PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ぼくのエリ 200歳の少女

『ぼくのエリ 200歳の少女』
 LET THE RIGHT ONE IN

【製作年度】2008年
【製作国】スウェーデン
【監督】トーマス・アルフレッドソン
【出演】カーレ・ヘーデブラント/リーナ・レアンデション/ペール・ラグナー/ペール・ラグナル/ヘンリック・ダール



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
ストックホルム郊外の小さな町。集合住宅に母親と2人で暮らす12歳の少年オスカー。同級生のイジメに苦しみながらも、誰にも助けを求めることが出来ず、ただ復讐を夢想してはじっと堪え忍ぶ日々。そんなある晩、彼はひとりの謎めいた少女と出会う。自分よりも大人びた彼女に次第に心惹かれていくオスカーだったが…。

【感想】 ネタバレ
人間とヴァンパイアの切ない恋。といえば、『トワイライト』を思い出しますが、それが足元に及ばない程の名作でした。ちなみに恋愛映画大嫌いの私なのですが、こういう恋愛は大好物!

スウェーデンの綺麗な雪化粧風景の中、静かに淡々と進む、幼い恋と残酷な殺戮。相反する2つが見事に融合し美しさすら感じてしまう。12歳の子供だからといって映画の質も一切落としておらず、2人の演技に完全に心をうたれてしまいました。

いじめられっこのオスカーに勇気をくれるエリ。エリのおかげで、オスカーはいじめられっこに仕返しをすることができました。暗い過去を持ったエリに好意を抱くオスカー。オスカーのおかげで、エリの心にも温かさがともった。徐々に近づいていく二人。でも、決して幸せになれない禁断の恋。
ぼくのエリ1

エリの父親と描かれていた男性。はっきりとした説明無いですが、彼もまたオスカーと同じくエリを愛してしまった一人でしょう。年齢が止まったままのヴァンパイアに対し、年齢を重ねていく人間にとって、一人衰えていくことは辛いこと。次第に年齢が近いオスカーに惹かれていくエリに、「今夜は会わないでくれ」の一言が印象的。命までかけてエリを守る彼もまた、エリに魅せられた人間。

オスカーも必ず同じ運命をたどるんだよね・・・・・・。

過酷なヴァンパイアのルール。日に当たれない、血を吸って生きるというのは当たり前でしたが、この映画で初めて知った(この映画だけか?)ルール。歓迎されないと部屋に入れない。へんてこなルールだが、守らないと血だらけになってしまう。個人的には、このエリの血だらけシーンがやけに印象的でした。
エリのルール

ラストのプールシーンでは無音の中、頭や腕が引きちぎられていく。残酷なシーンなのに、エリの美しい顔のアップとオスカーの微笑みのおかげで、一転綺麗なシーンになってしまった。モールス信号を送りながら、二人の恋はどこまで行くのだろうか。

見事な作品は、やはり数々の賞に輝いています。もちろんハリウッドリメイクも決定。でも、この雰囲気はスウェーデンであったからこそ作れたものでしょう。

最後にクレームを作品ではなく、日本の配給会社&映倫に出さないといけません。
まずは、タイトル。“200歳の少女”は余計でしょ!このタイトルのおかげで、すっかり観る前に先入観を持ってしまった。もう一つは、エリの着替えシーンでの股間のボカシ。これに関して調べてみると、本来は去勢された傷跡になっているようです。そうなんですエリは男性!オスカーはそれをみて驚くというシーンなのだが、ボカシを入れられているため、物語の重要なシーンで意図が全く伝わってこないのです。(私もネットで調べて初めて分かった)

フリーセックスで有名(性犯罪でも)なスウェーデンに対し、まったく卑猥ではない映像にまで股間ということだけでモザイクをかけてしまう、古い考えの日本のスタイルにあきれるばかり。

【満足度】


【関連記事】
モールス

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| ゴシック | 21:49 | comments:14 | trackbacks:10 | TOP↑

COMMENT

なんか良さそうですね。
我が地域のレンタル屋にあるかなぁ~

小野不由美の「屍鬼(しき)」って読まれました?
文庫で全5巻あるんですが面白かったですよ~
その中でも「招かれないと家に入れない」って設定があったんで、もしかしたらお約束の一つなのかもしれませんね。

ではダメ元でレンタル屋へGO~

| しもうま | 2011/02/17 10:40 | URL |

しもうまさん

エログロだけでなく、こういうしっとりした映画も観ないといけません!(笑)

レンタル屋あるんじゃないですかね?
かなりの賞をとった作品なんで、意外と有名だと思いますよ。

うちのレビュー読んだらかなりネタバレですが、面白かったので、是非みてください。

読んだことはないですが、やっぱりそういうお約束があったりするんですか?
知られていないだけで、ルールがあるのでしょうか?

| とら | 2011/02/17 22:00 | URL | ≫ EDIT

これは好みかもしれません(^-^)

しかし近所のTSTAYAの閉店のおかげで最近DVDを見ていません(T_T)
とらさん、今はどうやってるの?

| Kazu | 2011/02/20 09:37 | URL | ≫ EDIT

Kazuさん

この映画はお勧めです!

レンタルは私は、オンラインレンタル。
TSUTAYA DISCASで、月4本借りて980円です。
以前月8本にしてましたが、見切れないので。。。
新作もOKなので、新作ばかり借りたら、何気にレンタル店と値段あまり変わりませんし、やっぱり宅配されるので楽ですよ~。
なんでも揃ってますし。

4本以上見たいときは、リバティー又はメガタックでレンタル借りてます。
車があれば、駐車場充実していますよ。

| とら | 2011/02/20 15:59 | URL | ≫ EDIT

アメリカとはまた違う美しい作品でした。

只、これは誰もが書いている事ですが、あの余計なボカシが作品の良さを台無しにしてしまっています。

それと邦題にも問題あり。
題名でネタバレしてどうするって話ですよ。
てか200歳って誰が言ったんでしょうか?

| ヒロ之 | 2011/02/22 00:37 | URL |

ヒロ之さん

この映画の雰囲気が、スウェーデンの寒い雪景色にとっても合っている気がしました。
エリを演じた彼女も、子供とは思えないくらい役にはまってて、すばらしいなぁって思いましたね。
私でも、エリに一生ささげてしまってもいいかな~って思える自分がいました!!!

邦題&モザイクは、腹立ちますね。
日本のバカ。

| とら | 2011/02/22 23:15 | URL | ≫ EDIT

ありました!借りれました!見ました!

いや良かった・・・
病院での男性の顔と最後のプールで「お!やるじゃん!」と思った自分が「汚れている」気がする程良かったです(笑)

最初エリ役の人「あんまり可愛くないけど・・」と思ってたんですが、なんなんでしょう見終わった後の美しさは・・・
あの「目」なんですかねぇ

確かにエログロオンリーではなくたまにはこんなのも良いもんですね(笑)ありがとうございました。



| しもうま | 2011/02/26 21:01 | URL |

しもうまさん

観れて良かったですね~。
知る人ぞ知る、隠れた名作ですから。

意外とグロシーンもあり、その点も、評価できますね。
といっても、静かに流れていく、ストーリーがすばらしかったですが。

エリは、不思議かなだんだん大人に見えていきます。
そして魅力に惹かれる。
これがバンパイアの魅力!?
実際に出会ったら、オイラも恋しそう!

これからも、こういった世間ではそこまで騒がれていないけど、名作ってのを探し出しますね~!

| とら | 2011/02/27 11:39 | URL | ≫ EDIT

深いぃホラーですね

ぼかしや顔面から流血には、そんな意味があったんですねぇ・・。
ネタ目的で映画を鑑賞していると、真のテーマに気付かないもんですなあ(しみじみ)。
もっと注意して観ないといけないっすね^^;
しかし、邦題は難しいですね。他の国はどうしてるんでしょうか。
そのまま訳してるんでしょうかね?

| りとら | 2011/07/10 17:24 | URL |

りとらさん

そうなんですよ~。
ぼかしは、ひどいですね。
ストーリーが全然変わってきちゃいますから。

ちなみに、リメイク版は、女性にしているみたいです。
まぁ、話の流れ的には女性の方が、分かりやすいですがね。

邦題は、やらかしちゃうこと多いですよね。
困ったものです。

| とら | 2011/07/11 20:50 | URL | ≫ EDIT

ホラーと純愛の融合

たった今観終わりました。
震えが止まりません、感動と恐怖が交錯してます。
純愛ホラーという新しいジャンル誕生の瞬間ですね。

しかしコメントに困る作品ですね、余りにも悲しくまた恐ろしくて堪りません。
こんな作品は初めて観ましたし、今後観る事もないでしょう。(モールスはまだ観てませんが、別物と考えます)
ただこれだけは言えます、オスカーとエリは強い絆で結ばれていると。
それを愛と呼んでいいのかはわかりませんが。

彼等の今後を考えると悲劇しかない(オスカーだけが年齢と共に衰えていく)のは目に見えていますが、それでも敢えて一緒にいる事を選んだ二人(特にオスカー)の決意に激しく胸を打たれました、それを思うと涙が止まりません・・・・・・・

皆さんが指摘してる2点「モザイク」と「邦題」については、モザイクにさほど気になりませんでしたが(無い方がいいに越した事はありませんが)、邦題はいただけないですね。
タイトルがネタバレになっちゃいかんでしょう?それ以前にセンス無さすぎです。
単に「ボクのエリ」でいいでしょう?

さてモールスいってみますかね!待ってろクロエちゃん!

| マローダー | 2012/01/30 01:48 | URL |

マローダーさん

よかったです。
先に、オリジナルを観ていただいて。
リメイクを観てオリジナルだと、今思っている感情は出てこなかったと思います。

スプラッター映像をみて、歓喜するのもいいんですが、たまにはこういう映画もいいかな~って思う瞬間です。
同時に、映画ってすばらしいと感じますね。

先に父と思われた人で表現されていますからね、彼等の行く先は、見た我々の想像に任せます的に終わりますが、悲しい結末になることは必死ですね。
う~ん、男は悲しいぃ!

クロエちゃんのほうも、悪くは無いですよ。
ただ、ストーリーは全く同じです。
雰囲気の差を楽しみください。

| とら | 2012/01/30 22:01 | URL | ≫ EDIT

気になる映画のレヴューを見がてら、好きな作品だったのでカキコ。


「招かれない家には入れない」というのはお約束事の1つ。
変わった所では「流れる水(河とか海とか)を(自分では)越えられない」、「鏡に姿が映らない」とかもあります。
吸血鬼映画を見るときはこれらの細かなお約束を「幾つ打ち破るか」が楽しみの1つw
この作品は破ってる数が少ないながらも作品として成立してるので大好きな作品。

2人の過去については原作になる小説とインタビューで映画よりも仔細が描かれています。
翻訳された物(映画のノベライズではなく)もあったと思うので興味があったら図書館で探してみる事をオススメします。
映画版は原作者自らが脚本の執筆をしていますが時間的に削られた部分がありますので。

| 通りすがり | 2012/11/28 18:03 | URL |

通りすがりさん

コメントありがとうございます。

招かれないはそうみたいですね。
この作品の後、ヴァンパイア作品ほかにもいろいろみましたが、以外にこのルールあるみたいですね。知識不足でした。

ほぉ、お約束を打ち破るかを楽しみってのは、新しい見方ですね。ぜひ、私もそういう観点で次は観たいと思います。

原作は、みたいですね。
映画はどうしても尺があるので、省略してますので、原作探して、改めて楽しんでみます。

また、通りすがってください!(笑)

| とら | 2012/11/28 23:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/264-8b7d1a77

TRACKBACK

ぼくのエリ200歳の少女 Låt den rätte komma in (2008年)

更新が遅れたりもするけれど、りとらは元気です! ♪優しさに~包まれt・・ いやー最近、普通の男の子に戻りたくてプチ引退してました。でも安心してください。まだまだ引退はしません。てゆーかただのサ...

| RETRAの奇妙な映画館 | 2011/07/10 17:26 |

「ぼくのエリ 200歳の少女」

生への執着力に吸い取られるぼく。 「200歳の少女」とはとんでもないながら頭にこびり付く副題である。 しかしいくら注意して観ても劇中でエリが200年生きているという証はついに出てこなかった。 いじめられっ子の主人公・オスカーと吸血少女のエリ。明るさとは無縁...

| Con Gas, Sin Hielo | 2011/02/23 01:02 |

ぼくのエリ 200歳の少女

LAT DEN RATTE KOMMA IN/08年/スウェーデン/115分/ヴァンパイア・ホラー・サスペンス・ロマンス/PG12/劇場公開 監督:トーマス・アルフレッドソン 原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト『モールス』 出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデショ...

| 銀幕大帝α | 2011/02/22 00:35 |

『ぼくのエリ 200歳の少女』・・・

2008年:スウェーデン映画、トーマス・アルフレッドソン監督、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト原作&脚本、カーレ・ヘーデプラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナル出演。

| ~青いそよ風が吹く街角~ | 2011/02/18 01:57 |

『ぼくのエリ 200歳の少女』

映画館のポイントが貯まっていたので、県内では、その映画館でしか上映されないので気になっていた、スウェーデン映画の『ぼくのエリ 200歳の少女』を観てきました。 あらすじは ストックホルム郊外に母親と2人で暮らす12歳の少年オスカーは苦痛に満ちた毎...

| Matthewの映画日記? | 2011/02/18 01:47 |

ぼくのエリ 200歳の少女【試写会】

作品情報 タイトル:ぼくのエリ 200歳の少女 制作:2008年・スウェーデン 監督:トーマス・アルフレッドソン 出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナー あらすじ:ストックホルム郊外で母親と暮らす12歳のオスカー(カーレ・ヘーデ...

| ★★むらの映画鑑賞メモ★★ | 2011/02/18 01:20 |

ぼくのエリ 200歳の少女

ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]北欧特有の冷気と幻想の中で繰り広げられる残酷で美しいメルヘン。孤独な少年とヴァンパイアの少女の結びつきを、ポエティックに描いていく。12歳のオス ...

| 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP | 2011/02/17 23:51 |

ぼくのエリ 200歳の少女  監督/トーマス・アルフレッドソン

【出演】  カーレ・ヘーデプラント  リーナ・レアンデション  ペール・ラグナル 【ストーリー】 ストックホルム郊外に母親と2人で暮らす12歳の少年オスカーは苦痛に満ちた毎日を送っていた。学校で陰湿な苛めにあっているのに誰も気づかない。それほど孤独だった。あ...

| 西京極 紫の館 | 2011/02/17 23:08 |

ぼくのエリ 200歳の少女

7月5日(月)@ヒューマントラストシネマ渋谷で鑑賞。 この日は某所で「瞳の奥の秘密」を観てから会社にとんぼ返り。 戻りは土砂降りに近い雨に降られて少しめげた。 会社に戻って一所懸命お仕事を片付けてから再び渋谷へ出発。 大車輪の活躍で、自分で自分を褒めて...

| あーうぃ だにぇっと | 2011/02/17 22:30 |

ぼくのエリ 200歳の少女

公式サイト。原題:LAT DEN RATTE KOMMA IN、英題:LET THE RIGHT ONE IN。スウェーデン映画、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト原作、トーマス・アルフレッドソン監督。カーレ・ヘーデブラント ...

| 佐藤秀の徒然幻視録 | 2011/02/17 22:11 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT