PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グエムル-漢江の怪物-

『グエムル-漢江の怪物-』
 THE HOST

【製作年度】2006年
【製作国】韓国
【監督】ポン・ジュノ
【出演】ソン・ガンホ/ピョン・ヒボン/パク・ヘイル/ペ・ドゥナ/コ・アソン/イ・ジェウン/キム・レハ



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
ソウルの中心を南北に分けて流れる雄大な河、漢江。休日を河岸でくつろいで過ごす人々が集まっていたある日、突然正体不明の巨大怪物グエムルが現れた。河川敷の売店で店番をしていたカンドゥの目の前で、次々と人が襲われカンドゥの愛娘ヒョンソがグエムルにさらわれたのだ!

【感想】  ネタバレ
冒頭シーンが一番の盛り上がり!?
と思える程に、異様なモンスターの登場。逃げ惑う人間。そして、何度も広告で流されてたグエムルに背後から迫られる少女のシーン。なかなかの迫力と盛り上がりであります。
グエムル1

なんともいえない、怪物の姿。何?この生物?魚のようで足があり口は大きく、いきなり大暴れしては人間をさらっていく、なんとも気持ち悪いヤツ。でも、アジアで作られるモンスター物映画としては、怪物CGの出来栄えは良いんじゃないでしょうか!日本だと、こういう系統の怪物はちゃっちいのしか作れないですしね。

話としては平凡で冒頭のインパクトが強く、中盤から後半は冒頭ほどの盛り上がりはないのだが、コメディータッチに描かれた、ごく一般的な家族模様が面白い。カンドゥの娘ヒョンソがモンスターにさらわれ、生きていると分かった瞬間に、バラバラだったカンドゥの家族が一致団結。いかに怪物をみつけ、倒すかの様子が描かれています。
グエムル2

ろくに働くことが出来ず、寝てばっかりの駄目親父のカンドゥが娘のためにたくましく戦っていく姿、そしてなんといっても、モンスターに殺されてしまいましたが、一家を最後まで信じたたおじいさんの力が団結をまとめあげた。

その一家を演ずるは、韓国の実力派の役者達。中でも、やはりカンドゥ役のソン・ガンホは何を演じさせても存在感抜群で、本作も彼があってこそでした。冒頭のお間抜けな感じから、モンスターと戦うことによって、強くなっていく父親が見事に演じられています。

CMとかの広告をみると、なんかつまらなそぅ(こういうアジア製作のモンスター映画についてくるイメージ)が第一印象ですが、意外にも楽しめる作品でありました。120分とモンスター系にしては長いので、もう少し短くしてさくっと観れると、もっと良かったですが。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| モンスター | 00:01 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

まったく同じ感想ですよ。

それと、CMとかの広告を見て、つまらなそう…私もそう思って避けてました。
友達が面白かったって薦めてくれたので何年も後にやっと観た感じです。

お父さん役のソン・ガンホって有名な俳優さんなんですね、私よく分からなくて、ただわざとなんだろうけど、いい年してあの茶パツ、嫌だな~って思って見てました(笑)

| ダークアレッサ | 2012/05/03 05:07 | URL | ≫ EDIT

オレだけ?

まだ未観ですがとらさんとD・アレッサさんの言う様に、以外と面白いみたいですね。

キャプ画で初めてグエムルの全身を見ましたが、何ですかコイツは?デカイしキモイし動き速そうだし、CGもそれなりのレベルみたいだし、外見だけならモンスター好きにはどストライクじゃないですか?
これはモンスター好きとしては観るしかないじゃないか!BYアスラン・ザラ(声:石田彰さん)

あとタイトルの「グエムル」が「グムエル」に見えるのは、オレだけでしょうか?

| マローダー | 2012/05/03 19:54 | URL |

☆ダークアレッサさん
やっぱりこういう映画は敬遠しがちですよね。
特にアジア系なので、ちゃっちいんじゃ?って思ってしまいます。
案外、この映画は楽しめましたね。
コメディタッチも良かったですし。

ソン・ガンホは有名ですよ~。
韓国では、無くてはならない俳優です。

☆マローダーさん
予想よりは楽しめます。ただ、絶賛というほどではないので、あしからず。
CGは、良いとはいえませんが、アジアのモンスター物としては、合格点ではないでしょうか。

モンスターがきしょいですが、松本一志の『大日本人』に出てきそうな、怪物っぽい。

| とら | 2012/05/04 01:23 | URL | ≫ EDIT

愛しのペ・ドゥナ!

この映画は確か、反米的な社会風刺が含まれてしたね

2年位前夜中にTVで観ましたが、冒頭の怪物に襲われ阿鼻叫喚してる以降は、時間返せって想ってしまいました(汗)

終わり方もかなり……でしたし……

ただペ・ドゥナが居たから観れた!!(笑)

| 黒服 | 2012/05/04 10:42 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。

これは好きですねぇ、劇場で観ました。
こんなところになにこれ?から始まるモンスター大暴れは大盛り上がりでしたね。素晴らしい。

家族視点でのモンスター映画というのもよかったですが、ラストは物悲しかったです。
子供が頑張るストーリーであの結末は受け入れられるのは難しいと思いました。代わりの子はいるにしても。(T T)

トラックバック&ぽちっといっときますね。

| 白くじら | 2012/05/06 11:38 | URL | ≫ EDIT

☆黒服さん
そうですね、ラストなんかは完全に反米でした。

あら、時間返せまでいきましたか。
前半のモンスターが暴れるシーンから、中盤、後半はだらけた間ありましたもんね。
どっちかというと、家族ドラマな感じでしたし。

☆白くじらさん
おぉ、劇場でみましたか。
私なんか、広告の影響でちゃっちく見えて、なかなか手に取らなかった作品です。

冒頭の、モンスター大暴れシーンは見ごたえありましたね。
へんてこりんなモンスターで、気もし悪いし。。。

ラストは、そうですねー、あの結末は悲しいですね。

| とら | 2012/05/06 22:30 | URL | ≫ EDIT

個人的には、まだ小さい我が子達にダブらせてしまうもんで、
ラストよりも中盤の「小さい兄弟が盗みに入って襲われるシーン」
が悲しかったですねぇ。
おバカ大学生がガンガン襲われる映画は全然大丈夫なんですがねぇ~

| しもうま | 2012/05/09 09:01 | URL |

しもうまさん

確かにそれはいえてます。
子供がらみは、子を持つ親としては、考えちゃいますよね。
たとえ、それがこういうモンスター的なお話でも。

| とら | 2012/05/10 23:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/348-98d42438

TRACKBACK

グエムル 漢江の怪物

漢江(ハンガン)に正体不明の巨大怪物(グエムル)現る! 2006年(GUE-MOOL [THE HOST]) 製作国:韓国 監督:ポン・ジュノ 製作:チョ・ヨンベ、キム・ウテク、ジョン・テソン 製作総指揮:チョ・ヨンベ 原案:ポン・ジュノ 脚本:ポン・ジュノ、ハ・ジョンウォン、パク・チョルヒョ…

| MOVIE-DIC | 2012/05/06 11:30 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT