PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウィッカーマン

『ウィッカーマン』
 THE WICKER MAN

【製作年度】1973年
【製作国】イギリス
【監督】ロビン・ハーディ
【出演】エドワード・ウッドワード/クリストファー・リー/ブリット・エクランド/イングリット・ピット/ダイアン・シレント



【イントロダクション】
行方不明の少女を探すためにスコットランド本土からサマーアイル島へやって来た警官ハウイー。だが人々は少女の存在を否定し、何かを隠しているような素振りを見せる。ハウイーはやがてこの島を支配している異様な古代宗教に行き当たるのだが…。

【感想】  ネタバレ
予告どおりの年末予約更新でございます。
そして最後の記事は、恒例の衝撃的かつマニアックな映画のご紹介。

2008年 『食人族』
2009年 『ドッグヴィル』
2010年 『八仙飯店之人肉饅頭』

ときて、今年のラストは伝説のカルト映画、『ウィッカーマン』だ!


へ~ほ~♪

っと裸で歌い誘う美女、隣の部屋で欲に耐え続ける童貞のおじさん警官という前半からびっくり構図が飛び出します。この映画の異様性が伺える男性諸君大満足の1シーンでございます。この後もミュージカル映画!?と思ってしまう展開が続き、といっても歌はへんてこりんと、まずはこの映画の世界感に慣れる必要がございます(汗)
ウィッカーマン1

テーマは宗教。

宗教の自由、そして宗教の怖さを異様な雰囲気で表現した作品。2006年にニコラス・ケイジ主演によるリメイク版が上映されたオリジナルとなる作品ですが、独特の雰囲気はこちらでしか味わえません。

閉鎖的な島全体の宗教観は、セックスに明け暮れ、男性性器を崇め、子供の頃から徹底した性教育と島民は欲望のまま生きる。行方不明の少女を探すために訪れた、根っからのキリスト教徒の警官ハウイーには、絶対にありえない世界なのです。ハウイーは結婚するまで、童貞を守るという、生真面目一直線なヤツなんですぞぉ!

捜索のため島には訪れたが、知らぬ存じぬの島民たち。挙句の果ては捜索を依頼した少女の母親までそんな娘は知らないと言われる始末で、普通の警官なら、ここでめげてしまいそうなんですが、真面目一直線のハウイーは、存在するかもわからないたった一人の少女のために、頑張り続けるのでした。

地獄へと突き落とされるとも知らずに・・・。

前半の異様な雰囲気そのままで、後半は一気に盛り上がっていきます。

島の豊作を願ういけにえの祭りは、奇怪そのものの祭り。
ウィッカーマン3

ハウイーは少女がいけにえにされると読み、一人奮闘する姿、なんとも健気・・・。この辺で観ている人は彼の結末は、ほぼ分かってくると思うのですが、そうなんです!いけにえされるのはもちろん・・・。

ウィッカーマンとは、古代ガリアで信仰されていたドルイド教における供犠・人身御供の一種で、巨大な人型の檻の中に犠牲に捧げる家畜や人間を閉じ込めたまま焼き殺す祭儀のことらしいです。
ウィッカーマン2

ウィッカーマンに閉じ込められ、「おお神よ!」と最後の最後までキリストを信じ救いを求め続けるハウイー。それを横目に、喜び歓喜しアホダンスを踊り続ける島民たち・・・。この光景は、救いようも無く残酷。

決して神は助けてくれず、キリスト教徒が異教徒に迫害される瞬間なのであります。いやいや違いますね、この島ではたった一人だけのキリスト教徒であるハウリーこそが異教徒なのでした・・・。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| カルト、悪霊 | 00:10 | comments:14 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

なんかスゴイのキター!!!

このコメントの30分前に大晦日に面接した所から採用の電話が来ました、40過ぎて無職という最悪の事態は避けられたのでとりあえず一安心です。

さて作品の方ですがなんかすんごいの来ちゃいましたねえ、ニコラスの方がリメイクというのは知ってましたが(観てませんけど)、オリジナル版のレビューは初めて見ました。

そして驚愕しました、何なんですかこの異常な世界観は?
何なんですかこの異常なビジュアルは?
極め付けはウィッカーマンの造形です、不気味過ぎます、悪魔のいけにえと同じ不快感がキャプ画から出まくってます。
キャプ画でそうなんですから、実際に観たらとんでもないんでしょうね?耐えられるのかオレ??????

ちなみにリメイク版はあっても、オリジナルのレンタルはオレの住んでる近辺にはありません、しかし物凄く観たいのでノートPC持参で遠征して近くのマック(マクドナルドの略、関東ではこう言います。関西だとマクドです)辺りで観賞しますよ。

マローダーのどうでもいい豆知識
1、茨城県は東京、埼玉、千葉、神奈川からは関東として認められていない、東北だと言われている。
隣県の福島も「茨城は関東じゃねえ、南東北だあ」と思っているし、実際言われた。
2、茨城県民は「いばらぎ」と言われると「いばらぎじゃねえよ、いばらきだよ!」とマジギレする。
本当です、他県の皆さんマジで注意して下さいね、キレた茨城県民は危険ですよ!

| マローダー | 2012/01/02 13:18 | URL |

マローダーさん

おめでとうございます。
新年早々、良いこと有りましたね。

作品は、かなり異様ですよ~。
こないだまで、VideoやDVDがプレミアついていた映画ですし。
この異様さは、オリジナルでないと味わえません。

不快感というより、独特の世界観に耐えれるかが試されますね(笑)

マローダーさんは、茨城出身ですか?

| とら | 2012/01/02 13:59 | URL | ≫ EDIT

ネイティヴだっぺよ!

>とらさん
生まれも育ちもずっと茨城県日立市です。
北に約50キロ行くと福島です。
地震の被害も酷かったです。
言葉はかなり訛ってます。
語尾には大抵「~だっぺよ」「~なんだっぺよ」「~なんだっぺでねえの」「そっけ~?」「んだっけ~?」が付きます、そして語尾のイントネーションは上がります。

マローダーの茨城弁講座
1、かっぽる→投げ捨てる
例:その空き缶かっぽっといてくんねえけぇ↑
2、いしけえ→安っぽい
例:なんだっぺその服いしけえなあ↑
3、いじやける→ムカツク
例:あの野朗いじやけんなあ↑
4、こわい→疲れた
例:ああこわいこわい(これは上がりません)

車のナンバーは水戸、土浦、つくばの3つですが、東京、埼玉、神奈川、千葉からは水戸ナンバーは「納豆ナンバー」と呼ばれてます、名付けたのはとんねるずのタカさんです。

でもいい所ですよ茨城は、水戸近辺に来る事があれば是非ご一報を。

| マローダー | 2012/01/03 04:25 | URL |

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

これ、オリジナルの方ですね!!
ニコケイが出たリメイクの方は観ましたが、オリジナルは未見であります。
凄く観たいのですが、古過ぎる作品なのかレンタル店には置いて無くて、悔し涙を流しました。。。

良さげな感じですね。
何時かは絶対観たい作品です。

今年も素敵なホラー映画に出会える事を祈りつつ、平和な世界であって欲しいと心から願うお正月。

今年も宜しくお願いします^^

| ヒロ之 | 2012/01/03 15:01 | URL |

☆マローダーさん
茨城なんですね。
年に数回は行きますよ。
勝田マラソンにも出たことありますし。

地震のときは大変でしたね。
今年もいきなり地震連続でしたが、何にも無い平和な1年でありたいですね。

☆ヒロ之さん
あけましておめでとうございます。

はい、オリジナルです。
DVDやビデオは一時期プレミアついている貴重な作品ですね。
私はツタヤディスカスにあったので、思わず借りちゃいました。

この世界観は絶対にオリジナルしか味わえませんので、いつか見てくださいね。
美女の裸ダンスを観るだけでも貴重ですぞ!

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

| とら | 2012/01/03 21:41 | URL | ≫ EDIT

観ました!(リメイクだけど)

オリジナルが何処にも置いてないので(泣)、とりあえず2006年に製作されたニコラス・ケイジ主演のリメイク版を観ました。

以下がオリジナルとの大きな変更点でしたね。
1、主人公のエドワードは敬虔なクリスチャンではないし、童貞どころかローワンの実の父親である。
2、過剰なまでの性描写は丸々カット!(時代にそぐわないから?)
3、エドワードはクリスチャンではないので、焼かれながら「おお神よ!」とは言わない。

しかしオリジナルを観ていない人は、十分楽しめるのではないでしょうか?オレも十分面白かったですし。
オリジナルと比較しなければ、普通に良く出来たミステリー映画ですよ、ただ逆にオリジナルを観てる人には全然物足りないんでしょうけど。

ウッカーマンの造形がオリジナルに比べて、かなりチープだったのが残念でしたが(苦笑・・・・)、ニコラス・ケイジの演技は雰囲気にも合っててとても良かったと思います。

しかしサマーアイル島の様な極端な女尊男卑な所って実際に存在するのでしょうか?
存在しても何ら不思議ではありませんが、男が単なる精子提供者でしかないのは悲しいですね・・・・
色々と考えさせられる作品でした。

早くオリジナルが観てえー!!!!!!!!!!!!!(無理だろうな・・・・)


| マローダー | 2012/01/06 06:36 | URL |

マローダーさん

オリジナルを今の時代にそのままリメイクしてしまうと、クレームだらけかもしれませんね。
それほどまで、クリスチャンを迫害した映画でしたから。

サマーアイル島は、オリジナルは女尊男卑ではないですよ。
単に、性が中心の島でした(笑)
でも、そういう民族っているんじゃないですかね?

オリジナルは、お店のレンタル屋にはないでしょうね。
オンラインレンタルには置いていましたよ。

| とら | 2012/01/07 16:48 | URL | ≫ EDIT

公開までの経緯

ウィキペディアで調べたのですが、オリジナル版が公開されるまでにはかなりの紆余曲折があったようです。

1、72年にイギリスのブリティッシュ・ライオン(以後B・ライオン)社によって120分のオリジナルフィルムが完成する。
2、B・ライオン社がEMIに買収され、約20分カットした99分のディレクターズ・カット版が完成する。
3、ハリウッドのプロデューサーであるロジャー・コーマン氏の指示で、さらに11分カットした87分のバージョンが完成し、73年にワーナー・ブラザースの配給によりアメリカで公開される。
しかし「赤い影」との2本立てのドライブインシアター公開だったため、評判はイマイチであった。
同年母国イギリスでもこの87分バージョンが公開され、そこそこの興行成績を収める。
4、しかしこの結果に満足出来ないハーディ監督と一部の出演者が、79年にアメリカのアブラクサス社との協議の末、ハーディ監督による96分の再編集版が完成し、アブラクサス社によってアメリカで再上映された。
5、日本では98年になってようやく87分版が上映された。
6、2003年6月21日に日本で2枚組特別完全版としてスティングレイ社から初のDVDリリース、73年公開の87分版とエクステンデット版99分(ディレクターズ・カット版と同じかは不明)の2枚組であった。
原版はフランスのスタジオ・カナル(STUDIO CANAL)社。
7、2009年2月13日、日本版再発。73年公開の87分版のみ。原版は03年と同じスタジオ・カナル社。

配給会社だけでもB・ライオン(イギリス)→EMI(イギリス)→WB(アメリカ)→アブラクサス(アメリカ)→スティングレイ(?)→スタジオ・カナル(フランス)と6社も渡り合ってますし、日本での公開も98年と最初の公開(73年)から実に25年も経過しています、いかにこの作品がいわく付きかよくわかりますね。
とらさんが観たのはどのバージョン(87分、96分、99分)でしたか?
しかしここまで複雑な経緯の作品ってそうはないでしょう、そえだけ話の中身がカルト過ぎるという事なんでしょうか?

ああ余計観たいじゃねえか、うおおおおおお!!!!!!!

| マローダー | 2012/01/07 18:04 | URL |

マローダーさん

私が観たのは、87分版です。
というか、長いものはプレミアがついているので、残念ながら入手できません・・・。
DVDも3万円くらいするはずです。

キリスト教をとことん迫害した映画ですから、公開もいわくがつくでしょうね。
非難覚悟での上映だったんでしょう。

ラストでハウイーが焼かれるシーンはものすごいですよ。
キリスト教信者が見ると、完全に気分を害するでしょうね。

本当に観たいのであれば、ツタヤディスカスにありますので、1ヶ月無料レンタルに登録して、借りるってのもありますよ。
以下に、オンラインレンタル比較を記事にしています。
http://kowaimovie.blog116.fc2.com/blog-entry-269.html

ただ、クレジットカード登録が必要です。
(1ヶ月で退会処理しないと、自動継続になりますので課金されるのも注意)
私は、月4枚:¥980会員ですが、これくらいなら安いし、レンタル店で置いていないDVDたくさんあるので、もう3年くらい御用達です。
あ、ツタヤの宣伝マンではありませんよ~(笑)

| とら | 2012/01/09 11:51 | URL | ≫ EDIT

ダメでした(泣)

昨日水戸まで行ってレンタル屋巡りをしたのですが、案の定何処にも置いてなかったです。(泣・・・・・)

まあウィキで調べた時点でダメだとは思ってましたが、ここまで入手困難(いや不可能)な作品はこれが初めてですよ。

もうツタヤディスカスしかありませんね、次の仕事がまだ始まってないので、ある程度の目処が付いたら利用するでしょう。

情報提供ありがとうございました。
とらさんがツタヤの人間でも何ら問題ありませんよ。(マジで)

| マローダー | 2012/01/09 14:00 | URL |

いや~

凄かったですね、色々な意味で。
ヘイ~ホ~♪が頭から離れませんや(笑)
しかしこれ好きな部類ですね
ニコラス・ケイジ版はいまいちだったにの、なぜだろうか
どこか牧歌的にさえも感じられる音曲も素晴らしかったですね、田園も美しかったですしね

メイデー祭の準備で少年達がアレの象徴的な棒を立たせてるシーンや乙女たちが裸踊りしてるシーンなど、印象的なシーンが多いこと、多いこと!
ラストのシーンの後の沈む太陽が美しいのがまた対照的で。単純な童謡のような歌声の中燃えていくウィッカーマンの姿(とそれの効果)を考えると恐ろしいですが美しいシーンでした

| maki | 2012/01/10 08:59 | URL | ≫ EDIT

☆マローダーさん
レンタル店は私も観たこと無いです。
入手困難といえば、私がホラーで5本の指に入る面白いと思っている作品で、『ブレインデッド』もそうですが、観たことあります?
こちらも、名作にして、入手困難でございます。
当ブログも、もう一度みてからレビュー仕様と思っていますが、いまだに実現ならず。

☆makiさん
観ましたか!
凄い映画でしたよね~。

かなり評価高いようですが、実は女性にはどう映る映画だろうと思ってました。
いや~、このすばらしさが分かるなんて、やっぱりmakiさんは映画通だなぁ~(笑)

ラストのとことんキリスト教を侮辱した終わり方に、美しい夕日がなんだか印象的ですね。
クリスチャンがみたら、どう思うか・・・

| とら | 2012/01/10 22:07 | URL | ≫ EDIT

このタイトルはリメイク版しか観たことがないのですが
オリジナル版はさらに重たい空気を持っていそうですね。。
残酷さたっぷりのバッドエンドに唸った一作です^^

| shimaneman | 2012/01/11 11:02 | URL |

shimanemanさん

オリジナルとリメイクは、雰囲気も世界観も全然違いますね。
おっしゃるとおり、重いです。
後味悪い、エンディングでしたよね・・・。

| とら | 2012/01/11 22:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/326-d590fedf

TRACKBACK

ウィッカーマン

カルト映画ですねぇ。ニコラス・ケイジ主演でリメイク版「ウィッカーマン」もでてます。しかし、こちらのほうがはるかに凄かった…。 ヘイ~ホ~♪ 閉鎖的な島の宗教観なんだろうか、妙な民謡的ミュージカル仕立てでまず引く。?(´□`;)  けどこれが次第に慣れてきて...

| いやいやえん | 2012/01/10 08:52 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。