PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

遊星からの物体X

『遊星からの物体X』
 THE THING

【製作年度】1982年
【製作国】アメリカ
【監督】ジョン・カーペンター
【出演】カート・ラッセル/リチャード・ダイサート/ドナルド・モファット/キース・デビッド/チャールズ・ハラハン/ピーター・マロニー/リチャード・メイサー



【イントロダクション】  by Amazon.co.jp
10万年前に地球に飛来した謎の巨大UFOを発見した南極観測隊のノルウェー基地が全滅。やがてノルウェー隊の犬を媒介にしてアメリカ基地に未知の生命体が侵入した。それは次々と形態を変えながら隊員たちに襲いかかる…。

【感想】
この年代のSFホラーといえば、『エイリアン』が注目されますが、奇才ジョン・カーペンターによる本作もホラーファンの間では、根強い人気を誇る傑作。1951年に同名作品が作られていますが、映画のリメイクという位置づけより原作の短編小説『影が行く』の映像化となります。

人間に化けることができる、宇宙生物。外部との通信が途絶えてしまった南極越冬基地に残された人間達による、誰が化け物なのかという緊迫した探りあい、誰を信用してよいのかという心理的要素が効果的に面白く表現されています。さて、宇宙生物を見分ける方法は何なのか!?

原題の、THE THINGとは「それ」という意味。まさしく正体不明のクリーチャーを呼ぶに的確な表現でした。

特筆すべきは、なんと言っても以降の映画(ゲームも?)に多大な影響を与えたといえる、クリーチャーデザイン。なんともグロくて異様な様は、気持ち悪さを超えて、度肝を抜かれる。犬の顔が4つに割れ、中からグロテスクな生物が姿を現し多数の触手を伸ばしたり、人間の頭部に触手のような目と足が生えているという姿は、CGも無い時代にここまで気持ち悪く表現できるのかと脱帽せざるおえません。
遊星からの物体X-2
遊星からの物体X-1

さすが、ジョン・カーペンターの仕事ですわ!っと拍手を送りたい。迫力も緊張感も人間の感情描写もすべてが見せ場。後世に語り継がれるホラーと納得の作品です。

今年の秋にはリメイク版が上映されるそうで、現代技術で観る本作品もなかなか楽しみではあります。登場人物に女性が出てくるようで、どう絡んでくるかも気になるところですが、一番はやはり頭部のみのクリーチャーがもちろん登場させるよね~っといったとこでしょうか?

【満足度】


【関連記事】
遊星からの物体X ファーストコンタクト

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| SF、エイリアン | 20:02 | comments:13 | trackbacks:4 | TOP↑

COMMENT

ビデオ.LD.DvD,ブルーレイ持ってマス。
リメイク版はマアそんなに期待しないで見たいと思います。
プレステ2のゲームソフトはイヤ~余りに酷い内容のゲームでしたヨ~

| クリコ | 2011/08/28 22:43 | URL |

食欲の秋、同化の秋。

ついに、リメイク版公開されるんですねw
一時は白紙になったかと思いました・・。
予告ムービー見ましたが、
メアリーの可愛い事可愛い事・・あ、いや、
特殊撮影は凄そうな気配。
かなりオマージュが強すぎな傾向も見えますが、
どう展開していくんでしょうw
ワンコもでるみたいだし、顔だけの奴もでるのかなぁ。
あまり過度な期待は厳禁ですが、秋が楽しみ。

それにしても、この邦題はアリだと思いますw

| りとら | 2011/08/29 19:53 | URL |

☆クリコさん
おぉ~、凄い収拾ですね!
今となっては、ブルーレイがあればですね。
リメイクは、内容は期待はしていないですが、現代技術でのクリーチャーがどんなものかは楽しみです!
予告を見る限りは、う~んですかね。

☆りとらさん
そうみたいですね、リメイクどうなんでしょうかね?
やはり、昔の作品に思い入れがある人は、観てもがっかりするんでしょうが、どこまで頑張れるかってのを見てみたいですね。
とくに、CGで作るクリーチャー。
ワンコと顔だけは必須ですよね!

| とら | 2011/08/29 22:55 | URL | ≫ EDIT

こんばんは☆
お、八月に書いてたんですね~

昔のホラーにも名作いっぱいだからちょっとづつup出きたら良いな^ー^って思ってマス★

| mig | 2011/10/29 00:52 | URL |

migさん

リメイク知ってから書きました~。
見ごたえあるいい映画ですよね~。

migさんの昔のホラー記事観てみたいです!
楽しみにしてますね!

| とら | 2011/10/29 14:02 | URL | ≫ EDIT

ベンベン、ベンベン

先日ブ●●オ●で中古750円で売ってたので、迷わず即買いしました。

作品自体はすでにレンタルで観てましたが、82年に作られたとは思えない質の高さは今観ても全く色褪せる事はありません。
キャスティング、脚本、音楽、そして本作最大のウリであるロブ・ボッティンによるSFXはただただ圧巻です。

その凄さは自分の目で観て下さい、CGよりも特撮(SFX)の生々しさに驚愕する事でしょう。

リメイクはノルウェーの観測隊が物体Xを発見した時の話らしいので、正式には前日談になる様ですね。
当然期待はしています、がCGに頼り過ぎず人間模様もしっかり描いてくれるのを願います。

ベンベンっていうベースのみの音楽が怖いんだまた・・・・

| モッさん | 2011/12/15 23:05 | URL |

モッさんさん

いや~、ホント今観ても面白い作品ですよね。
特撮なんかは、芸術の域に達しています。
顔だけクリーチャーなんかは、始めてみた時は余りのすばらしさに、衝撃を覚えたほどです。

リメイクは、嫌が追うにも期待しますね。
昔のすばらしい特撮を、現代の技術でどんな見せ方をしてくれるかを期待します。
特に、顔だけクリーチャー(笑)

| とら | 2011/12/16 22:33 | URL | ≫ EDIT

ワンコと顔

リメイク版の注目点はたくさんありますが、最低でも以下の4つはハッキリ描写して欲しいですね。

1、UFOが墜落して発見されるまでの過程
2、物体が目覚めるまでの過程
3、顔だけクリーチャーがそうなった過程
4、物体がワンコになった過程

特に皆さん言ってますが3と4は期待せずにはいられません、
ワンコと顔は必須なのです!

| モッさん | 2011/12/17 00:04 | URL |

モッさんさん

そうですね、ワンコも必需品ですね。
海外在住の映画ブログの方が、鑑賞して記事にしていたんですが、結構良かったみたいですよ。
顔クリーチャーもあったみたいですし。

あとは、日本の上映映画館が近所にあるかが問題です。。。

| とら | 2011/12/18 13:29 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。
もう何十回とも観ている作品を、他に観るものがないので借りてきたのですが、いやぁやっぱり面白い。
あらすじは分かっているのに妙にドキドキしちゃう、そんな緊張感溢れる作品だと思います。
ロブ・ボッティンによる特殊造形も味わい深いものになっていて良いですよね~。
カーペンター作品の中では一番好きです。

| ヒロ之 | 2012/09/26 02:13 | URL |

ヒロ之さん

はい、間違いない映画ですね。
当時、非常に画期的な映像だったんだお思います。
今見ても、すばらしいですよね。

リメイクもそろそろレンタルするんじゃないでしょうか?
期待半分ですが、こちらも楽しみですね。

| とら | 2012/09/27 22:01 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

今見ても遜色ない出来栄えの特殊効果が素晴らしく、
そしておぞましいですよね
見所はたくさんあるけど、やっぱりワンちゃんのシーンと
融合変化するところ、血の検査する緊張感のシーンでしょうか
舞台が閉ざされた空間というところが素晴らしい効果を挙げていると思います
思えばX-Fileにも似たような話の展開があって、よく考えればこの話のパロディ・オマージュだったんだなあと。

| maki | 2012/11/08 09:28 | URL | ≫ EDIT

makiさん

今見ても、サイコーに面白いですよね。
ワンちゃんは、ゲームのバイオハザードの映画でも真似されていますし、顔だけクリーチャーやらと、後世の作品にも多大な影響を与えた作品です。

リメイクはどうなんでしょうかね?
もうすぐレンタルでしたっけ?

| とら | 2012/11/10 22:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/302-4daded44

TRACKBACK

遊星からの物体X

ジョン・カーペンター監督の傑作作品。何度観てもやっぱり凄かったー! 途切れない緊張感と「The Thing」(生き物)の造形の生々しさが素晴らしくグロテスク。カート・ラッセルさん主

| いやいやえん | 2012/11/08 09:25 |

遊星からの物体X

JOHN CARPENTER'S THE THING/82年/米/109分/SFホラー/劇場公開(1982/11/) −監督− ジョン・カーペンター 『ザ・ウォード/監禁病棟』 −特殊効果− ロブ・ボッティン −音楽−...

| 銀幕大帝α | 2012/09/26 02:09 |

遊星からの物体X(1982) / THE THING

ランキングクリックしてね←please click 1週間ぶりの更新 全米&ノルウェーにて、現在Reリメイクというか、ビギニングものが公開中 1938年、アメリカのSF誌にドン・スチュアートの小説「WHO GOES THERE?」(邦題「影が行く」矢野徹訳) を195...

| 我想一個人映画美的女人blog | 2011/10/29 00:33 |

遊星からの物体X THE THING (1982年)

カート・ラッセルVSロブ・ボッティン。勝つのはどっちだ!? アホのウィンドウズでも分かるあらすじ・・・ 南極の雪原で、一匹の犬を執拗に殺そうとするノルウェー隊のヘリ。なおも犬を殺そうと発砲し、...

| RETRAの奇妙な映画館 | 2011/08/29 19:55 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT