PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サスペリア2

『サスペリア2』
 PROFONDO ROSSO/DEEP RED

【製作年度】1975年
【製作国】イタリア
【監督】ダリオ・アルジェント
【出演】デビッド・ヘミングス/ダリア・ニコロディ/ガブリエル・ラビア/ジュリアーナ・カランドラ/ピエロ・マッツィンニ/マーシャ・メリル、エロス・パーニ



【イントロダクション】
女予言者が殺されたのを手始めに連続殺人が発生。事件に巻き込まれた作家は謎の犯人像に迫るが…。

【感想】
『サスペリア』のヒットに乗じた日本の配給会社が、製作年度も古くジャンルもストーリーも全く異なるのに、監督がダリオ・アルジェントというだけで、『サスペリア2』なってしまったという、なんとも適当な邦題なんです。しかし、内容はダリオ・アルジェントの最高傑作とまで言われる作品であり、イタリアのヒッチコックと言われる所以をこの作品で観ることができます。

すばらしい映像トリックでは、重要なシーンを観客が観ているにもかかわらず、気づかないという巧みな技。カメラワークもすばらしく、サスペンス映画の見本とも言えるべき作品。観客は1度観てしまったら、思わず2度3度と観て確かめたくなってしまうのです。湯気で見えるダイニングメッセージや屋敷の壁に埋もれた絵と部屋など、ミステリー作品としても面白い。
サスペリア2_3

血が塗り絵のようでチープなのは愛嬌として、小道具や細かい演出もすばらしいのです。不気味な絵画や首をつっているキューピット人形、子供の音楽など、映画に強烈な雰囲気を与えています。そして・・・、急に高笑いを上げた人形が襲ってくるという不気味なシーンは、はっきりいって未だにトラウマですよ! w|;゚ロ゚|w
サスペリア2_1

もう一つ忘れてはならないのは、ダリオ・アルジェント作品定番ともいえる、ゴブリンの音楽であります。本作品でアルジェント作品として初めて手がけた記念すべき作品なのですが、急に場違いとも言える激しい音楽は、観るものを興奮と期待の渦に巻き込んでいく最高の組み合わせです。

監督の作品の中では、殺害シーンはかなりおとなしいものにはなっています。とはいっても、残酷なのは間違い無しで、窓ガラスに首がささったりとか、熱湯に顔をつけられぶくぶくに顔がはれた姿(溺死でもいいところをあえて犯人が熱湯にしたところがミソなんですがね)、挙句の果てには顔を車で引かれてぐちゃっと。後のダリオ・アルジェント作品の残酷描写の片鱗が見える気がします。
サスペリア2_2

さて、ご覧になられたことがある皆さんは犯人は初見で分かったでしょうか!?私は、見事に外れてしまいましたよ。といっても、実は鏡のアレには最初から気づいていたんですよね。でも、さっぱり意味が分からず結局ラストで、「あっ!そうだったの!?やられた~」ですよ(笑)

なんだか一時期、ハリウッドリメイクの話も出ているようですがどうなったのでしょう?まぁ、この雰囲気は絶対にまねできないでしょう。

【満足度】


【関連記事】
サスペリア

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| サスペンス、ミステリー | 23:22 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

自分も…

はじめてコメントします。
前から1ホラー映画ファンとして、記事の方を楽しく読ませてもらってました。

サスペリア2は自分も学生時代深夜放送で見て、夜中に「あ゛~~っ!?」ってなった、印象深い作品ですww
未だにあのトリックは感慨深く、脳に焼き付いてます。だからこそ、安易にリメイクはしてもらいたくないですねぇ。

| ten | 2011/12/21 12:37 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。

これは学生のときに観たのでかなり怖かった作品です。
写真の人形も、チャッキーに続いて今でも観たくない人形だったり。(^^;
殺害シーンはシンプルですけど、一回で終わらないで、何度も口を机の角に打ち付けられたり、熱湯も怖かったですねぇ。

あのトリックは素晴らしいです。
終わってから巻き戻してしまいましたよ。(^^)

トラックバック&ぽちっとさせていただきました。

| 白くじら | 2011/12/21 14:15 | URL | ≫ EDIT

え!面白いんですか?
「2とは名ばかりで1とは全然関係ない」
という評判だけで勝手に「面白くないんだぁ」
と思い込んでました。
早速ツタヤへGO~

| しもうま | 2011/12/21 17:19 | URL |

☆tenさん
初めまして。
いつもブログを観ていただいているとのこと、ありがとうございます。

アルジェントの才能を見せ付けられた作品でしたね。
イタリアの、ヒッチコックといわれるのも納得です。

リメイクは、ジョージ・A.ロメロという話もあるんですよね。
それはそれで、興味があったりします。

☆白くじらさん
人形は、絶対トラウマですよね。
犯人か?犯人か?って緊張しているところに、展開からするとありえない急な人形で、奇妙の動きですから、怖かった。

口を机に打ち付けるシーンも痛かった。
まだグロは無い年代でしたが、この残酷さが、アルジェントの起点になってると思いますね。

トリックは、同じく巻き戻しです。
上映当時は、トリック見たさに何度も劇場に足を運んだ人が多いようです。

☆しもうまさん
あれ~、ご存じなかったです。
私は、『サスペリア』の方が好きですが、こっちの作品はアルジェント最高傑作と呼ばれているくらいです。
全くジャンルも関係ないので、邦題に騙されず、観てくださいな~。

| とら | 2011/12/21 21:20 | URL | ≫ EDIT

やっと見ました!やっと。いまごろ。
以前見ようと思って近隣のお店に置いてなかったんですが、
年末遠くのツタヤへ遠征して借りてまいりました!

いやぁ面白かったです。我ながらこんな作品をまだ見てなかったんですねぇ。
俺も最初の絵画のトコで「ん?」と思って巻き戻したんですが、
最後までその意味に気付きませんでした・・・
改めてアレは怖いですな・・・
ごく普通~に「ヒロインの新聞記者が犯人だ!」と思って見てた自分がなんて純粋なんだろうと(笑)
これはぜひ最新の虐殺シーンとカメラワークでリメイクして欲しいもんですねぇ。あと最新の美人女優ヒロインも。

| しもうま | 2014/01/06 11:36 | URL |

しもうまさん

あれ?これ観てなかったですか!?

今見ても見劣りしない、名作ですよね。
残酷描写が目立つダリオ・アルジェントですが、やはり本職はミステリー監督ですよね。ヒッチコックに見劣らない、すばらしいできばえです。

その中に、残酷描写や意味不明な小道具を入れてきますので、飽きることなく、楽しめますね。

アレの効果はすごいですよね。
ラストで、あーーーーーーーーーって思わされますよね。

リメイクはどうなんですかね?
せっかくなら、セルフリメイクか、監督別で製作に回るとかアルジェントにも一枚絡んで欲しいものです。(美女は誰がいいですかね!?)

| とら | 2014/01/06 22:43 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/325-3856a396

TRACKBACK

サスペリア PART2

まてよ。彼には殺せるはずがない、あのとき彼は…。 1975年(PROFONDO ROSSO [DEEP RED]) 製作国:イタリア 監督:ダリオ・アルジェント 製作:クラウディオ・アルジェント 脚本:ダリオ・アルジェント 撮影:ルイジ・クヴェイレル amazon.co.jpで詳細を見る。 超能力に関す…

| MOVIE-DIC | 2011/12/21 14:05 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT