PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ビー・デビル

『ビー・デビル』
 BEDEVIILLE

【製作年度】2010年
【製作国】韓国
【監督】チャン・チョルス
【出演】ソ・ヨンヒ/チ・ソンウォン/パク・チョンハク/ファン・ミノ



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
独身女性ヘウォンは都会での生活に疲れ、幼い頃過ごした思い出の島へとやって来る。笑顔で出迎えてくれたのは幼なじみのボンナム。しかし、その笑顔の裏で地獄のような苦しみに耐えていた。やがて、そんなボンナムから助けを求められるヘウォンだったが…。

【感想】  ネタバレ
監督は、長編デビューとなるチャン・チョルス。カンヌ映画祭出品他、多数の映画祭で受賞した作品は、バイオレンスの傑作と言われるほど。原題は、『キム・ボンナム殺人事件の顛末』というタイトルになります。

ボンナムは何故悪魔になってしまったのか・・・。
一番の悪魔は誰なのか・・・。


たった9人の島。その中で、ボンナムは村中から奴隷のごとく使われ、旦那からは暴力の毎日。旦那は村に女を呼んでは情事にふけ、しまいには娘にまで手を出す始末・・・。ボンナムはどんなに村から出たいと思っても、お金はすべて旦那が管理しており、それも許さない。ただただ、子供のために健気に耐え続けるボンナム。あまりにも残酷で過酷な状況です。

一方、都会ソウルで仕事に疲れたヘウォン。たいへん綺麗な女性なのだが、相当性格がひねくれている様で・・・。都会のストレスから抜け出すため、休養がてらに、幼い頃過ごした島へ訪れる。

それが、悲惨な出来事の始まりになろうとは・・・。

大都会で育ったヘウォンと対比するかのように島でしか育ったことがないボンナム。ボンナムにとっては、ヘウォンは憧れの存在。絶対的な味方のはずだった・・・。
ビー・デビル1

子供が旦那に殺されてしまいました。
信じていたヘウォンから裏切られました。
ボンナムの中で何かが壊れました。
そして、悪魔になりました・・・。
ビー・デビル2

島に起こる残酷な殺戮の数々・・・。
ビー・デビル3

ヘウォンがボンナムにしたこと。それは無言だけ。事件を見ていたはずなのに知らぬ存じぬの態度。ボンナムを悪魔にしてしまったきっかけは、暴力や侮辱ではなく、真実を話さないヘウォンの罪なのでした。いじめは傍観するだけの周りが一番罪なんだと訴えられているかのようです。

最後は、ヘウォンとボンナムの一騎打ち。
でも、、、結末は二人の幼い頃に戻ったかのようです。
ビー・デビル4

なんとも、悲しく重たい作品でしたが見ごたえ十分でした。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| バイオレンス | 23:11 | comments:13 | trackbacks:3 | TOP↑

COMMENT

こんばんは!!

これは去年のベスト10内に入った傑作でした。
もう主人公が哀れ過ぎて、思いっきり感情移入しちゃってたので、プッツンした瞬間は鳥肌立っちゃって、

やれやれ~~!!!やっちまぇ~~

な心境で見守っていましたよ。
韓国はこういう映画を撮らせるとホント巧いなぁって改めて感心させられた作品でした。

| ヒロ之 | 2012/03/28 00:47 | URL |

これはヤバイよ

ゲオにいた時に見たパケ裏のあらすじが凄かったので、強烈に印象に残ってたのですが、ここまで凄まじい作品だとは思いませんでした。(呆然・・・・)

これっていわば韓国版キャリーですよね?キャリーはオレ自身がイジメられっ子だったのもあり、物凄く感情移入しまくりでしたが、この作品はヒロ之さんの言う様に、さらに深く感情移入する事間違いありませんね。
ヤバイよヤバイよマジでヤバイよ!BY脳内出川哲ちゃん隊

恐るべしコリアンホラー、これは観ないわけにはいきませんな。
とらさんレビュー感謝します、観たらまたコメしますのでお待ちを。

| マローダー | 2012/03/28 22:21 | URL |

☆ヒロ之さん
いや~、すごい映画でしたね。
同じく、プッツン後は、ボンナム応援派でしたよ!
島のババと男をぶち殺すシーンはすっきり。
ジジを殺さなかったのも良かった。

韓国映画も侮れませんよね~。

☆マローダーさん
キャリーは学生ですが、この映画は大人ですからね。
終始、性が絡んできますから、なんとも汚らわしいし。

かなり深いですよ、この映画。
個人的には、『冷たい熱帯魚』と同じくらいの衝撃でした。

しかし、ババアがムカつく~!!!

| とら | 2012/03/28 23:39 | URL | ≫ EDIT

ジョンナム

キム・ボンナムがキム・ジョンナム(故:キム・ジョンイル北朝鮮書記長の長男、現在は中国に滞在(亡命?)中らしいです)に見えてしまうのはオレだけでしょうか?

違うとわかっていても脳が勝手に変換しちゃうんですよ。
ダメだやっぱりジョンナムにしか見えない・・・・・・

| マローダー | 2012/03/30 18:19 | URL |

マローダーさん

そもそも、ジョンナム自体が印象薄くて思い出せませんでした~(爆)

| とら | 2012/03/31 00:52 | URL | ≫ EDIT

こんにちは!

バイオレンス描写だけじゃなくて、
ボンナムとヘウォンの関係性も見ごたえ十分でした
切ない、心が重たくなる作品でしたが
不思議ともう観たくないとは思えないんですね

ヒロ之さんと同じく、感情移入してしまう部分も
あるからでしょうか

| maki | 2012/04/01 11:17 | URL | ≫ EDIT

このDVD欲しいのですが、全然安くならなくて…
ヤッパリ人気の映画は下がりませんね(T。T)

| アレッサ | 2012/04/02 20:27 | URL |

☆makiさん
見ごたえ十分でしたね!

そうなんですよね。
重いって言っても、嫌な重さで終わらなかったんですよね。
その理由は、やはりボンナムに感情移入できたからでしょうね。
どんなにいじめられても、やり返したから、観るほうもスカッとできたからでしょうか。

☆アレッサさん
正確に言うと、マニアに人気の映画は下がらないでしょうか。
こういう映画は、ホラー好きやサスペンス好き以外の人はあまり観ないでしょうからね。
大人気!?『アバター』は大量生産されて値段下がりに下がってますからね・・・。
今は話題性がまだ注目されていますが、そのうち下がってくると思いますよ。

| とら | 2012/04/02 23:04 | URL | ≫ EDIT

やっと観ました

とっても悲しいと言うか、切ない映画ですね。

彼女は何の為に生まれてきたんだろ・・・

切れたとき、やっちゃえ~って確かに私も思ったけど、でも彼女からは「怒りの仕返し」のようなものは感じられず、ただ子供を殺され守れなかった悲しみと、自分の惨めさで動いているようで…

だからあれだけバッサバッサやってくれてるのに、スッキリ感が薄いんでしょうね。

| アレッサ | 2012/04/07 12:18 | URL | ≫ EDIT

アレッサさん

切なくて、凹む映画でしたね。
一度も島からでれなかったボンナムが、はじめて島から出るのは、希望ではなくて、絶望でしかなかったのが、悲しい。

ヘウォンも、日ごろボンナムをうとましく思っていた(最後の手紙をゴミ箱から取り出すシーン)のが、さらに悲しい。

ほんと、ボンナムは何のために産まれたのか。
唯一の生きがいが、子供だったのでしょうね。

| とら | 2012/04/08 17:10 | URL | ≫ EDIT

性をネタにしたサスペンスやホラー物って女を全ての災いのもとという風に描きがちだけど、この映画は正反対なのが斬新でした。後映画の主人公が島の外ではヘウォンなのに、島のときはボンナムに変わっちゃうところも面白かったです。とらさんと同感で、私は「キャリー」よりは「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ(話題:発情マニアル)」の方を思い出しました。
今年見た中でこれと「FEED」がいちばんエグかったかな。

| ウィンド | 2012/08/10 05:59 | URL | ≫ EDIT

ごめんなさい。発情マニアルではなくて発情アニマルでした。

| ウィンド | 2012/08/10 06:00 | URL | ≫ EDIT

ウインドさん

斬新でしたね。
どこかでありそうな展開なんですが、新鮮。

おっしゃるとおりで、島と島を離れたときの主役が変わるのが見事でした。いかにも、島=ヘウォンの居場所、島以外=ボンナムの居場所という感じでしょうか。

| とら | 2012/08/11 23:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/342-c8abc022

TRACKBACK

ビー・デビル

いやぁ、ようやく観れました^;観れるようになる経緯がまた大変でした。 「チェイサー」で悲惨な末路を遂げる役柄だったソ・ヨンヒさんが、一転、田舎の泥臭い女性を演じています。このソ・ヨンヒさんがまたとんでもない演技をみせてくれました。 このボンナムは、村の...

| いやいやえん | 2012/04/01 11:14 |

ビー・デビル /BEDEVILLED

ランキングクリックしてね ←please click 今年のベスト10入り確定!いや5入りかな 韓国映画からまた凄い作品が キム・ギドク監督のもとで助監督として修行したチャン・チョルス監督長編デビュー作であり、 カンヌ国際映画祭批評家週間に出品され注...

| 我想一個人映画美的女人blog | 2012/03/29 01:26 |

ビー・デビル

BEDEVILLED/10年/韓国/115分/サスペンス/R18+/劇場公開 監督:チャン・チョルス 出演:ソ・ヨンヒ、チ・ソンウォン、パク・チョンハク <ストーリー> 美しい孤島を舞台に、ひとりの若い女性に日常的に行われていた虐待と、それをきっかけに起こる虐殺事件を...

| 銀幕大帝α | 2012/03/28 00:45 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT