PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

地獄の門

『地獄の門』
 Paura nella città dei morti viventi

【製作年度】1980年
【製作国】イタリア
【監督】ルチオ・フルチ
【出演】クリストファー・ジョージ/カトリオーナ・マッコール/ジャネット・アグレン/ミケーレ・ソアビ/カルロ・デ・メイヨ/アントネッラ・インテルレンギ



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
神父の自殺という背徳行為によって、呪われた地ダンウィッチでは“地獄の門”が開かれようとしていた。事件を知った記者と女霊媒師は彼の地へ赴くが…。

【感想】
『サンゲリア』のヒットで気を良くしたフルチおやじが、続く作品として、ひたすらグロに突っ走りまくったのがこの作品。

神父が首吊り自殺して地獄の門が開いてしまった。
開いたから、死霊が襲ってきてやばいから、早く門を閉めなきゃ!
はい、物語はこれだけです ((((((ノ゚⊿゚)ノ

相変わらず支離滅裂で、ストーリーもへったくれもなく脚本なんてあったもんじゃない。全く持って無意味なシーンや繋がらない話、中途半端に切れる映像と、あまりにもひどい作品。素人が観ても、なにこれ・・・と思うような展開ばかり。

なのに、観るものをひきつけるものは、ひたすらきもちわるいグロシーンオンパレードのフルチワールド満載だからなのです。しかも、グロすべて名(迷)シーンと言えるできばえ・・・!?

ゲロのように口から内臓を吐く女
地獄の門1
とめどなくキモイ物を吐き出します。(本物のラマの生肉らしい)

ドリルでこめかみ貫通
地獄の門2
なんとストーリーに全く関係ない人間関係のいざこざシーンなんです・・・

蛆虫豪雨
地獄の門3
部屋中が蛆で量ハンパねぇ~

えぐい顔でゾンビ化した被害者
地獄の門4
顔がぬちょちょです。。。

後頭部をわしづかみして脳みそつぶし
地獄の門5
3回登場しますが、ある意味、神がかりなグロシーンかも・・・。

そして、ラストはどう考えても?????
フルチ作品に意味を求めてもしょうがないですが、全く分からん・・・。

グロ中心のレビューになりましたが、映画もこんな感じです。
このレビューはある意味正解です!(笑)

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| カルト、悪霊 | 20:56 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

昔、輸入ビデオで見てたら親に、そんな映画みてんじゃねえーと怒られました~(-_-;)
只この映画米国ではかなりのロングランヒットだったらしいですね。
内臓逆流と脳みそ潰しが個人的には好きでした昔は。最近はイタリア映画みかけませんね~またパクリ映画たくさん作って欲しいものデス。

| クリコ | 2011/04/11 21:13 | URL |

おはようございます。
ダンウィッチという地名に惹かれますねぇ
でもそんなのはどうでも良い内容っぽいですね(笑)
面白そうなんでレンタル屋へGO~

| しもうま | 2011/04/12 08:34 | URL |

☆クリコさん
私も、この映画(というか、フルチオヤジの映画)を、子供が見ていたら、怒るかもですね(爆)
こんな、クソ映画は、物好きだけが手を出すものかと・・・。
同じく、内臓と脳みそが、神がかりてきな映像と思いました~!
最近は、イタリアよりフランスホラーが盛んで名作多いですね!

☆しもうまさん
あれ~、観てないですか?
こんな、ひどいグロ映画観ていないなんて珍しい(笑)
恐らく通常のレンタル屋置いていないですよ。
さらに、面白くも無いです。
グロ限定で面白い!?

| とら | 2011/04/12 20:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/274-863bff3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT