PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宇宙戦争

『宇宙戦争』
 WAR OF THE WORLDS

【製作年度】2005年
【製作国】アメリカ
【監督】スティーブン・スピルバーグ
【出演】トム・クルーズ/ダコタ・ファニング/ティム・ロビンス/ジャスティン・チャットウィン/ミランダ・オットー/ジーン・バリー/アン・ロビンソン



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
レイには、別れた妻との間に息子のロビーと娘レイチェルがいた。子供達との面会の日、異変は唐突に訪れた。空が黒い雲に覆われると強風の中、激しい稲光が地面に巨大な穴を空ける。すると地中で何者かが激しくうごめき始めたのだった。町が破壊され人々がパニックに陥る中、レイは子供達のもとへ駆けつけ、彼らを守るため懸命に奔走するのだ。

【感想】 ネタバレ
これ、当時映画館に観にいきました。どえらい迫力&大音量だった記憶有り。
「トライポッド」が発する音が余りにも不気味で、耳をふさぎたくなる気分。。。
宇宙戦争1

理不尽に殺されていく人類。ひたすら逃げることしかできない人類には希望も何もない。地球上で敵無しの人間に対しての戒めのように。人間は、自分の命の危機が訪れると、自分の事しか考えられない。誰一人他人を助けることをせず、他人を蹴落とし、必要な物は同じ人間の命を奪っても盗っていく。

その中で、トム・クルーズ演じるいわゆる駄目パパのレイと二人の子供との人間関係をテーマに映画は進みます。不器用な父親は、この窮地で出来ること、それは子供たちを母親の元に届けること。それしか出来ない彼ですが、守ることが必要になったとき、ようやく彼は大事なものを見つけました。レイも子供を守るためなら、害敵がたとえ人間であろうとも殺します。このシーンには、ぞっとしましたが同時に父親の強さを感じれました。
宇宙戦争2

さて、賛否両論のラスト。
人間が一網打尽にされ続けた宇宙人を倒したのは、微生物でしたオチ。人間は地球で微生物と共存していたため免疫が付いていたのだが、外部生物の宇宙人には脅威の生物でしたと。なかなか考えられたオチですが、さすがに映画としては、アララと肩透かしを食らった気分。ここまで盛り上げておいて、これから人間の大反撃だ~っていかなかったのね・・・。

映画の中で、大阪ではトライポッドを何体か倒したらしいという台詞があるのだが、これはスピルバーグが数多くの怪獣映画を製作している日本に対する敬意といわれています。すんごく、日本人がどうやって倒したかが気になるところですが(笑)

個人的には、スピルバーグらしい作品と思いますし迫力も有り、なかなか面白かった作品でした。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| SF、エイリアン | 20:32 | comments:16 | trackbacks:5 | TOP↑

COMMENT

トライポッドが地中から出てくる場面は凄いですよね~実際の映像みたいで~ 1950年版も微生物で宇宙人は全滅でしたよ。
原作は隕石から宇宙人が出てきてトライポッドをなんと組み立てマス!!
発想がスゴイですよね~(~_~;)

| クリコ | 2011/04/07 21:51 | URL |

DVD持ってます

世間の評価に反して、意外と好きなんですコレ。
ゴジラの泣き声の様なトライポッドの音や、
地面から出てくる場面は最高です。
ただ、その他がダルダルでしたけど・・。
大阪のトライポッドは、
多分、道頓堀に落ちたんでしょう(笑)

| りとら | 2011/04/07 23:44 | URL |

☆クリコさん
ドライッポドが出る場面は、映画館で観ると圧倒されましたよ。。。
大迫力でした。

原版は有るのは知っているのですが、実際観たことないんですよね。
組み立てるってのは、確かに凄い発想です。
観てみたいようで、古すぎてなかなか手をだせない。。。

☆りとらさん
私も、世間の評判悪すぎると思いますね。
スピルバーグ&トム・クルーズってだけで、ハードルが上がってるのは確かですが。
なるほど、大阪は道頓堀に落ちて、きちゃない菌にやられたのね~。

| とら | 2011/04/08 19:49 | URL | ≫ EDIT

トラックバックありがとうございました。

私もこの映画好きです!
おそらくこの映画の内容に不満な人は、このSFの原作がいつ作られたのかを知らないのでしょう。

スピルバーグ監督は宇宙船といい恐竜といい荒唐無稽なものをリアルに撮るのが本当に上手いですよね。
カメラアングルや演出は相変わらず素晴らしくてすっごい勉強になりました。

| ゴーダイ | 2011/04/11 22:31 | URL |

おはようございます。
映画館で見ましたけどスンゴイ音でしたね。
ストーリー自体はまぁまぁな感じでしたけど
やっぱ特撮圧巻でしたね。
改めてスピルバーグさんの最先端技術を堪能しました。
あの長男の行方はどうなったんでしょうね?

| しもうま | 2011/04/12 08:38 | URL |

☆ゴーダイさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

そうなんですよね、意外と世間一般の評判が悪いんです。
リメイクということは知らないんでしょうね。
でも、スピルバーグらしい映像だと思いますし、トム・クルーズの良さも出ていたと思います。

ラストは拍子抜けですが、考えさせられる終わり方でも有りますし。

☆しもうまさん
すんごく迫力有りすぎて、耳痛くなるほどでした。
この頃って、今の映画館以上に音量がでかかった気がしますが、気のせいでしょうか?

長男は、最後は戻ってきていましたよね?
違いましたっけ?

| とら | 2011/04/12 20:54 | URL | ≫ EDIT

こんばんは

長男ラストで生還していましたよw
私も映画館で観たのですが、音響がすっごい大迫力で怖かったです。特にあの冷たい雷の爆音がw
これテレビやDVD(←持ってる)じゃ全然印象違いますよね。

| ゴーダイ | 2011/04/12 22:12 | URL |

ゴーダイさん

映画館とDVDやTVは全然違いますね。
なので、私は映画館で観るものは、迫力ある映画を観るようにしています。
やはり、音を楽しむというのも一つの楽しみ方ですね。

| とら | 2011/04/14 21:22 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。

「宇宙戦争」は私も大好きな作品です。
これってその時代の映像技術のレベルを計れる作品の一つじゃないでしょうか。同時公開の「スターウォーズEP3」の方が高コストで美麗なんですが特別感心することもなく。
「宇宙戦争」はトライポッドの描写も見事ですが、クルーズ親子が車で逃走するところが作品中もっとも特筆すべきシーンでないかなと思います。ああいう画作りできるセンスに技術ってやっぱ凄いですよね!

ところで、トライポッドのブォ~~ンって唸りは「未知との遭遇」の母船が発する音と同じだか同じ出し方だとか。。。違ってたらごめんなさい。

| umetraman | 2011/04/16 12:27 | URL | ≫ EDIT

umetramanさん

映像、音響共に凄い技術で、迫力満点でしたね。
もし、今作ったら3Dとかになりそう・・・。

私も、車で逃走するシーンは、良いと思いました。
画作りもよいですね。
車を盗まれるシーンも、人間の醜さを表した見所あるシーンでした。

トライポッドの唸りと「未知との遭遇」は同じなんですね!
それを聞いて、ネットで調べたらおんなじ音を使っているとのことでした。
スピルバーグらしいですね!

| とら | 2011/04/16 20:29 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。

これは…私は駄目でした。(^^;
昔オリジナルを観ていたことも原因の一つなのかもしれませんけど、良くも悪くもトム・クルーズの映画なんでしょうね。

でも特撮、アクションシーンは当時最高の技術が使われていたのでしょう。迫力といい音響といい、私も劇場で観ましたが圧倒されました。
ただ、逆にツッコミどころの多い作品にもなったようです。

※大阪はやっぱりボケとツッコミで倒したんじゃないかなって。(^^)

トラックバック&ぽちっとさせていただきました。

| 白くじら | 2011/04/17 18:21 | URL | ≫ EDIT

白くじらさん

駄目派でしたか~。
確かに、この映画はトム・クルーズ色が強いと思いますね。
主演が彼ではなく、もう少しマイナーな俳優だったほうが、良かったのかも。

迫力は満点でした。
その勢いで、ラストも人間の逆襲といって欲しいところ有りましたね(笑)

大阪強し!
どうやっておばはんパワーで倒したのかも!?

ぽちありがとうございます~。

| とら | 2011/04/18 20:37 | URL | ≫ EDIT

日曜日に放送してましたね(>_<)

温泉センターに行っていて椅子に座って観てましたよ(笑) 皆宇宙戦争つけてましたね。改めて観たら、すごいスケールでおもしろいんだけど、でもショックかもなぁ... こんなすごい映画を製作するなら、主演トム・クルーズじゃなくてもいいですよね? そして息子と娘は、死なないと想うので正直邪魔です(>_<) 例えば10人位の若者チームが主人公達で、そして一人ずつ怪我したり死んでくって感じにしてほしかったです。私以外の観客も、それを望んでいたと想いますね。内容の中でも、宇宙戦争やっちゅーのに死体の山を娘に観るな見るなって... そりゃムリです。そして残酷かもしれませんが見せるべきです。普通は、あっけなく死んでる筈なのに自分は生きてるという事を子供に教えるシーンだと想いましたね。製作側は、家族の絆を描きたかったと述べていましたが、私は『生きている事、生命』についてだと想いますね。宇宙戦争が起こった=逃げようって感じにしか見えませんでしたね。ってか、家族のドラマとか要らないので残虐なシーンが観たかったんだよチクショー(+_+)

| ウォッチ | 2012/06/06 14:50 | URL |

ウォッチさん

残虐シーンがお望みでしたか。
まぁ、スピルバーグなので、そこは望めなかったですね。。。
家族愛も、スピルバーグならではという感じです。

私が残念なのは、人間の逆襲を見たかったですね。
ラストは、微生物により勝利でしたが、もう少し人間のがんばりも見たかったですねー。

| とら | 2012/06/09 08:53 | URL | ≫ EDIT

見ている間ずっと子供2人(特に娘)に殺意が湧いていた自分 orz
子供が出て来る映画は見ない方が良いのかも… 

大阪で~の下りで「日本にはあんな地球防衛軍やこんな地球防衛軍がいるからなー」と思わずニヤリとしました。(因みにEDF)

| 夕 | 2012/12/28 01:45 | URL |

夕さん

きっと、ませた子供が出る映画がだめなんでしょうねー。
やっぱり、子供は子供らしくですよね。

そうですねー。
日本には、いろんなEDFいますね~(笑)

| とら | 2012/12/30 00:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/261-babcd5f5

TRACKBACK

宇宙戦争(評価:◎)

【監督】スティーブン・スピルバーグ 【出演】トム・クルーズ/ダコタ・ファニング/ティム・ロビンス/ミランダ・オットー/ジャスティン・チャットウィン 【公開日】2005/6.29 【製作】アメリカ ...

| シネマをぶった斬りっ!! | 2011/04/23 23:17 |

宇宙戦争(2005年版)

2005年版(WAR OF THE WORLDS) 監督:スティーブン・スピルバーグ 製作:キャスリーン・ケネディ、コリン・ウィルソン 製作総指揮:ポーラ・ワグナー 原作:H・G・ウェルズ 脚本:ジョシュ・フリードマン、デヴィッド・コープ 彼らは、すでにここにいる…。 ある日のこと、湾岸…

| MOVIE-DIC | 2011/04/17 18:15 |

宇宙戦争 (2005) WAR OF THE WORLDS 114分

 大阪は強かった(笑)

| 極私的映画論+α | 2011/04/13 06:53 |

★「宇宙戦争」

6/29(水)世界同時公開なので週末のレイトショウで観ようかなっ・・・て思ってたけど。 午前零時きっかりから上映するところもあるのを発見。 TOHOシネマズ川崎で観て来ました。 ネット予約して・・・しかも初プレミア・スクリーン。 シートはゆったりしてるし、ポ...

| ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ | 2011/04/12 23:36 |

宇宙戦争 WAR OF THE WORLD (2005年)

 駄目親父トムさんの子育て奮闘記。  子供達との約束の時間に遅れる、居間には巨大なエンジン置きっぱ、冷蔵庫のミルクは腐り、学費の件で本気で怒り、食い物は出前を頼んどけ、雷がなったらイの一番に逃...

| RETRAの奇妙な映画館 | 2011/04/07 23:46 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT