PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウルフマン

『ウルフマン』
 THE WOLFMAN

【製作年度】2010年
【製作国】アメリカ
【監督】ジョー・ジョンストン
【出演】ベニチオ・デル・トロ/アンソニー・ホプキンス/エミリー・ブラント/ヒューゴ・ウィービング/ジェラルディン・チャップリン/マリオ・マリン=ボルケス



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
19世紀末の英国。兄の行方不明の報せに25年ぶりに帰郷したローレンスを待っていたのは、無惨な姿の兄の遺体。殺人鬼の正体がウルフマンとは知らず、犯人を追うローレンスだったが、やがて自らもウルフマンに襲われ、同じように満月の夜にウルフマンに変貌する宿命を負ってしまう。

【感想】
すでに今まで何作も作られありきたりになっていますし、これといって目新しさもない狼男の物語。やはり注目は、否が応でも俳優陣になります。

ローレンスを演ずるは、ベニチオ・デル・トロ。いや~彼は狼男に適役ですわ。なんたって、メイクしていなくても、ワイルドで獣臭がします。バキバキっと狼男に代わっていく、おなじみの変身シーンなんてものも、違和感が無く観れますね。なんだか苦しさがそんなに伝わってこないのは気のせい?

変身中手があらぬ方向に!
ウルフマン1

ローレンスの父を演ずるは、アンソニー・ホプキンス。彼が演ずるだけ会って、やっぱりいいお父さんなんてわけによね(汗)狼男の宿命を息子にも持たせ、苦しみを味わえ、楽しめとのごとく突き放す様は、まさに狂気の父。意地悪にもほどがあるよねぇ・・・。彼の狼姿もなかなかおもいろい。変身がすばやいのは、狼歴が長いベテランだから!?
ウルフマン2

ムサ狼とコワ狼に挟まれて、エミリー・ブラントの美しさが引き立ちます。

さて、肝心の物語なのですが、満月の夜に無意識に人を殺してしまう、そして愛する人までも手にかけてしまうというおなじみなのですが、人間に戻ったときの苦悩ってのをもう少し表現してほしかったなぁ。こういうゴシックホラーってのは、自分の宿命にそむくことが出来ない悲しみというものがつき物ですからね。

結局のところ、昔観た特撮時代の狼男を恐怖もストーリーも超えることは出来てはいないんですよね。しいて言えば、人間が狩られるグロさは、かなりのものはありました。内臓飛び出し、首チョンパなんかあります。

可もなく不可もなく、正統派なゴシックホラーといった感じでしょうか。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| ゴシック | 22:51 | comments:24 | trackbacks:15 | TOP↑

COMMENT

こんちは、TB辿ってきました。

うわ、手の写真が怖い。
映画1本より、この写真の方が怖いかも。

| ふじき78 | 2010/09/10 23:06 | URL | ≫ EDIT

こんにちわ★
ベニチオ・デル・トロ、狼男役ピッタリでしたよね^^
後半は変身してなくても狼男のように見えてきました。
私は映画館でみてしまったので音とか、演出がすごい怖かったです;;

| マーチャン | 2010/09/11 15:09 | URL |

こんばんは。

リック・ベイカー担当にしては短い変身シーンでしたが、写真の指の曲がり具合とか、歯茎など瞬間、瞬間にハッとするシーンが盛り込まれていたようですね。
それにロンドンでは絵になるシーンが多かったように思えます。

お父さんの部分が新鮮でしたが、基本オリジナルに忠実で、まさしく正統派で王道である狼男でしたね。(^^)

トラックバックさせていただきました。

| 白くじら | 2010/09/11 22:51 | URL | ≫ EDIT

ウルフマンも十分スプラッタですが、
SAWシリーズも捨て難いですよ~
1はそれほどでもないけど
3以降からどんどんエスカレートしていきます。
超怖いっす。

| ホロウO56 | 2010/09/12 09:08 | URL |

☆ふじき78さん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
手のバキバキシーンは、過去ある狼男の変身シーンには無かったものなので、新鮮でした。

☆マーチャンさん
こんなに、狼男に適役な人は他にいないかも!
たしかに、映画館では迫力ある映画かも。
狼になったときのシーンなんてのも、びっくりしそう。

☆白くじらさん
そうなんですよね、正当すぎました。
もう、ストーリー自体分かっているのですから、俳優とグロさでまかなうのではなく、ちょっとひねりがほしかった。
変身シーンも同感で、短すぎますよね。
苦しみながら変身していく姿が狼男のうりなのに。
TBありがとうございます。

☆ホロウO56さん
はじめまして。
もちろん、SAWはすべての作品制覇していますよ。
次は、3Dだそうで。
楽しみですね。

| とら | 2010/09/12 20:27 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

はじめまして、とらさん。
わては、「とらちゃん」というハンドルネームで「とらちゃんのゴロゴロ日記」というのをやっております。
映画の記事も書いてます。
このウルフマンを見たら、映画館から出るときには自分がウルフマンになっている気分になりました。
ゴロゴロ。

| とらちゃん | 2010/09/14 11:23 | URL | ≫ EDIT

とらちゃんさん

はじめまして。
コメントありがとうございました。

映画館では観てはいないですが、大迫力でしたね。
自分がウルフマンってのも分かる気が(笑)

また、あそびに来てください。
今後ともよろしくお願いします。

| とら | 2010/09/14 21:43 | URL | ≫ EDIT

指~っ!

たんすにぶつけた小指も、たまにあらぬ角度になりますが・・。
これだけ映像技術が発展しているのだから、変身にもうちょっと拘ってもいいと思いますけどね。
まあ、未見なんで何とも言えませんが。
ヴァンパイアものは結構多いのに、狼男ものって少ないですよね。需要無いのかな・・。

| りとら | 2011/03/10 23:16 | URL |

りとらさん

ウルフマンといえば、やっぱり見所は変身シーンですから、CGを駆使してもよいので、もっと凝ってくれても良かったんですがね。
ちゃちゃっと変身しちゃいます。
この映画の見所といえば、ベニチオ・デル・トロの変身前でも狼男や無いか~!ってとこですね(笑)

狼男も探せば一杯有りますが、やっぱりゴシック系ではバンパイアが多いですよね~。

| とら | 2011/03/12 21:10 | URL | ≫ EDIT

2回目のコメ失礼しやす

やっと観ました。
一番の見所である変身シーンが短いッ!
もっとじっくり見たかった・・。
やっぱり80年代の方が迫力ありましたねぇ。

| りとら | 2011/03/29 21:21 | URL |

りとらさん

やっぱり、そう思いますよね。
変身シーンは、ウルフマンの見所なんで、CGたっぷりつかってもよいので、もっと長く見せて欲しかったですね。

やはり、昔の実写のほうが迫力も怖さもありました。

| とら | 2011/03/31 21:34 | URL | ≫ EDIT

これはこれでいい!

別のレンタル作品(タイトル忘れた)に入ってた予告編がよかったので、早速借りて観てみました。

感想「これはこれで十分素晴らしい!」
他の狼男作品を観た事がないので、比較のしようがないのもありますが、これはこれで十分面白かったです。
ウィッカーマンみたいなもんですね。

ベニチオ・デル・トロの出演作を観るのはこれが初めてですが、皆さんが言う様にマジで地顔がウルフマンでしたね、かなり濃ゆ~いルックスですが個人的には濃いのは好きです。(オレはノンケです、そっちの気はありませんよ!)
確かにウルフマンを演じるには最適な俳優でしょう、あれくらい濃くないと役に負けてしまいますよ。

そして名優アンソニー・ホプキンスも素晴らしい、父ウルフマンを演じるのも彼が最適ですね。
ああいうイッちゃってる役を演じさせたら、彼の右に出る人はいません。
伊達にハンニバル・レクターを演じてませんよ。

変身シーンが短いとは感じなかったですね、逆に父ウルフマンの変身はあまりに短過ぎましたけど。(笑)

正直期待してなかったので、かなり得した気分です。
ただこれも皆さん言う様にヴァンパイア物は数あれど、狼男物って確かにないですよね?本当に需要がないんでしょうか?
これだけCGなどの特殊技術が発達してるのだから、いくらでもいい作品は作れると思いますけどね?

アンソニー・ホプキンス繋がりで「ザ・ライト~エクソシストの真実」も借りたので、こちらも観終わり次第コメントさせていただきます。

| マローダー | 2012/01/21 01:34 | URL |

マローダーさん

俳優陣は適役でしたね。
ウルフマンVSウルフマンってのは、今まで無かったと思います。

ただし現代版、狼男って感じでした。
昔の狼男も名作なので、見てください。
変身シーンは長くて、凝っています。
狼男の見せ場は、変身シーンと思うんですよね。
苦しみながら変身して、朝には何をやったか覚えていない。
そして、絶望感・・・。
この辺は、もう少し凝って欲しかったところでした。

狼男は、映画ではよく登場するのですが脇役が多いですね。
主役としては、やはり物足りないでしょうか。

| とら | 2012/01/23 20:54 | URL | ≫ EDIT

確かに短い!納得

狼男アメリカンのDVDがツタヤにあツタヤ!(苦・・・)ので早速借りて観ました。

とらさんの言う通り変身シーンがとんでもなく素晴らしい!
明るい室内(外は満月の夜)でハッキリと長々と、しかもワンカットでじっくりと見せてくれました。
確かにこれを観ちゃうとウルフマンは短いですね、さらに苦痛の描写が全然足りない、デヴィッド・ノートン(アメリカンの狼男役)の苦痛に歪む表情はあまりにもリアル過ぎて、観てるこっちまで痛かったです。

ちなみに特殊効果を手掛けたのは、スター・ウォーズシリーズで初めてSFXという言葉を世間に知らしめた巨匠リック・ベイカー氏で、その気合いの入り方は生半可なモノではありません。
皮肉にも全く同時期に同じ狼男物のハウリングが製作され、ハウリングの方の特殊効果は後に物体Xで大ブレイクするロブ・ボッティン氏が担当しました。(ボッティン氏はベイカー氏の弟子)
ベイカー氏はボッティン氏には絶対負けるもんか!とさらに奮起し、素晴らしくも恐ろしい狼男を誕生させたのです。(ハウリングも負けず劣らず素晴らしい変身シーンらしいです)

狼男アメリカンの狼男とウルフマンの狼男との決定的な違いは、アメリカンの方が狼と同じ完全な4足歩行という事です。
なのでひたすらロンドンの街を駆け回り市民を恐怖のどん底に叩き込みます、その恐怖は全然ウルフマンの比じゃありません。

まだ観てない方は是非観る事をお勧めします、人間模様もしっかり描かれてるし、単なるモンスターホラーに留まらない超名作ですよ!

| マローダー | 2012/02/09 00:06 | URL |

マローダーさん

おぉ~、観れましたか!
アカデミー賞も納得ですよね。
私も、振り返り鑑賞したくなりました。

| とら | 2012/02/10 23:02 | URL | ≫ EDIT

是非レビューを希望します

>とらさん
ええ観ましたよ、予想以上に素晴らしい出来に溜息が出ました。

この作品でリック・ベイカー氏が特殊効果でアカデミー賞を受賞したのも納得、というより当然の結果でしょう。
そして弟子のロブ・ボッティン氏も賞には縁がありませんでしたが、物体Xで素晴らしい、というよりとんでもないSFXでド肝を抜いてくれましたし。
本当にいい師弟関係だったんでしょうね。

是非再度鑑賞してレビューして下さい、こんな素晴らしい作品なのにまだ知らない人が大半でしょうから、レビューする価値は十分にありますよ。
自分もそうでしたしね、観て本当に良かったです。
特に良かったのが狼男になってしまうデヴィッド・ノートンが、ベニチオ・デル・トロと違いいたって普通の青年だという事です。(ベニチオは人間のままでも狼男っぽいので)
そんな普通の青年が狼男になってしまうのは、痛々しくも可哀想だし変身シーンのクオリティが異常に高いので、ただただ唸るばかりでしたね。

ウルフマンはこれと比べないで、全くの別作品(時代設定も違うし、狼男が2人登場しますからね)として観ればそれなりに楽しめると思います。
決して駄作ではありませんし。

| マローダー | 2012/02/11 23:58 | URL |

指摘

>とらさん
ローレンスが帰郷したのは、弟のベンの死の真相を確かめるためです。
ローレンスの方が兄ですよ。
細かい指摘ですいません。

| マローダー | 2012/02/12 00:06 | URL |

マローダーさん

再鑑賞はしますよ。
変身シーンは妙に印象あるのですが、ストーリー自体があいまいですから。

あれ?兄が行方不明じゃなかったでしたっけ?
映画.comなんかも、兄になってそうですが。

| とら | 2012/02/12 19:07 | URL | ≫ EDIT

見つけました

>とらさん
狼男アメリカンのDVDをついに見つけました。
しかも980円ですよ奥さん!(誰?)
さらに20周年特別版ですよ奥さん!(だから誰だよ?)

これをオレがゲットしてとらさんに送って(寄贈して)、とらさんがレビューするというにはどうでしょうか?

この歴史的名作をもっと知ってもらいたいのです。
そのためにはここでレビューするのが一番かと。

OKならメール下さい、いつでもお待ちしております。
ウオオオ~ン!!!!!!(遠吠えもこっちの方がリアルです)

| マローダー | 2012/03/19 18:38 | URL |

マローダーさん

それは申し訳ないですよ。
というか、オンラインレンタルにあるんですよ。
なので、いつでも借りれるんですが、いま5月引越しを控えていて、一時休止している状態です。

なので、5月以降借りることが出来ますので、そしたらレビューします。

お気遣いありがとうございます!

しかし980円は安いですね~!

| とら | 2012/03/20 21:31 | URL | ≫ EDIT

同じだけど違う

>とらさん
了解ですレビュー楽しみにしてますよ。

ちなみにアメリカンの特殊効果はリック・ベイカー氏ですが、ウルフマンの特殊効果もベイカー氏でした。

ウルフマンも83回アカデミー賞メイクアップ賞を受賞してるので、ベイカー氏は新旧狼男ダブル受賞になりますね。(これって何気に凄くないですか?)

アメリカンのDVDをゲットしたらじっくり比較するとしましょう、同じ人が担当してるのに全く別物なのが面白いです。

SFXとCGという技術の違いは勿論ですが、アメリカンは変身する前に裸になって変身後は本物の狼と同じ4足歩行(なので見た目はまんま狼です)なのに対して、ウルフマンは服を着たまま変身して2速歩行も可能なのでまさに狼男です。
この変更はストーリーの展開上そうなったんでしょうが大変興味深いですね。

| マローダー | 2012/03/21 03:46 | URL |

マローダーさん

あれ?そうでしたか!
同じベイカー氏でも、見せかた全然違いますね。
CGはいいにしろ、変身で苦しむシーンはもっと出して欲しかったですね。
でも、確かに狼男ダブル受賞は凄い。

そういう見方をすると、またこの映画も面白く感じるかもですね。

| とら | 2012/03/22 20:43 | URL | ≫ EDIT

小倉久寛さん

最初からじっくりと鑑賞してみましたが、色々と発見がありました。

1、ジョン・タルボット(ローレンスの父で父ウルフマン)がウルフマンになったのは血筋ではなく、若い頃にインドの山奥で狼男の少年を発見し、彼に噛まれてウルフマンに変身出来る様になったため。
2、ローレンスがウルフマンになったのは、ウルフマンになったジョンに噛まれたため。
しかもジョンは意図的にローレンスを襲って、自分の後継者にしようとした。

どうやら噛まれても生き残るとウルフマンに変身する体質になる様です、て事は最後に噛まれて生き残ったアバライン警部もそうなるんでしょうか?

幻覚?で若いウルフマンが出て来たのもこれで説明がつきます、細かい所までよく出来た設定ですね。

変身シーンが短いのは尺の関係が最大の理由だと思いますが、話の展開上あれ以上長くするとダレてしまうのもあるでしょう。
と個人的には思いました、本当によく出来てますよこの作品は。
アメリカンと比較するとまたさらに違った見方が出来るんでしょうね。

あとベニチオ・デル・トロが場面によっては、小倉久寛さんに見えるのはオレだけでしょうか?

| マローダー | 2012/03/24 00:46 | URL |

マローダーさん

映画ってのは、2,3回みていくと、新たな発見があって、いいですよね。
問題は、再鑑賞したいと思える映画かどうかでしょうか。

変身シーンが短いのが、やはり残念満載ですね。

>あとベニチオ・デル・トロが場面によっては、小倉久寛さんに見えるのはオレだけでしょうか?
たしかに、見えるかもしれません(笑)

| とら | 2012/03/25 18:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/231-8ea7d98b

TRACKBACK

ウルフマン The Wolfman (2010年)

史上最大の親子喧嘩勃発ッッ!! 「ローレンス、強くなりたくば喰らえッ・・・!!」 ※写真だけ見たら、只の毛深いオヤジ。 首が90度なあらすじ モーフィアスじゃない方のローレンスは、人気舞台...

| RETRAの奇妙な映画館 | 2011/03/29 21:18 |

ウルフマン (The Wolfman)

監督 ジョー・ジョンストン 主演 ベニチオ・デル・トロ 2010年 アメリカ映画 119分 ホラー 採点★★★ イメージってのはどうも妙な所で固まってしまうようで、ドラキュラもフランケンも狼男も、それこそユニバーサルホラーからハマーホラー、新旧問わず観まくって…

| Subterranean サブタレイニアン | 2010/11/12 02:11 |

ウルフマン

評価:★★【2点】 いかにも不健康そうな顔のベニチオ・デル・トロと特殊メイクの巨匠リック・ベイカー

| 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ | 2010/09/14 21:21 |

ウルフマン

<<ストーリー>>19世紀末、兄の行方不明の知らせを受けて帰郷した人気俳優のローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、到着早々無残に切り...

| ゴリラも寄り道 | 2010/09/14 11:21 |

ウルフマン

流れる雲から光る満月が顔を出したら体の中から血が沸きあがって体に剛毛が出てくる。全身に痛みが走り、いつのまにか自分が自分でなくなる。映画を見ていたら、おもわず自分が狼男になった気分になってしまった。

| とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver | 2010/09/14 11:18 |

ウルフマン/ベニチオ・デル・トロ

近年なんだか大流行りになっている感のドラキュラ物のブームに便乗してるのかどうかわかりませんが、ドラキュラの対立軸として登場することの多い狼男を主人公にしたサスペンス・ホラーです。主演にベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンスと二人のオスカー俳優を配...

| カノンな日々 | 2010/09/14 08:48 |

「ウルフマン」は19世紀版アルカーイダ?

公式サイト。1941年の「狼男」(原題は同じTHE WOLFMAN)。ジョー・ジョンストン監督、ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング。 「シャーロックホームズ」と同じ19世紀末の科学とオカルトが入り混じったロンドンなど...

| 佐藤秀の徒然幻視録 | 2010/09/14 08:16 |

ウルフマン

【THE WOLFMAN】 2010/04/23公開 アメリカR 15+ 102分監督:ジョー・ジョンストン出演:ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジェラルディン・チャップリン今宵は満月。月が欠けるまで、悲鳴が止まらない。...

| 映画鑑賞★日記・・・ | 2010/09/12 22:51 |

「ウルフマン」鑑賞

 古典ホラーの代表作「狼男」を、「ジュラシックパーク3」のジョー・ジョンストン監督、「チェ」「トラフィック」のベニチオ・デル・トロ、「羊たちの沈黙」「ハンニバル」のアン...

| 狂人ブログ ~旅立ち~ | 2010/09/12 10:10 |

ウルフマン

2010年5月1日(土) 17:45~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:1000円(映画サービスデイ) パンフレット:600円(買っていない) 『ウルフマン』公式サイト 古臭い題材、古臭い設定、古臭いストーリーの、「いつの時代の作品だよ!」な映画。実際、大昔の...

| ダイターンクラッシュ!! | 2010/09/12 07:04 |

ウルフマン

今宵は満月、そして世界は血に染まる。 2010年(THE WOLFMAN)製作国:アメリカ監督:ジョー・ジョンストン原作:製作:スコット・ステューバー、ベニチオ・デル・トロ、リック・ヨーン、ショーン・ダニエル製作総指揮:ビル・カラッロ、ジョナサン・モーン、ライアン、カヴ…

| MOVIE-DIC | 2010/09/11 22:45 |

ウルフマン(R15)

    今宵は満月。    月が欠けるまで    悲鳴が止まらない。  4.23(金)ROADSHOW★あらすじ★19世紀、イギリス・ブラックムーア。舞台俳優のローレンスは兄ベ....

| 本当に怖いホラー映画(DVD) | 2010/09/11 15:12 |

映画:ウルフマン

 最近、見たい映画がどんどん終わってしまう。上映終了ぎりぎりに見てもそれを記事にする時間もない。と言うわけで、2週間前によく行く映画館の最終日に見た映画ウルフマンです。

| よしなしごと | 2010/09/11 12:18 |

『ウルフマン』『ダレン・シャン』をけっこう前に新橋文化で観た男ふじき

■『ウルフマン』 五つ星評価で【☆☆凡作です】 「その凡作は鈴木凡作なのか、  田中凡作なのか、  それとも誰か他の凡作なのか、  はっきりしてくれ」 そう思われた人の為に、正確に答えておくなら「只野凡作」です。 まあ、ありがちな話(というかガ...

| ふじき78の死屍累々映画日記 | 2010/09/10 23:05 |

狼男~『ウルフマン』

 THE WOLFMAN  1891年、英国・ブラックムーア。シェークスピア劇の舞台俳優として活躍して いるローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、...

| 真紅のthinkingdays | 2010/09/10 20:09 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。