PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エレファント・マン

『エレファント・マン』
 THE ELEPHANT MAN

【製作年度】1980年
【製作国】アメリカ/イギリス
【監督】デヴィッド・リンチ
【出演】ジョン・ハート/アンソニー・ホプキンス/アン・バンクロフト/ジョン・ギールグッド/ウェンディ・ヒラー/フレディ・ジョーンズ



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
医師トリーブスは、見世物小屋で「象人間」としてさらし者にされていたジョン・メリックを発見する。医学研究のために彼を買い取って病院に隔離して生活させるが、メリックが高い知性と純粋な心を持っていることが分かり心の交流が生まれる。しかし、そのことが世間に知られるようになると、メリックに近づいてくる偽善的な人々が彼の心を深く傷付ける。

【感想】 ネタバレ
エレファント・マンと呼ばれた男、彼は額から頭部に渡り肥大化し唇はゆがみ、体のいたるところに腫瘍があり、歩行すら困難という生まれつきながらの奇形人。
エレファントマン

彼を利用するも周りの人々・・・。

見世物小屋で儲ける男。
会うことで名声を高めようとする偽善な金持ち達。
興味本位で彼を見るツアーを開催する男と客。
彼を救い出した、外科医のフレデリックでさえ研究材料に。

本当に醜いのは、エレファント・マンの外見ではなく人間の心・・・。

「私は人間だ!」
まさしく、彼の心の叫び。

それでもエレファント・マンは、今まで味わったことが無いフレドリックの親切に心を開き感謝していく。彼にとっては産まれてはじめての友人なのでした。

ベットに横になって眠ること、人間が当然としてできること。
最後は、その人間が当然にすることで、そっと命を落としていきます。
彼は、普通の人間として生きていきたかっただけなのだ・・・。

なんとも、難しく悲しく暗い映画でしょう・・・。

エレファント・マンと呼ばれたジョン・メリックは、実在した人物です。
現実の彼は、自ら見世物小屋に働き口を求め、興行師には寛大に扱われ、自立できる収入を得ていた。しかし社会的に見世物小屋を反対する風習と共に、職を失って貯えも取り上げられると共に、医師フレデリックに保護され、皇太子妃の訪問を受けるなど次第と上流階級に名声が出ていたようです。実際も、偽善、興味という中で過ごしたに違いない。

一番彼を利用して儲けたのは誰か!?
一番彼を見世物にしたのは誰か!?
それは、デヴィッド・リンチ監督なのかもしれない・・・。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| ヒューマンドラマ | 20:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初見は小学生でした

テレビで放送されたのを、何回か観ました。
というか懐かしい~w
子供の時は、只の興味本位で観てましたね。
でも、改めて再観賞したい作品。
確かに「私は人間だ!」の叫びは
強く印象に残っています。
特殊メイクも、この当時としては中々のモノ。

同じ様な作品の「マスク(1984年)」も、
感動的で考えさせられる作品でした。
こちらは恋愛や青春要素が強いですが。
エリック・ストルツは特殊メイクが似合いますねぇw

| りとら | 2011/04/16 20:51 | URL |

昔日本でもかなり流行りましたね。
イレイザーヘッドの方が個人的には好きデス。
いろいろな見方があるみたいですよねホラー、芸術、幻想、など。
ボクにはやはりホラーにしか見えませんデス。

| クリコ | 2011/04/16 23:46 | URL |

これまた懐かしい・・
小学校の時に学校で見に行くように言われて見ました。
怖いような面白いような悲しいような思いで見たんですが、
後で担任から「最後の場面は死よりも横になって眠る方を選んだのよ」と聞かされて、妙に切なくなった記憶があります。
今思えばあの時は純粋だった気がしますオレ様・・・

いやぁ数十年で汚れた汚れた。

| しもうま | 2011/04/18 16:26 | URL |

☆りとらさん
今、改めて観ると考えさせられる映画ですね。
子供に見ろといわれても、やっぱり今だから分かるということがあると思います。

メイクは、実物のジョン・メリックとかなり近いものがあるんではないでしょうか?
違和感無く思えました。

『マスク』ありましたね~。
ジャンルは違いますが、マスクの変化などはすごかったですね。

☆クリコさん
流行りましたね~。
その当時、観ても良く分かりませんでしたが。

ジャンルといわれると、、、難しいですね。
芸術作品には見えませんね。
人間の醜さを描いているので、ヒューマンドラマにしましたが。

☆しもうまさん
はい、新旧作品を入り乱れて紹介するのが、当ブログの売りです~♪
学校で、この映画を観るようにというのも時代ですかね。
今なら、絶対そういうこと言う学校はないでしょうね。

昔見た、映画を振り返ることで、感情を思い出すのも良いですよ(笑)

| とら | 2011/04/18 20:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/275-644b7544

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。