛いんですよ~^^
4歳くらいになったかな。

わたしも出来れば字幕で観たかったなぁ。
試写だったから戸田奈津子監修超日本語吹替え仕方なく。(笑)

| mig | 2010/04/15 10:47 | URL |

字幕、いいなぁ!

そそ、ミシェルウイリアムズって『ブロークバック・マウンテン』で妻役した後に元ヒースレジャーの妻に。(分かりづらい書き方ですみません)
ホラーブログの方って『ブロークバック山』とか観ます?(←ちょっと聞きたいw)
『彼が2度愛したS』も綺麗だったですよ☆

『エルム街の悪夢』リメイク版も観たいです^^

| あん | 2010/04/15 22:05 | URL |

☆migさん
こちらこそ、コメント&TBありがとうございます。
あれ?ヒースの元妻でしたか。
そういう情報にはうといんで(汗)
あの、湖のシーンの彼女のトロンとした目が良かったです!
って、あのシーンでそんなこと考えてたんかい(爆)
字幕で観ましたが、超吹き替えも気になります!

☆あんさん
ホラーブログさんは、正統派(特に恋愛物)には、なかなか手を出さないですねぇ。
恋愛物観ている時間だったら、スプラッターってなってしまう病なのです(涙)
アクション系などは好きで観るんですが。
なので、観ていないのですが、『ブロークバック・マウンテン』は気にはなっているのではあります。
ミシェルウイリアムズみたさで、観てみようかなぁ~!

エルムリメイクの、フレディーの顔が怖かった!

| とら | 2010/04/15 22:23 | URL | ≫ EDIT

詳しい内容はブログ内に書いてあります。

とらさん、こんばんわです。
戸田さんの超吹き替えという言葉が、ネット上での流行語になりつつありますが(多分)、字幕の方がいいですよね。

今日は「ブログ DE ロードショー」 のご案内に参りました。
映画ブロガーの皆様と一緒に、毎月一人のペースで選出された管理人の紹介したい映画を皆でみるという企画です。
ブログの中で、皆で同時期に観るという現代的な企画ですね。

すいませんが、ホラーではありません。ほのぼのとした泣けるファミリー映画です。
作品名:『パコと魔法の絵本』 
(2008年・日本製作作品 監督は中島哲也です)

選んだ理由。
☆全面の雰囲気に反比例して、邦画で難なく泣ける映画だからです。

鑑賞日は4月23日(金)~25日(日)の三日間です。(お忙しくてご都合の悪い場合は後日でも結構ですよ~!)

茶栗鼠としては、もっとも見ていただきたい作品の1つです。

是非、とらさんと、一緒の時期に、同じ映画を見て、ワイワイ言い合いたいと思います。
(感想・レビューは強制ではありませんが、茶栗鼠は書くことになります)

| 茶栗鼠 | 2010/04/16 23:09 | URL |

茶栗鼠さん

超吹き替えもきになりますが、Videoでいいかなと思いますね。

「ブログ DE ロードショー」 了解しました。
当ブログとテーマが違うので、記事にはしませんが、なるべく観る様にしてみますね。
たしか、DVDに撮っているけど、手をつけていなかった気がしてます(爆)

| とら | 2010/04/17 16:31 | URL | ≫ EDIT

テディの悲しみ

やたら謎解き、謎解きとマスコミが煽り、驚愕のラストとかなんとか言われちゃうと、
失踪者と失踪者探しというルールでいえば「本人オチか?」っていう発想に・・
当初からそういう視線でみちゃうとわかっちゃうんですよね
なので謎解きドラマではなく、人間ドラマとして見て楽しみました。(*^▽^*)ゞ

この映画はやっぱりあの最後の一言に凝縮されていると思うんですよ・・・
狂人を装った上でロボトミー手術を受ける選択をした主人公。
もはや彼を悲しみから救ってくれるのは全ての感情を消し去る
あの方法しかなかった・・・彼の気持ちを思うと切なくて(T.T)

ちなみにあたしも字幕でみたので、超日本語吹き替えでは
どういう風に話していたのかわからないんですけど(^▽^;)

| Eureka | 2010/10/13 00:38 | URL |

Eurekaさん

確かに、今思えば始まりは冒頭のタバコのやり取りからも本人オチは読み取れますね。

私は、回想シーンの子供が池で浮いている時の、夫婦のやり取りがとても印象に残りました。
その時の、夫の気持ちは!?と思うと、現実逃避したくなるのは当たり前かもしれませんね。

| とら | 2010/10/14 21:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/203-8ae10a90

TRACKBACK

第9地区

第82回アカデミー賞で4部門もノミネートされた話題作評判も良さそうなので楽しみにしていた。がっ・・・【story】正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が突如南アフリカ上空に姿を現し、攻撃もしてこない彼らと人間は共同生活をすることになる。彼らが最初に出現してから28年...

| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2010/05/15 11:50 |

シャッターアイランド

超日本語吹替版にちなんで......描いてみた。 貫禄つかないでいいから、永遠の少年でいてほしかったレオナルド・ディカプリオ。  「ミ...

| 描きたいアレコレ・やや甘口 | 2010/04/15 22:07 |

シャッターアイランド /SHUTTER ISLAND

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click どこが「超」日本語吹替えなんだか、、、? って、既に観た人たちは口を揃えて言ってる レオナルド・ディカプリオ×マーティン・スコセッシ 4度目のタッグ

| 我想一個人映画美的女人blog | 2010/04/15 10:45 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT