PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リーピング

『リーピング』
 THE REAPING

【製作年度】2007年
【製作国】アメリカ
【監督】スティーブン・ホプキンス
【出演】ヒラリー・スワンク/デヴィッド・モリッシー/アナソフィア・ロブ/スティーブン・レイ/イドリス・エルバ/アンナソフィア・ロブ



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
かつてキリスト教の宣教師として活動していたキャサリンは、幼い娘と夫を失ったことで信仰を捨ててしまう。そして、宗教的な様々な“奇跡”を科学的に解明する専門家として、第一人者となる。そんな彼女のもとに、小さな町ヘイブンで起きている不可解な出来事を解明してほしいとの依頼が舞い込む。しかし、それが科学では解明できない現象であることを悟るのだったが…。

【感想】 ネタバレ
初カルト系レビューですが私が一番苦手なジャンル。聖書やら神やら悪魔やら難しいのにつけ、怖いのなんのって。人間がぐちょぐちょになる映画を見ても平気ですが、カルト系はドキドキです。『エクソシスト』なんか、初めて観た時、あまりの怖さに夢に出てきましたよ。

本題に戻りまして、この映画TV CMで女の子がイナゴの大群を操っている場面が印象深く、超能力少女映画かな?と思っていました。「イナゴ少女現る!」まで言ってましたよね。しかし見事にカルト系の肩透かし。イナゴ大群シーンを見て映画を観ることをやめた人も居るんじゃないかな?もっとカルトを前に出したほうが良かったかもね(汗)

聖書に出てくる、モーセがファラオと対決し、エジプトを脱出するきっかけになった“エジプトの10の災い”がモチーフとなっています。

ちなみに、その10の災いとは、、、
1. 血の災い
2. 蛙の災い
3. ぶよの災い
4. あぶの災い
5. 疫病の災い
6. 腫れ物の災い
7. 雹の災い
8. いなごの災い
9. 暗闇の災い
10. 長子の死の災い

大学教授キャサリンがある村で起こる10の災いを、科学で解明しようとします。キャサリンは、昔はキリスト教信者だったが、過去に悲しい過去が。その過去は絶望といっていいほどの悲しい出来事。私が同じ目にあったら、立ち直れないですね。そして神をうらむでしょう。

まさに、“奇跡VS科学”な展開が続きますが、UFOの存在を議論する大槻教授VS矢追・韮澤を思い出しつつ映画観てました(笑)
※DVDの特典映像にも、聖書10の災いを科学で解明しています。科学者が理論的に10の災いを解決してますが、ちょっと強引な面もありつつちゃんと科学で証明しており必見!

神やらサタンやら儀式やら生贄やらと、マニアな世界がたっぷりです。聖書って全然知らないのですが、こういう映画を見ると少しだけ興味がわきます。聖書を話題にした映画って、怖いものばかりですしねぇ。ま、凡人の私には縁がない世界、映画で楽しむしかないのですがね (  ̄_ ̄)

この映画、ホラー映画らしからぬCG効果が迫力満点です。CMでおなじみ、イナゴ大量発生シーンは特に圧巻。ぶぅわ~~~って大量に発生してます。大量に襲われてます。そして、赤い川などはどうやって作ったんでしょう?隕石落下などもあり映画館だったら、迫力あって観る価値があったかもしれません。

結構酷評の多い作品で、私的にもサタン信仰の村だったというオチや神父さんがなぜ犠牲になったのか納得いかない部分もありましたが、そこそこ楽しめましたよ。

ちなみにジャケット写真の少女に巻きつく蛇はまったく映画に出ません。なんじゃらほい!

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ アクセスランキング 人気ブログランキング .
関連記事

| カルト、悪霊 | 21:32 | comments:5 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

TBとコメント、ありがとうございました!

この映画、音とか効果的でそこそこ怖くて楽しめたんですが、カルト臭かったですねぇ。
宗教がらみのホラーって、心理的にもかえって残酷ですね。

ヒラリー・スワンクの怖がっている顔が、獰猛で怖かったです(笑)

応援クリック、しました。ホラーブログ、頑張ってくださいv-238

| あん | 2008/06/29 00:24 | URL |

あんさん

こちらころ、コメント&TBありがとうございます!

ほんと、カルトばかりでしたね。
見る前は、カルトと思っていなかったので、ちょっと引きました。
幸い、あんまり怖い場面はなかったですが。

たしかに、ヒラリー・スワンクの顔は怖かったかもです!
ヒラリー・スワンクって、『ハンニバル』のオファーをエージェントが勝手に断ったってので、殴り倒したそうですねぇ~!

クリックありがとうございました。
これからもよろしくです。

| とら次郎 | 2008/06/29 21:03 | URL | ≫ EDIT

v-275この映画、見てないのですが、批評で共通しているのが「ヒラリー・スワンクの顔が怖すぎ!」ってことですよね。それだけでも見る価値あるのかな・・・?
とら次郎さんのブログ、こわい映画といってもエクソシストだとかオーメンだとかが無いなぁと思っていたら、苦手な分野なんですね。
うちの奥さん、ホラーは全般的にダメなくせに、唯一オカルト映画は例外らしくオーメンが大好きです。車のナンバーも「666にしようか?」とか言ってました。(もちろんしなかったですけど・・・)
応援全ポチです☆☆☆!

| you太郎 | 2008/07/01 10:51 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/07/01 12:45 | |

you太郎さん

見る価値はどうでしょう。期待はしないほうがとは思います。
ホラーより、CGを楽しむといった感じでしょうか。

確かに、カルトは苦手ですね。
古いレビュー書くときは、なるべくは映画見直しているんですが、やっぱりカルト系は避けがちです。でも、『オーメン』はいつかレビューしますね。『エクソシスト』は再見がねぇ・・・。

ちなみに、カルトより私が苦手なホラージャンル。それは幽霊系です。日本のホラーが一番怖い。

| とら次郎 | 2008/07/01 23:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/31-2ae6a8b4

TRACKBACK

リーピング

『リーピング』タイトルだけでも、何の映画かよく分からない。 『イナゴ少女、現る』『あなたのクラスにも、いませんか』(←コレもよく分...

| 描きたいアレコレ・やや甘口 | 2008/06/29 00:12 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。