PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インフェルノ

『インフェルノ』
 INFERNO

【製作年度】1980年
【製作国】アメリカ
【監督】ダリオ・アルジェント
【出演】リー・マクロスキー/アリダ・バリ/ダリア・ニコロディ/アイリーン・ミラクル/サッシャ・ピトエフ



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
ニューヨークに住むローズは、近所の骨董屋で「3人の母」という本を見つける。著者はバレリ、幾世紀前の建築家らしいその彼は3人の魔女のために家を建てたという。ローズはまさにその魔女のために立てられた館に住んでいたのだ…。

【感想】
ダリオ・アルジェントのアメリカ・ハリウッドデビュー作。魔女3部作の2作目にあたり、『サスペリア』の続編に位置づく作品です。ちなみに、『サスペリア2』は続編ではありません。

内容は支離滅裂・・・。適当か!?と言える展開、人物につながりも無し、意味不明な登場人物の死、無理な魔女の館という設定、魔女のあっけない最後と、何にも考えられておらず、破綻してしまった脚本になっています。正直、ダリオファンの私でもこの作品は意味不明で、冒頭から終わりまで???が頭に駆け巡る。

突っ込みを入れだすと、止まることがないほど不思議なシーンばかりで、ストーリーに期待してしまうと、痛い目にあいます。

といっても、描かれる赤青の色彩、見事なカット割、要所で流れる音楽と世界感はさすがダリオの仕事っぷり思わせるすばらしさ。芸術作品として観れば、まぁなんとか持ちこたえることができますかね。

注目のシーンは、ホットドック屋の意味不明な行動。足の悪い男が猫を池に投げ込んで殺している途中にずっこけて立ち上がれなくなっているところにねずみの大群にかじられまくっている。それに気づいた、ホットドック屋は急いで、助けにスタスタと走ってきたとおもいきや、一思いに包丁で首をグサッ・・・。

ん?やっぱり意味分からん!
なんとこのシーン、物語に全く関係ないのでした。ホットドック屋もこの瞬間意外は全く登場しない・・・ (´○`; ポカーン

ラストもこんなあっけなくて良いのか!?とあっけらかんになってしまう仕上がりでした(爆)
ダリオファンのみしか受け入れられない映画ですなぁ。

きゃ~
インフェルノ2

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| カルト、悪霊 | 22:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

確かになんだかわからない映画でした~
フルチのビヨンドもそうですネ~

| クリコ | 2011/06/21 12:28 | URL |

クリコさん

何度見ても意味分かりません・・・。
あるいみ、ダリオの伝説的作品かも(汗)

| とら | 2011/06/22 21:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/287-69397eb5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。