PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サイコ(リメイク)

『サイコ』
 PSYCHO

【製作年度】1998年
【製作国】アメリカ
【監督】ガス・ヴァン・サント
【出演】ヴィンス・ヴォーン/アン・ヘッシュ/ジュリアン・ムーア/ヴィゴ・モーテンセン/ウィリアム・H・メイシー/ロバート・フォスター



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
恋人との結婚を望むマリオンは、会社の大金を横領して町を出る。夜、豪雨の中彼女は人里離れたモーテルに宿を求める。そこは好青年ノーマン・ベイツが年老いた母親の面倒を見ながら、一人で経営しているさびれたモーテルであったが、彼女がシャワーを浴びた時、その恐怖は始まった…。

【感想】
はい、いわずと知れたサイコサスペンスのバイブル的映画である、ヒッチコックの傑作『サイコ』をガス・ヴァン・サント監督により、カメラアングルまで合わせたという、完全リメイク作品であります。

であれば、モノクロ映像も真似ろよ~っと思うのですが・・・。やはりヒッチコックの『サイコ』はモノクロであるからこそ、怖さも味もあるのです。それに完全リメイクと言えども何かが違う。オリジナルの衝撃、細かい部分での差異がはっきり分かってしまう。ここはあえて完全リメイクにはこだわらず、オリジナル性も入れて欲しかった。だって同じ内容なら、ヒッチコックのオリジナルを観たほうが、断然良いに決まってる。

とはいっても相変わらず、シャワーシーンは衝撃ですし、痛い。効果音も抜群に恐怖をそそられます。オリジナルと違う点は、ごろりと転がる死体を赤裸々に表現してしまった点。ちょっと不恰好に付き、一気に恐怖がなえてしまうというマイナス点に。皮膚に開いた刺され穴はなんとも痛々しくて良かったのですが。

出ている俳優を知らないで観ていたのですが、ジュリアン・ムーアが出ていてびっくり。つか、妹に見えないんですけど・・・。マリオン役にアン・ヘッシュも、個人的にはあまり好きになれなかった。それもそのはず、ゴールデン・ラズベリー賞の最低主演女優賞にノミネート、第21回スティンカーズ最悪映画賞の最悪の主演女優賞にもノミネートされている始末(汗)
サイコ_アン・ヘッシュ

ちなみに、ゴールデン・ラズベリー賞では、最低リメイク・続編賞にこの作品が、最低監督賞にガス・ヴァン・サント監督が見事に受賞している、お馬鹿っぷりでございました。

結局は、あらためてオリジナルのすばらしさを体験させてくれたという意味では、価値があった作品なのかな?

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| サイコ、スリラー | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/237-7dcf0560

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。