PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アンストッパブル

『アンストッパブル』
 UNSTOPPABLE

【製作年度】2010年
【製作国】アメリカ
【監督】トニー・スコット
【出演】デンゼル・ワシントン/クリス・パイン/ロザリオ・ドーソン/ケヴィン・ダン/リュー・テンプル/ケヴィン・コリガン/ジェシー・シュラム



【イントロダクション】 
操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備ミスによって走り出す。大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した777号を止めるべく、鉄道会社と警察は手を尽くすが、列車はさらに加速していく。事態を察知したベテラン機関士フランクは、この日初めてコンビを組んだウィルと共に、決死の覚悟で暴走列車に立ち向かう。

【感想】 ネタバレ
リストラ宣告されたベテラン機関士フランク、コネで入社した配属されて4ヶ月の新米車掌ウィル。初めてコンビを組むが馬が合わない。フランクは妻を亡くし二人の娘とはすれ違いの毎日。ウィルは些細な事件から妻子と別居状態。これに無人暴走列車ですから、はっきりいってストーリー展開は完全に観る前から予想できますね。

でも、それでいいんです!!!

我々は、困難に立ち向かうヒーローをがすきなんです!
立ち向かう姿を見て、心離れている家族が一緒になる人間ドラマがすきなんです!
凸凹コンビが最後は、心が通いあう友情がすきなんです!
そして、ハッピーエンドを待ち望んでるんです! ヽ(*^^*)ノ

実写の凄さ、見せてもらいました。
リアルさを追求したが故の大迫力、醍醐味はすばらしい!
やりすぎなくらいの音響効果により緊張感というスパイスを追加され、映画館で目と耳が引き付けられっぱなしです。暴走列車が馬車や貨物をぶっ飛ばすシーンやスタントンの急カーブを列車が傾きながらも通りきるシーンなんか、大興奮!
アンストッパブル2

トニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンのコンビは通算5作品目。それほど相性が良いのでしょうか?もちろん、デンゼル・ワシントンの渋さが至るところで目立ってました。その中に、若いクリス・パインとの駆け引きも大変面白く、見所ですね。
アンストッパブル1

んでもって、列車を停めるシーンが意外にあっさりだったと思ったのは私だけ?新米ウィルのことだから、「停め方が分からん~」ってひと騒ぎ有り、何かにぶつかるギリギリでストップなんて予想していたんですが、考えすぎでした~!

映画自体は、実際に2001年オハイオ州で発生した貨物列車暴走事故をもとに制作されたというのは驚きです。小さなミスが大きな事故にを思い知らされますねぇ。人間だから慣れ、怠りはしょうがないですが、些細な気の緩みがとんでもないことになってしまうという教訓になりました。(といっても、このミスはひどすぎ)

私も私生活、お仕事共に気をつけて行きたいと思います~。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| こわくない映画 | 16:11 | comments:2 | trackbacks:8 | TOP↑

COMMENT

似た映画で暴走機関車ありましたね。
こちらは実話ですネ昔ニュースで見た記憶あります。

| クリコ | 2011/01/26 01:44 | URL |

クリコさん

ありましたね~。
こっちは、実話ですが、とんでもないミスです(怒)

| とら | 2011/01/26 22:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/259-2347f16e

TRACKBACK

アンストッパブル

デンゼル・ワシントン×クリス・パインでおくる暴走列車アクション。 シンプルに楽しめる作品ですね。なにせ列車が盗まれたりテロが起こったとか言うのでなく、ただ人為的ミスで暴走しただけ、しかも危険物を乗っけて。 ベテラン機関士フランクと若き車掌ウィル。2人と...

| いやいやえん | 2011/01/25 15:52 |

映画『アンストッパブル』

 新年一発目の映画観賞。気がつくと外国映画を長いこと観ていなかったので、久しぶりに。  ペンシルバニア州のフラー操車場。大量の可燃性化学物質を積んだ39両編成の大型貨物列車777号が、ブレーキ操作...

| 闘争と逃走の道程 | 2011/01/23 22:42 |

暴走無人列車~『アンストッパブル』

 UNSTOPPABLE  ペンシルバニア州の操車場で、危険な化学物質を搭載した無人貨車が暴走 を始めた。ベテラン機関士のフランク(デンゼル・ワシントン)と新米車掌のウィ ル(クリス・パイン...

| 真紅のthinkingdays | 2011/01/23 20:22 |

アンストッパブル

  操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備ミスによって走り出す。大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した777号を止めるべく、鉄道会社と警察は手を尽くすが、列車はさらに加速していく。事態を察知したベテラン機関士フランク(デンゼル・ワシントン)...

| voy's room | 2011/01/23 20:03 |

映画 「アンストッパブル」

映画 「アンストッパブル」

| ようこそMr.G | 2011/01/23 19:53 |

映画「アンストッパブル」 感想と採点 ※ネタバレあります

映画『アンストッパブル(デジタル上映)』(公式)を、本日(1/7)鑑賞。初日の上映で、観客は20名ほど。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点。 ざっくりストーリー ペンシルバニア州の操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備員

| ディレクターの目線blog | 2011/01/23 17:26 |

『アンストッパブル』 45年前の日本人は正しかった!

 『アンストッパブル』の冒頭のカットに、ピンと来た人も多いだろう。  朝の操車場。  仕分線に並んだ多くの列車。  ガタタン、ガタタンと、貨車の触れ合う音が響く。  これは、黒澤明監督が撮ろ...

| 映画のブログ | 2011/01/23 17:08 |

映画「アンストッパブル」@よみうりホール

 試写会の主権はラジオNIKKEIさんと東京建物さんだ。映画上映前に篠崎菜穂子さんの司会で前説と、宿泊券、ウォークマン、クオカード、プレスシートが当たる抽選会が行われた...

| masalaの辛口映画館 | 2011/01/23 16:43 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT