PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スリープレス

『スリープレス』
 NON HO SONNO/SLEEPLESS

【製作年度】2001年
【製作国】イタリア
【監督】ダリオ・アルジェント
【出演】マックス・フォン・シドー/キアラ・カゼッリ/ステファノ・ディオニジ/ガブリエル・ラビア/ロベルト・ジベッティ/ロッセラ・ファルク



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
とあるアパートでひとりの若い母親が無惨に殺害される。駆けつけたモレッティ警部は、母の死体を前に呆然と立ち尽くす少年ジャコモに、「犯人は必ず見つけ出す」と誓うのだった。それから17年後、当時との関連を示す連続殺人事件が発生した…。

【感想】
原点回帰とダリオ監督自体が語ったミステリーとゴブリンの音楽の見事なまでの融合は、ダリオファンとしては心躍る展開と音楽でした♪ ホラー色強いダリオ監督ですが、やっぱり彼のミステリーは先が読めずいいですねぇ~。私は、ラストまで犯人が分かりませんでしたよ!

母を殺された少年に「犯人は必ず見つけ出す」と誓った警部モレッティ、17年の時を経て当時と関連する連続殺人事件に対し、17年前の約束を果たすべく、大人になった少年と引退した刑事が協力し事件を追いかけていく状況がなんとも面白い。

殺人シーンは、残酷かつ斬新に展開されグロイシーンも有りますが、ダリオ監督としては控えめ。といっても、電車の中での女性殺害シーンや、楽器で顔を突き刺して殺害するシーンなどは強烈に印象を残します。殺害シーンの鮮烈な赤色というように、色彩のこだわりも健在でした。
スリープレス1

ちなみに、ダリオ作品に出てくる黒い手袋をはめた殺人者は監督自身の手なのですが、このスリープレスでは初めて他人の手を使ったそうです。理由は、手袋が自分には大きすぎたからということです。ただし、映画の残りの部分に出てくる殺人者の手は監督が演じており、こういったところにもこだわりが見られます。

ダリオファンならずとも楽しめる本格派ミステリー、元刑事を演ずるは『エクソシスト』の神父だった俳優でもあり、雰囲気も抜群で、お勧めの作品ですね。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| サスペンス、ミステリー | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/277-b0a04a0d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT