PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猿の惑星 創世記(ジェネシス)

『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』
 RISE OF THE PLANET OF THE APES

【製作年度】2011年
【製作国】アメリカ
【監督】ルパート・ワイアット
【出演】ジェームズ・フランコ/フリーダ・ピント/ジョン・リスゴー/ブライアン・コックス/トム・フェルトン/アンディ・サーキス/デビッド・オイェロウォ



【イントロダクション】
現代の米サンフランシスコを舞台に、遺伝子操作によって高い知能をもち人間たちを支配しようと企むサルたちと、それに対抗する人間たちの戦いを描く。

【感想】 ネタバレ
邦題では分かりにくいですが、1968年ラストで大衝撃を与えた名作『猿の惑星』(PLANET OF THE APES)に対し、原題がRISE OF THE PLANET OF THE APESということからも分かるように、ビギニング的な位置づけの作品であります。

世間での評判が余り良くなく、先に観た同僚からも面白くないと言われつつ、期待しないで観たのですが、いやいやそれなりに面白かったですぞ。そりゃ、オリジナルである原作と比べると残念なところも多々ありますよ。ですが、この作品はリメイクでもない、全く別次元の作品としてとらえれば、納得の作品。

内容もさることながら、目立つのはやはり、見ごたえあるすばらしいCG。猿の表情や躍動感など超リアル。なんでも、モーションキャプチャの第一人者アンディ・サーキスが猿まねした姿にCGをかぶた最新技術での撮影なんで、猿なのに人間味もあるのです。特ににらむ目などは、人間そのもの。
猿の惑星:創世記1

シーザーが人間へ反乱を起こすまでの経緯、そして次々と見方の猿を従わせる様子は、見ごたえあり。人間VS猿の戦いもちょい大げさながらも、娯楽性あり興奮させられます。人間を殺さない猿、次々と猿を殺していく人間・・・。果たして、猿側が悪者なんだろうか?

なんだか最終的には、良い者面している、科学者のウィルだが、彼の間違った研究のために、これほどまで被害が出るとは・・・。シーザーと仲良しだからって、のんきに別れを悲しんでいますが、ちっとは反省しなさいよ!

さて、ビギニング的というだけはあり、もちろん1968年『猿の惑星』へつながる終わり方をします。何にも悪いことしていないのに、被害だらけで踏んだり蹴ったりなウィルの家のお隣さん。彼の職業はパイロット、向かう先はニューヨーク。はい、オリジナルを観ている方はこれだけでピンときますね。ただ、ちょっと残念なのは、人間が滅びた理由がウィルが作ったウイルス感染というのはちょっと納得行かないかな・・・。

全然話飛ぶけど、フリーダ・ピントやっぱり美人さんだなぁ~
猿の惑星:創世記2

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| こわくない映画 | 00:11 | comments:2 | trackbacks:9 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。
コレ個人的にはアタリでした。
なんか最近のCGやら特撮ってすごいですねぇ。
見終わった瞬間に「よし!俺も革命おこすぞ!」って
思いました。(なんの?)

| しもうま | 2011/11/02 11:47 | URL |

しもうまさん

私も、観る直前に同僚に面白くないといわれたのですが、全然良かった。
最新の技術もすばらしいですし、なんといっても猿の表情がよかったですね。
映画館で観る価値ありでした。

| とら | 2011/11/03 09:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/317-57a3dcc9

TRACKBACK

「猿の惑星:ジェネシス」完璧☆猿目線

もはや今年のベスト入り決定!

| ノルウェー暮らし・イン・原宿 | 2011/10/31 18:04 |

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』・・・新解釈の前日譚

公開を待ち望んでいた本作。期待以上の面白さにぐいぐい引き込まれた。何が面白いって旧シリーズとの新解釈なりの絶妙なリンクだ。

| SOARのパストラーレ♪ | 2011/10/30 13:47 |

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

お隣さんは何も悪くないのに・・・。お隣さんがかわいそう過ぎる。

| だらだら無気力ブログ! | 2011/10/30 00:22 |

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

知性が宿る瞳。人間への絶望。霧に煙る橋。

| 悠雅的生活 | 2011/10/29 22:15 |

映画レビュー「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」

Rise of the Planet of the Apes◆プチレビュー◆ついに明かされた「猿の惑星」の起源。知能を持つ猿シーザーの切なさと人間の愚かさの対比が見事。 【75点】 製薬会社に勤める神経科学者 ...

| 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 | 2011/10/29 19:03 |

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

これは 人類への 警鐘 原題 RISE OF THE PLANET OF THE APES 製作年度 2011年 上映時間 106分 脚本・制作 リック・ジャッファ/アマンダ・シルヴァー 監督 ルパート・ワイアット 音楽 パトリック・ドイル 出演 ジェームズ・フランコ/フリーダ・ピント/ジョン・リスゴー/...

| to Heart | 2011/10/29 17:35 |

映画「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」@TOHOシネマズ日劇1

 公開初日の夜の回。客入りは2~3割くらい、客年齢は高い。   猿の惑星:創世記(ジェネシス) [DVD]Amazonアソシエイト by

| 新・辛口映画館 | 2011/10/29 16:46 |

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

始めに“No”ありき 公式サイト。原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES。ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピントー、アンディ・サーキス、ジョン・リスゴー、ト ...

| 佐藤秀の徒然幻視録 | 2011/10/29 14:17 |

猿の惑星 創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES

ランキングクリックしてね ←please click 今月いちばん楽しみにしてた作品。期待以上に面白かった~ 人間が猿に支配されるという斬新な発想と前代未聞の世界観、当時はそりゃあびっくりオチのラスト・シーンが有名な1968年の名作『猿の惑星』。 本...

| 我想一個人映画美的女人blog | 2011/10/29 00:31 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。