PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

八仙飯店之人肉饅頭

『八仙飯店之人肉饅頭』

【製作年度】1993年
【製作国】香港
【監督】ハーマン・ヤウ
【出演】アンソニー・ウォン/ダニー・リー/シン・フイウォン/ラウ・スーミン/パクマン・ウォン



【イントロダクション】 
中華料理屋の店主からマージャンで勝った金を取ろうとしたことから店主一家7人を殺してしまい、その死体を事もあろうに肉マンの具にしていた店員の狂気の行動を・・・。

【感想】
さて、今年もラストのレビューとなりました。1年あっという間ですね・・・。
毎年、ラストレビューは常人ではあまり見ないマニアな映画を紹介と決めており、今まで『食人族』『ドッグヴィル』と書きましたが、今年の締めくくりはとうとうこの作品を出すことをお許しください・・・。

マカオで実際に起きた、料理店の一家を惨殺しその人肉を饅頭にして客に出していたという、ゲロゲロな事件を元に作られた問題作。映画の触れ込みは、「女性子供には絶対見せないでください」ですが、もうひとつ付け加えておきましょう。
「これからも肉まんをおいしく食べたい人は、絶対見ないでください」

人肉ミンチ ( ̄□||||!!
人肉饅頭1

主演のアンソニー・ウォンはこれで香港アカデミーの主演賞を受賞したのだが、確かに猟奇的でものすごい演技は驚かされるものがある。しかし、この映画で映画賞を堂々と取れる香港の情勢にも驚かされます。

よく映画として作成し、放映する許可が出たなと思える過激な残酷シーンが目白押しである。目玉に伝票を刺す針をぶち込むは、女性をレイプしたあげく股に大量の割り箸でブスリだわ・・・。殺した肉を、ご丁寧に包丁で解体し、ミンチにして肉まんになるまでもしっかり映像化されてます。次の日おいしそうに客や刑事が食べる姿を見せられたら、肉まんトラウマになるのは当然かも(汗)
人肉饅頭3

え、何?こんなチョロい映像で引いちゃってるの!?って製作陣があざ笑うかのような、ラストの一家惨殺シーンは地獄です。
人肉饅頭2
両親を目の前で惨殺された子供達を次々に中華包丁で首をざっくり。一人の子なんか、テーブルにあげられ、チョンパされちゃうんですから、日本では考えられない映像が繰り広げられます。
人肉饅頭4

でもね、残酷シーンだけでとどまらないのがイカレ映画として評価される所以。犯人に一家惨殺を自白させたいがために行う、警察の拷問が半端無い。殴る蹴るは当たり前、トイレに顔を突っ込まされるは、しょうべんかけられるは、最終手段は三日三晩睡眠をとらせない。寝そうになったら、引っ叩きまぶしい光を浴びせる。挙句の果てには、背中に水を注射し、寝転べば激痛が走るという手段までとる。

さて、どうでしょうか?読んでるだけでも吐き気がしそうな内容でしょう。でも、警官たちのお馬鹿なコメディータッチの場面にも救われ、映画としては成り立っちゃっているのですなぁ、これが。といっても、はっきり言いまして全くお勧めできるような映画ではないのは確か。

こんなにも救いようが無い映画が平気で作られ公開される香港っていったい・・・。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| サイコ、スリラー | 04:44 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とらさん、あけましておめでとうございます。
いやぁ・・・、この作品ですかぁ・・・・。
凄いですね。香港。
いい感じな切り株ですね。というか、映倫からOKがでるかもわからないレベルですねぇ・・。

| 茶栗鼠 | 2011/01/04 00:22 | URL |

茶栗鼠さん

あけまして、おめでとうございます~。
凄い作品ですよ。
こわいものみたさ、らしい作品で閉めれました(笑)

| とら | 2011/01/04 16:23 | URL | ≫ EDIT

遅くなりました。

とらさん、明けましておめでとうございます。

いやはや、去年の締めくくりに『人肉饅頭』ですか^^;

もうレヴュー読んでいるだけでお腹一杯であります。
実はレンタル落ちしたVHSを持っているのですが、中々観る勇気も無く・・・。
アンソニー・ウォンは好きなんですがねぇ。

とりあえずとらさんのレヴューで満足しておきます(笑)。

それでは、今年もホラー映画で盛り上がりましょう。
よろしくです!!

| ヒロ之 | 2011/01/05 23:43 | URL |

ヒロ之さん

あけましておめでとうございます!

やっぱり、1年の締めくくりは、ブログタイトルらしく終わりたいと毎回思っちゃいます。
なので、マニアな映画で締めちゃいます。

あら?ヒロ之さんらしくない!
持っているのに観ないとは!
たぶん、ヒロ之さん位のホラー好きなら、何てことないですよ。
残虐シーンも意外とちゃっちいです。
その代わり、拷問シーンの方が引いちゃいます。。。
是非、みてレビューしてくださいな。

こちらこそ、よろしくお願いします!

| とら | 2011/01/06 22:20 | URL | ≫ EDIT

子供がやられちゃうのはさすがに嫌だけど、すんごく見てみたいです^^
今年中国に行くので行きたくなくなるといけないので帰ってきてからみてよう★

| マーチャン | 2011/01/13 23:47 | URL |

マーチャンさん

この映画、ホラー耐性あれば意外にグロはセーフですよ。
子供シーンも、流石にチョンパはリアルにはしませんので。

中国行くんですね~。
正露丸は聞かないので、是非ビオフェルミン持参の方がいいですよ~。
お腹にはお気をつけて。(体験談)

| とら | 2011/01/15 00:33 | URL | ≫ EDIT

ちょっと気分が悪くなった

| no name | 2011/09/28 17:06 | URL |

これでも、香港アカデミーの主演賞を受賞してますからね・・・

| とら | 2011/09/28 20:02 | URL | ≫ EDIT

これって2もありましたよね?懐かしい~

| 岡倉 | 2012/12/27 16:46 | URL |

岡倉さん

はい、ありますね。

| とら | 2012/12/30 00:00 | URL | ≫ EDIT

初めましてU・Mと申します。
観ましたねーこの映画、当時怖いもの見たさで!
一家殺人、レイプシーン等にも引きましたが、警察が犯人を
暴行して自白させるシーンにもドン引きでした。

| U・M | 2015/01/11 06:00 | URL | ≫ EDIT

U・Mさん

はじめまして!
コメントありがとうございます。

ですよね、完全にこわいものみたさで観た映画で、観て公開した記憶が残ります。特に、警察のあの拷問ですからね・・・。

こういう映画で賞をとるっていうのも、あの時代だからでしょうね(汗)

| とら | 2015/01/12 22:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/248-dde4e6a3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT