PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

悪人

『悪人』

【製作年度】2010年
【製作国】日本
【監督】李相日
【出演】妻夫木聡/深津絵里/岡田将生/満島ひかり/樹木希林/柄本明/宮崎美子



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
長崎の外れの小さな漁村に住む祐一は出会い系サイトを通じて佐賀在住の光代と出会う。逢瀬を重ねる2人だったが、祐一は世間を騒がせている福岡の女性殺人事件の犯人だった…。

【感想】 ネタバレ
うちの近くの映画館は会員になると、6回映画観ると1回分の映画鑑賞券がもらえるんです。はっきり言いまして、観にいく気が無かった映画なのですが、無料だからいいかという気持ちと、さらにモントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞した深津絵里の演技を観るがため行きました。

んで、観終わった後の率直な感想。
俳優陣の演技:◎
ストーリー:×
です。

なんだかな~、こんなお話で今時感動はしないんだよなぁ。家族を含めた被害者側の苦しみ、加害者側の苦しみ。がテーマなんですが、内容がありきたりで綺麗に描きすぎているんですよね。被害者の家族はやはり簡単に立ち直れるはずが無いし、加害者側の家族だってボロボロになるはず。

被害者の父が車から蹴飛ばした学生の増尾圭吾を工具で殴りに行ったシーン。現実は絶対に殴っているはず。加害者側では、母に代わって清水祐一を育ててきたおばあちゃん。現実では、あんなに強く生きることは無理なはず。しかし、この物語は、綺麗に終わらせている。愛するものが死に、愛するものが人を殺したとき、はたして人間はこんなに強くて綺麗に生きれるんでしょうか?闇の部分ももっと描いて良かったのでは?

清水祐一と馬込光代の関係もありえない。初めて出会った男と即エッチ(少し襲われぎみ)して、すぐに人生を捨てるほど相手と思えますか?結局、エッチがうまかった!?としか思えん・・・。本当に好きならば、やはり自首して待つことが真実の愛だと思えるんですが、ひと時の感情に溺れ、二人が幸せな時間は、同時に苦しみの時間でもあると言いいたいがばかりのもっていきようなんです。
悪人1

映画館で隣に座っていた、女性(他人)が途中から泣きっぱなしだったのですが、その理由が私には分からず・・・。余計にしらけちゃった(爆)

と、けなしてばかりですが、もちろんすばらしい映画ですよ!なんたって俳優陣が見事です。深津絵里と妻夫木聡だけじゃない!チャラ男演ずる岡田将生も軽女演じる満島ひかりも役を見事に演じてます。そしてなんといっても、樹木希林、柄本明のベテランコンビが完璧なんですよ。というか演技が深い!ストーリー性の悪さは、俳優陣でカバーした感じですね。

さてさて、この映画の題名にもあるように、真の悪人は誰なんでしょう?
・殺人を犯した清水祐一
・自首することを止めた馬込光代
・人気の居ない峠で佳乃を蹴飛ばして車から降ろさせた増尾圭吾
・祐一の目の前で別の男の車に乗り、レイプされたでっち上げをしようとした石橋佳乃
・育ててきた親達
殺人を犯した罪人はもちろん祐一なのですが、悪人となると果たして誰なのか?もしかしたら、誰も悪くないのかもしれませんね。なんか色々な悪いタイミングが重なっただけで起きたもの。
ということで、悪いのはギョーザの臭いということにしておきますか! ヾ(--;)ぉぃ

ところで、映画の中で老人を狙った健康食品の高額売りつけのシーンがありますが、うちの近くでも老人を集めた同様な集会が開かれています。数ヶ月開いては、逃げて、ほとぼり冷めた頃またやってきてという繰り返し。でも、老人は懲りずに集まるんですよね・・・。このシーンだけは、妙にリアルでした。。。

人によって受け取り方が違う映画だと思いますので、皆さんの感想も是非チェックしたい作品ですね。

【満足度】




※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
関連記事

| こわくない映画 | 20:52 | comments:7 | trackbacks:7 | TOP↑

COMMENT

この映画で一番悪いのは餃子の臭いに一票です^^
私も、出会ってすぐすぎるだろ~と思いました。
原作はもっと、祐一、光代の生い立ちとか細かく描かれていてどちらかというと、祐一に同情が集まるようです。
原作読んでみたいけど、買うのはもったいない気がしてしまいます。

| マーチャン | 2010/10/04 01:23 | URL |

マーチャンさん

なんだか、ありえなさ過ぎる展開と、綺麗過ぎる人間の心理が好きになれなかった。
やはり私は、同じ日本映画でも、『告白』の方が断然すきですね。

しかし餃子って、そこまで臭うかなぁ・・・。
そうとう、ニンニク入ってた?(汗)

| とら | 2010/10/04 20:40 | URL | ≫ EDIT

同じく無料で

はじめまして!
同じく無料券があったから見たというクチなんですが
やはり全然はいりこめないまま終わってしまいました・・・
隣に座ってた女性は泣いてはいなかったけど
ものすごくチーズスナック菓子の匂いが漂わせていました(爆)<映画開始して20分ぐらいはポリポリする音が聞こえてました

原作は未読ですがやはりもっと2人が出会うまでの生い立ちを描いて欲しかったかと。
なので今は原作が読んでみたいです。(*^▽^*)

あの健康食品ですが、消費生活センターもしくはセンター経由で弁護士名で通知だせば一発で全額戻ってきます(笑)
房枝さんに教えてあげたかったな~

| Eureka | 2010/10/04 21:24 | URL |

お久しぶりです
私の近所の映画館も6回見るとタダで1回見れます
最近 行ってないな~

深津ちゃんのちょっと疲れた感じが良いなと思ってます
映画館が無理なら
レンタルがでてからでも見たいです

| とみこ | 2010/10/04 23:19 | URL |

☆Eurekaさん
初めまして。コメントありがとうございます。

まじですか?映画始まってもボリボリ。
これは、マナー違反ですねぇ。
音が鳴る食べ物は、映画始まる前に食べ終わって欲しいものです。

やはり、映画では二人の生い立ちが少ない分、情が入りきれなかったのでしょうかね?

健康食品の件、映画では同じ場所にいましたが、現実は、逃げちゃうんですよね。
老人相手に、悪いことする人は多いんでしょうね・・・。

☆とみこさん
おひさしぶりです!
とみこさんところのブログでも話題に出そうな映画ですね。

深津絵里の演技は、はやり凄かったですよ~。
それに、ベテラン陣がいい味出していました!

| とら | 2010/10/05 22:00 | URL | ≫ EDIT

ほんとですね!
諸悪の根源は餃子の臭いですね★

結局、「極悪人」は1人もいない映画でしたね。

| mia☆mia | 2011/09/09 18:28 | URL |

mia☆miaさん

でしょ、食べたのが餃子でなければ、この事件は起こっていないんですもん・・・。

| とら | 2011/09/11 19:48 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/235-6114b1b2

TRACKBACK

『悪人』 ('10初鑑賞121・劇場)

☆☆★-- (10段階評価で 5) 9月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:00の回を鑑賞。

| みはいる・BのB | 2010/10/10 16:58 |

悪人

吉田修一のベストセラー小説を『フラガール』の李相日監督が映画化。原作者の吉田修一は李相日と共同で脚本も手掛けるほどの意欲作。この作品で描かれるのは、他人と理解しあうことなく、孤独な日々を生きている人間たち。彼らは他者との触れ合いを拒絶しながらも渇望して...

| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2010/10/05 10:41 |

悪人(R12)ちょっとネタバレ

★あらすじ★若い女性保険外交員の殺人事件。ある金持ちの大学生に疑いがかけられるが、捜査を進めるうちに土木作業員、清水祐一(妻夫木聡)が真犯人として浮上してくる。しかし、...

| 本当に怖いホラー映画(DVD) | 2010/10/04 01:17 |

『悪人』 大切な人はおるね?

 上手いなぁ。  『悪人』で、深津絵里さんが自転車で畦道を走るシーンを見ながら、そう思った。  片手で傘を差し、片手でハンドルを握り...

| 映画のブログ | 2010/10/03 08:52 |

映画「悪人」

注目の映画「悪人」を鑑賞しました。

| FREE TIME | 2010/10/03 01:04 |

悪人

なぜ、殺したのか。 なぜ、愛したのか。 ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか? 製作年度 2010年 映倫 PG12 原作 吉田修一 脚本 吉田修一/李相...

| to Heart | 2010/10/02 23:55 |

悪人

2010年のモントリオール世界映画祭で、深津絵里が最優秀女優賞を授賞した作品。監督は、『フラガール』の李相日。また、美術監督を種田陽平、音楽は久石譲と錚々たるメンバーがスタッフに名を連ねています。 実は正直、見る行く予定は予定は無い作品でした。ですが、深津...

| 勝手に映画評 | 2010/10/02 22:49 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。