PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ビヨンド

『ビヨンド』
 THE BEYOND

【製作年度】1980年
【製作国】イタリア
【監督】ルチオ・フルチ
【出演】カテリーヌ・マッコール/デビッド・ウォーベック/サラ・ケラー/ヴェロニカ・ラザール/アンソニー・フリーズ



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
ある画家が地獄の門を開けようとしたために、町人のリンチを受けた上、壁に塗り込められた。それから54年後、そこに越してきたリザを不可解な事件が襲う。

【感想】ネタバレ
すっかり、ルチオ・フルチ作品のレビューを『サンゲリア』で書いて以来忘れてました。やはり、ホラーマニアを語る上で欠かせない、彼の作品の中で、一部のファンからは最高傑作といわれる作品。

ん、何が最高って?
もちろん、映画の内容ではないですよ、もぅ内容はめちゃくちゃであります。前後のつながりも作品性もあったもんじゃありません。最高なのは、とことんこだわったやりすぎなグロ描写なのです。特に、顔面破壊にこだわったのでしょうか、お亡くなりになったほとんどの犠牲者は顔の原形が無くぐちょぐちょ・・・。おそらく、フルチ親父の頭の中では、グロ描写優先で映画を作っていると思われます。グロには都合がよすぎる無理やりな展開ばかりですので、観ていて呆れちゃいますね。

内容が無いので、今回はそのハチャメチャっぷりな死に様を紹介しておきましょう。

①拷問による作家の死
鎖でめった打ちにされ身がえぐれるえぐれる。最終的には磔に。いや~痛そう。
数十年後には、↓な姿になり、地獄の門は開かれた!
ビヨンド1

②顔面をつぶされる配管工
つぶされるというか、えぐられるというか、目が飛び出したようにずれとるし。
でも、抵抗も無くやられ放題でありんす(爆)

③硫酸で顔が溶けまくる配管工の妻
配管工のなきがらを見届けにきた妻ですが、ぶっこけて顔中に硫酸シャワー。
えぐい!どっろどろに顔が溶けていき部屋中に彼女の溶け液体が広がる・・・。
意味不明のところに硫酸があるし、妻は硫酸浴び放題で抵抗なし(爆)

④蜘蛛に顔中食べられる男
ホテルの古い図面を調べもの中に棚からこけたところに蜘蛛の大群登場!
なぜここで蜘蛛やねん!?って展開です。蜘蛛に目も舌もムシャムシャ。
もちろん全く抵抗なしに、顔食われ放題(爆)

⑤壁に刺さった釘が後頭から目玉に突き刺さるメイド
なぜかゾンビ?化した配管工に襲われ、壁の釘に後頭部からグサッ!
いい具合に、目玉にささりますなぁ~。
ビヨンド2

⑥飼い犬に喉・顔を食いちぎられるわけあり盲目女性
あぁ~、唯一の理解者も・・・。まさか飼い犬に食い殺されるなんて。
喉に耳らへんをがぶりとかじられてます。骨までみえてしまうありさま。。。

⑦容赦なく銃で頭がはじける少女
配管工の娘。結構話に絡んできそうで、いまいち絡まない。
しまいには、銃でドカン。撃った瞬間に顔が吹っ飛びます。
少女でもお構いなし!う~ん、ショッキングぅ!
ビヨンド3

っと、オゲレツな映像がひたすら続きますので、完全にマニアしか受け入られないでしょう。最低映画という名とともに、一部からは絶賛の声が出る、なんともフルチらしい作品で監督の独壇場の作品。ちなみに、オイラは後者かも!?なので、満足度は高いかと。(参考にしないでください・・・)

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| カルト、悪霊 | 22:51 | comments:6 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

こんにちは!
ご無沙汰しております~。

「ビヨンド」はタランティーノも絶賛してませんでしたっけ。違ったかな。以前、独自に配給していたような。。。
私もこれが気になっていて、やっとこさ観られた時には、うーんやっぱりフルチと思ってしまいました(笑;)。
⑦のシーンは衝撃的ですね。でも、このシーン、拝んだ記憶が無いんですよ~。少女が出てきたのは覚えているんですが。ひょっとして当時のビデオ版ではカットされてたのかなあ。それとも単なる記憶力低下か(笑)。

ガツンと応援いきますよ~♪凸

| umetraman | 2010/08/28 09:58 | URL | ≫ EDIT

umetramanさん

はい、タランティーノ絶賛はこの作品です。

もぅ、フルチ色たっぷりですね。久々に振り返りで観ましたが、今温かい気持ち(笑)で観ると、結構面白いですよ。
最近、フルチ作品もDVD化されだして、(Videoはプレミアついていますが)、レンタルでも置かれていますので、気軽に楽しめるようになりました。
なので、他の作品も振り返ってみようかと思います。

⑦のシーンは、もしかしたらカットされてたのかもしれませんね。少女なので、衝撃映像ですから。

応援ありがとうございます~!

| とら | 2010/08/28 21:52 | URL | ≫ EDIT

昔ビデオもってました~ 少女の頭が吹っ飛ぶ場面はビデオにありましたよ~ 「地獄の門」の輸入ビデオもってましたけど画質は三倍速以下テープは日本製の三本パック2000円の代物でありました~(^^ゞ
もちろん先頃出たdvd購入しました。

| クリコ | 2010/09/11 17:13 | URL |

クリコさん

おぉ~、Video持ってましたか。
今は、DVDが出てくれて、画質もVideoとは比べ物にならないくらいなので、うれしい限りですね~。
この流れで、『地獄の門』も振り返りたいです。

フルチ作品も、なかなか楽しませてくれますよね!
マニアにはたまらない(笑)

| とら | 2010/09/12 20:02 | URL | ≫ EDIT

フルチ三部作制覇まであとひとつ

フルチ作品観賞時の注意点は
1.突っ込むな
2.作品に意味を求めるな
3.ひたすらグロを楽しむべし
この三つに限るかとw

初めて観ましたが、1,2,サンゲリアより好きですw
顔面爆破は一瞬のシーンでしたね。
しかも一番リアルでした。
変なBGMが流れる度に笑いそうになります^^;

グロシーンと恐怖におののく顔を
交互にカット割りする手法も
フルチの特徴ですかね。
しつこ過ぎて、これも笑けてきます。

| りとら | 2011/11/19 18:08 | URL |

りとらさん

そうです。
フルチ作品は、何も考えず、グロを楽しむべしなんです(笑)
逆に、はちゃめちゃなストーリーを楽しむということもできるかも!

少女頭吹っ飛びシーンは強烈でしたね。
個人的には、蜘蛛に食べられるシーンも面白かった。
唐突で意味不明でした。

わたしも、フルチ作品の中で、これが一番好きかもしれません。
ラストは、『地獄の門』ですか。。。
こいつが、一番意味不明なので、完全にノックアウトかもですよ(笑)

| とら | 2011/11/21 13:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/229-b787644e

TRACKBACK

ビヨンド The beyond (1981年)

とっても分かり易いあらすじだぽ(´・ω・`o) 1927年。ルイジアナ州、日本で言うところの群馬県にあるセブン・ドアーズ・ホテルに滞在していた自称画家のシュワイク容疑者(35)が、「このホテルには悪魔が...

| RETRAの奇妙な映画館 | 2011/11/19 18:09 |

ビヨンド (L'aldila)

監督 ルチオ・フルチ 主演 カトリオーナ・マッコール 1980年 イタリア映画 90分 ホラー 採点★★ あまりに理不尽なことばかり言ってる人と長い時間会話をしていると、不愉快さを通り越してその人の言っていることが全て正論のような気になることってないですか? …

| Subterranean サブタレイニアン | 2010/08/26 02:12 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。