PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

悪魔のいけにえ

『悪魔のいけにえ』
 The Texas Chain Saw Massacre

【製作年度】1974年
【製作国】アメリカ
【監督】トビー・フーパー
【出演】マリリン・バーンズ(サリー・ハーデス役)
    ガンナー・ハンセン(レザーフェイス役)
    ジョン・ドゥーガン(グランパ役)


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
真夏のテキサスを、ドライブ旅行を楽しむ5人の若者たち。ガス欠となり、一軒の家を訪ねたことから、想像を絶する惨劇が始まる。ドアを開けるなり、人間の皮の面をかぶり、血で汚れたエプロンをつけた大男に襲われ・・・。

【感想】
不快ホラーの原点!
といっても過言ではない程の作品であり、マスターフィルムは描写の芸術性ゆえ、ニューヨーク近代美術館にに永久保存されており、以降の映画に多大な影響を受けた作品である。

多くの評論ではエド・ゲインの猟奇事件を基にして作られた物語とされているのですが、トビー・フーパー自身が言うには全く意識はされておらず、デパートに並べられているチェーンソーを観たときに人を殺したい衝動に駆られて思いついたストーリーとのこと・・・。

映画の一番の怖いところは、もちろんチェーンソウを振り回すレザーフェースもそうなのですが、登場する一家のいかれ模様の異常っぷりがものすごいんです。しかも一家全員が狂っているのですからたまったもんじゃない。この映画の見所の一つでもある、一家の夜の人肉晩餐シーンは、衝撃としか言いようが有りません。(後の映画に多大に影響を与えたシーンです)
悪魔のいけにえ-1

一家の意味不明な異常行動に加え、人間や動物の骨が散乱する異様な家の雰囲気、さらには機械的な音楽&見事なカメラワークにより、いやな緊張感と不快感ばかりがつのり、輪を掛けて恐怖を出しており、直接的なグロシーンなんてほとんどないんですが、なんとも精神的に来る映画であります。

この映画で一躍有名になったのは殺人鬼レザーフェース。少し間抜けなんですが、チェーンソー持ってどこまでも追いかけてくる様はまさに怪物。ジェイソンやフレディーなどと並べられるされる超有名殺人鬼ですが、ひたすら目的に向かい追いかけてくる様などは、ダントツで怖いのかもしれません。チェーンソーが武器というのもこれまた最強。
悪魔のいけにえ-2

突っ込みどころといえば、最後のシーンでしょうか。トラックの運転手なんか殺されキャラと思ったらしっかり逃げ切ってみせます。殺されるために出てきたのかと思ってしまいますが、あのキャラは必要だったのでしょうか???追い討ちをかけるようなレザーフェースの朝日を浴びて狂喜乱舞するシーンなんてのもまったく意味不明・・・。
悪魔のいけにえ-3
悪魔のいけにえ-4

が、意味不明が故のすっきりしないエンディングが妙に、印象たっぷりに残ってしまうんですよね(汗)

まさしくホラーの芸術作品!
といえる、作品です。

【満足度】
★5つ

【関連動画】
Trailer


【関連記事】
悪魔のいけにえ2
悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲
テキサス・チェーンソー
テキサス・チェーンソー・ビギニング

【レビューの更新履歴】
初投稿:2008年5月5日
再更新:2015年5月31日

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| スプラッター | 11:11 | comments:12 | trackbacks:4 | TOP↑

COMMENT

やっと観ました^^;

ホラー好きを謳ってる割に、スルーしていた作品。
いやー何というか。
カメラアングルとか目玉アップ演出や
あの嫌な音など、隙や粗が殆ど見当たりません。

ほんと、あのドライバーは何だったんでしょうw
あと、キチガイ一家よりも強烈だったのが主役の女優。
叫び過ぎな叫び声がかなり鬱陶しかったです^^;

| りとら | 2011/04/27 22:58 | URL |

りとらさん

70年代の作品ですから、カメラアングルや音響のすばらしさが目立ちますね。
この時代、CGも無いですから、技術力で恐怖をだしたすばらしい作品でしょう。
キチガイ度も凄かった。

確かに、女優の叫び声は強烈でしたね~(笑)

| とら | 2011/04/28 20:46 | URL | ≫ EDIT

芸術は不快だ!

リメイク版の方を先に観たのですが、あまりにもオリジナルの評価が高いので「ほほうどんなもんか観てやろうじゃねえか?」と斜に構えた姿勢で観賞しました。

感想「不快ホラーの原点にして芸術作品!」
とらさんすいません、まんまパクリました。(汗・・・・)
しかしこれほど的確な言い方はないでしょう。

オリジナルはリメイクと違いグロは皆無なんですよね、チェーンソーも振り回すだけで人を切る描写は有りませんでしたし。
ですが振り回すだけで気持ち悪い、怖いではなくひたすら「気持ち悪い」のです!

そしてガイチキ一家の描写です、全員かなりイッちゃってます、画面に映ってるだけで不快度数MAXです!

あとは低予算で当然CGなど無い時代ですから、そこは撮影の仕方と音楽で見事にカバーしてるのが、とにかく素晴らしいとしか言い様がありませんね。

マスターフィルムがその芸術性の高さから、美術館に保管されているそうですが、そういうのってこの作品以外にあるのでしょうか?

女優さんの絶叫は演技じゃないですね、あれはマジでビビって叫んでますよ。(笑)

未見の方は今すぐ観る事をお勧めします、というよりこれを観ずにホラー好きを語ってはいけません。
それ程の超名作です。





| モッさん | 2011/12/24 23:22 | URL |

モッさんさん

グロ映像が無く、これほどまで観るものに恐怖と不快感を与えるのは凄いですよね。
カメラワークや小道具の使い方も絶妙です。

このシリーズ全体的に、一番やばいのは一家ですね。
レザーフェースは有る意味被害者なのかも(汗)

ニューヨーク近代美術館にマスターフィルムが保管されているのは、この作品のほかに、『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』もそうですね。
共に、ホラー映画を語るには避けられない名作です。

| とら | 2011/12/25 09:40 | URL | ≫ EDIT

全く同感です

リメイク版でのレザーは拾われた奇形児なので、ガイチキ一家と血縁関係はありませんが、オリジナルではその辺の描写がないので(実際の家族なのか)どうなのかはわかりません。

ただとらさんの言う様にオレもレザーは被害者だと思います、知恵遅れのまま大人になって言われるままに殺しを重ねるのですから。(ここはリメイクでも全く同じ、むしろもっと強烈)

ナイト・オブ・ザ~もマスターが保管されていうのですね、ただオレはゾンビ物が苦手なのでまだ観てません。(チキンが!)

しかしそこまでの名作ならホラー好きとして観ないわけにはいきません、近日中に必ず観賞しましょう。

貴重な情報ありがとうございました。

| マローダー | 2011/12/27 03:16 | URL |

マローダーさん

一家のイカレップリがとんでもないので、一緒にいるレザーも同じように育ってしまうんですよね~。
彼は完全に被害者でしょう!

ナイト・オブは、名作ですが、昔のものなので面白い!ってとこまで行かないと思いますが、観る価値アリです。
同時に、ロメロ御大の『ゾンビ』を観てください。
これは、名作で、ゾンビ映画の最高傑作と思っています。

| とら | 2011/12/29 10:37 | URL | ≫ EDIT

やはり不朽の名作!

新年1発目のホラーは「悪魔のいけにえ」の再観賞にしました。
最初観た時に気付かなかった所が結構あって、かなり見方が変わりましたね。

気付いた事
レザーと祖父、祖母、父、弟と本当の家族らしい。
レザーより父親と弟のガイチキ度が高過ぎて、レザーがまともに見えた。
レザーが結構声(ああ~!とかうう~!ですが)を出していた。
レザーは長男なので被害者ではない。
マリリン・バーンズの顔UP多過ぎ&ギャーギャー叫び過ぎ!

そして不快ホラーの原点にして、金字塔で芸術であると改めて認識しました、どんな名監督でも今これを越える作品を作る事は不可能でしょう。

さらに今後10年20年経ってもこの評価が変わる事はないでしょう、むしろ今よりも上がるんじゃないですか?

ゾンビはまだ観てません。(チキンが!はよ観ろや!)

| マローダー | 2012/01/02 04:17 | URL |

マローダーさん

新年1発目にすばらしいセレクションです(笑)

私は、まだ観てないのですが、今年1発目は恐らくピラニア3Dかと!

『ゾンビ』も是非、鑑賞ください。

| とら | 2012/01/02 13:55 | URL | ≫ EDIT

こんばんは

晩餐の席でのサリーの絶叫が凄いですよね…
それとともにそれうるさすぎじゃ?ってくらいのチェーンソーの音!
このサリー、2回も窓ガラス割って逃げてますよね、しかもためらいなく。男前。
サリーの頭を金槌で殴ろうと祖父の手に何度もそれをにぎらせる一連のシーンが、いかれてます。
初登場の時のレザーのインパクトも凄いですが、やはりラストの踊るような動きをみせるエンドも強烈でしたね
エド・ゲインの部分は人の顔の皮ってくらいなので、やっぱりチェーンソーで人殺してみたくなったってのが制作理由なんでしょうね。

| maki | 2013/11/09 21:57 | URL | ≫ EDIT

makiさん

晩餐の異様な雰囲気、そして気がおかしくなりそうな効果音が抜群ですね。

祖父の金槌シーンは、ほんと引いてしまうほどいかれてましたね。
よくぞ、このシーンを撮ったといいたいです。

ラストシーンは、今までに無いくらい強烈に印象が残ってますよ。
?????って意味で(笑)

パート2は違った意味で、いかれてます。
デニス・ホッパーがいかれてます(笑)
機会があれば見てください!

| とら | 2013/11/09 22:58 | URL | ≫ EDIT

こんばんは、とらさん

ペットセメタリ―もまだ観れてないんですが、この「悪魔のいけにえ」、実は私、当時子供でしたが、TVで放送されてたのを、観ました!
当然、大幅カットでしたでしょうが、強烈に怖かったです!!!
VHSで再見してるかと思いますが・・・?
TVの印象が強烈で・・・。

そういえば、ロメロ監督のゾンビも、初観はTVでした・・・!

当時は、そんな時代だったんですね~~!!

今ではありえませんね。

ちなみに、J・カーペンター監督の名作「要塞警察」もTVで初観でした・・・・・(^^♪!!!

| トト | 2013/11/11 19:51 | URL |

トトさん

当時は、ホラー映画を、普通にTVでやってくれてましたから、いい時代でしたよね。
今では、TVでほとんどホラーを見れない寂しい時代になりました。

私は、TVでみた強烈な思いでは、『バタリアン』と『デモンズ』ですね。子供ながらに、見ては夜トイレに行くのが怖かった記憶があります。

ホラーの名作が少なくなってきたのも、そういった時代の背景があるのでしょうね。
ホラーファンとしては寂しい限りです。

| とら | 2013/11/13 08:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/3-ca5b9c8b

TRACKBACK

映画「悪魔のいけにえ」

 「悪魔のいけにえ」監督:トビー・フーパー1974年  アメリカ映画キャスト:マリリン・バーンズ  (Sally) アレン・ダンズィガー  (Jery) ポール・A・パーティン  (Franklin)ジム・シードー  (Old Man) ガンナー・ハ...

| マープルのつぶやき | 2015/06/03 08:45 |

悪魔のいけにえ

ホラー映画の金字塔のひとつ。続編新作がでたのでおさらいをば。しかし、かなり忘れていたんですねえ。 最近の人体破壊ホラーものを見慣れているせいか、昔ほど衝撃は受けなかったものの、そこにある一般人の味わう恐怖感はやはり秀逸。 静かで明るいのにどこか暗く騒々しい。小さい頃感じたような、田舎へ遊びにいったときの開放感と同時の息苦しさ。そういうものを他人視点で追体験しているような妙な感覚。生々しい...

| いやいやえん | 2013/11/09 21:48 |

悪魔のいけにえ The Texas Chain Saw Massacre (1974年)

世間はゴールデン・ウィークで 浮き足立ってウキウキウォッチングですね。 実は私りとらも、気の合う仲間5人と旅行に行く事になりまして。 それがですね、 最近墓荒らしがプチ流行してるみたいなんです。 ...

| RETRAの奇妙な映画館 | 2011/04/27 22:59 |

悪魔のいけにえって怖いの?

ホラー映画洋画 ホラー映画初心者のすけきよです。ホラー映画の金字塔「悪魔のいけにえ」をやっと観ました。 DMMでレンタルする あらすじ:製作30年以上を経た今もなおカルトな人気を誇り、MoMA(ニューヨーク近代美術館)にフィルムが所蔵されているホラー映画の金字...

| ホラー映画って呪怨が怖いの? | 2008/06/18 12:14 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT