PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

狼男アメリカン

『狼男アメリカン』
 AN AMERICAN WEREWOLF IN LONDON

【製作年度】1981年
【製作国】アメリカ
【監督】ジョン・ランディス
【出演】デビッド・ノートン/ジェニー・アガター/グリフィン・ダン/ジョン・ウッドヴァイン/ブライアン・グローヴァー



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
バックとデヴィッドは、郊外で地元の人々から奇妙な警告を受ける。満月の下を歩くふたりに獣の影が迫り…。

【感想】  ネタバレ
1981年アカデミー・メイクアップ賞を獲得した作品。狼男に変身する様子を1カットで描き、苦しみながらも身体全体が異様にも狼に変化していく見事な特殊メイクは、80年代の人々を驚かせた。
狼男アメリカン1

特殊メイクのみならず、作品としてもすばらしく、狼男に襲われたディビッドが自分も同じく狼男になってしまい意識が無いうちに人々を惨殺してしまっていると気づいた苦悩を描くストーリーが面白い。

同じくして狼男に襲われ死んでしまった友人のジャック。彼の存在もまた面白く奇抜である。死んだはずのジャックは、ディビッドの前に亡霊のごとく現れる。ディビッドが狼男になり人を殺さないように自殺を勧め続けるのだ。彼が登場するたびに腐敗していく様子が、恐ろしくもユーモアがある。
狼男アメリカン2

ディビッドの前に現れるのは、友人ジャックだけではなく、狼男化したディビッドに殺された人々も登場する。文句を言いながらも、おとなしく被害者を増やさないために自殺を勧めるのだ。しかもポルノ映画館の中で。なんともいえないシーンだろうか。

ラストは、警察官に追い詰められた変わり果てた姿のディビッドの前で、看護婦の恋人が悲しくも彼の名前を呼び続けます。しかし、彼女に対して牙を向けようとした瞬間に、警察官の一斉射撃により射殺。その場に残るのは、人間の姿で射殺されたディビッドなのであった。

80年代初期の名作ですね。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| ゴシック | 22:12 | comments:15 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

売れちゃいました(泣)

この作品のレビューを待ってました!

とにかく狼男への変身シーンが凄いです、1カットの長回しで10分近くしかもUPでじっくりと見せてくれます。
ただよっぽど熱いのか服を引き裂くので、翌朝人間に戻った時に真っ裸なのには笑えます。

ウルフマンのコメントにも書きましたが、特殊メイクを担当したのはスターウォーズで特撮(SFX)という技術を世界に見せ付けた巨匠リック・ベイカー氏で、彼はこの作品でアカデミー賞メイクアップ賞を受賞しています。
ウルフマンの特殊メイクもベイカー氏で、2009年のアカデミー賞メイクアップ賞を受賞しました。
狼男で2回受賞という快挙を成し遂げたベイカー氏の仕事振りは賞賛に値します、今作とウルフマンを比べてみると面白さが倍増しますよ。

あとは友人のジャックをはじめとして、狼男の被害にあった人達の霊?がデヴィッドに、何故か全員ポルノ映画館で自殺を勧めるシーンが笑っちゃいますwwwwww
なんでポルノやねん?そういうコメディ要素もあるからこそ、余計に狼男の怖さが引き立ちます。
ウルフマンは全編シリアス一辺倒でしたからね、この構成はただただお見事としか言い様がありませんね。

この作品の中古DVDが売ってた所に3日前に行ったらありませんでした、売れちゃったみたいです。(泣)
「こんなマニアックな作品買うヤツいねーよ!」と余裕ぶっこいてました、オレのバカバカバカー!!!

変身シーンだけでも十分観る価値のある作品なので、未観の方は是非御覧下さい。
そしてDVDを見つけたら、オレみたいに余裕かまさないで即買いましょう!

ちなみにこの作品では狼男の事を「WERE WOLF(ウィアーウルフ)」と言っていて、ウルフマンとは言いません。ウィアーウルフの方が呼び方としては一般的みたいですね。

| マローダー | 2012/05/20 23:50 | URL |

懐かしい~

この変身シーンは本当に凄かった!
初めて観たときは衝撃的だったですもん。

そうそう、ユーモアもあるんですよね、怖いという印象派少ない映画でしたけど、面白い映画です。

また久しぶりに観たくなりました^^

| ダークアレッサ | 2012/05/20 23:51 | URL | ≫ EDIT

この時代は良作揃いでしたね。

私がホラー映画にハマったきっかけの1つでもあります、この作品。
特殊メイクの凄さもさることながら、恐ろしくも物悲しい話なんですよね~
80年代の良作狼男映画、「ハウリング」や「ティーンウルフ」もリメイクの噂がありますけど。
やっぱりこの時期の独特の味は、今のCG隆盛映画では出せないでしょうね。

| ten | 2012/05/21 13:15 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。

ずいぶんと物悲しい作品で好きです。

特撮に関しては、ついに明るい場所での変身シーンを見せてくれて感動したものです。体毛が生えてくるところなんて鳥肌立ちました。

ブルームーン…だったっけ。
この音楽も好きでした。

| 白くじら | 2012/05/21 14:35 | URL | ≫ EDIT

☆マローダーさん
はい、引越し先の近くのツタヤにちゃっかり置かれていたので、借りちゃいました。
懐かしい作品でしたが、今でも新鮮ですね。

やはりポルノ映画館でのやりとりが一番好きですね。
友人なんか、からだ腐りまくりですし。

あられ、売り切れですか。
やはり、隠れファンはおおいですよ。

☆ダークアレッサさん
ごぞんじでしたか。
昔観た映画ですが、懐かしくて借りちゃいました。
いやー、今見てもあせない名作ですね。
なかなか置いているところ少ないですが、みつけたら是非もう一度みてくださいな~。

☆tenさん
そうなんですよね、CGでは出せない特殊メイクのすばらしさですよ。
皮膚の感じなんか、すばらしいです。

そうなんですか?リメイク話が盛り上がってるんですね。
最近は、リメイク話多いですね・・・。

☆白くじらさん
物悲しくも、ユーモアがある面白い作品ですよね。
ラストは、悲しい結末ですし。

明るい場所で1カットの特撮は、当時の人々を驚かせたでしょうね!

同じく、音楽も好きです。

| とら | 2012/05/21 21:24 | URL | ≫ EDIT

狼男ブルー・マウンテン

ただ狼男が人を襲うだけではなく、
怪物になってしまった苦悩や、
ユーモラスな恨み節、
看護師とのあんな事やこんな事、
年上の看護師が年下の狼男を手玉に取る所など、
見所いっぱい夢いっぱいの作品でした。
看護師役のジェニー・アガターは、
『チャイルド・プレイ2』にも出てましたね。

| りとら | 2012/05/22 23:08 | URL |

りとらさん

そうですねー。
苦悩を描くことで、狼男への感情も入っていけるんですね。
さらに、死んだ人が自殺しろって勧めるシーンも最高でした。
名作ですね。

| とら | 2012/05/26 09:01 | URL | ≫ EDIT

マイケルジャクソンも好きな映画の様ですネ。
シュレック見た事無いのでみたいデス。猿が暴れるランディス監督の初期作品です。

| クリコ | 2012/05/30 21:36 | URL |

クリコさん

あら?そうなんですね。
なにげにスタイリッシュでもありますからね~。

| とら | 2012/06/03 18:44 | URL | ≫ EDIT

やはり名作!

このレビューを見て猛烈に観たくなったので、ツタヤへGO!して2度目の鑑賞となりました。
変身が話題になりがちですが、実際はりとらさんの言う様に様々な要素を上手く取り入れていて、ホラーに留まらない面白さがありますね。

ポルノ映画のシーンはジャックが手招きしたんですね?
ほぼ白骨化しててグロイはずなのに全然グロくない、むしろ笑っちゃいましたwwwwww
他の被害者達も何故か可哀想と思えず、むしろデヴィッドが不憫過ぎて哀れでしたね。
ジェニー・アガター演じるアレックスがムダにエロイ!サービス精神旺盛過ぎ!これも絶対狙ってやってますよね?(大歓迎だけど)

変身シーンは何度観てもやっぱり凄い、さすがリック・ベイカー氏、伊達に巨匠と呼ばれてませんね。
ただあれは狼その物ですよね?見た目は勿論ですが完全に4足歩行だし、しかも速くないのが笑えるwww

ラストもデヴィッドが撃たれて人間に戻ったらすぐ終わり、エンドロールの音楽は明るい曲調、なので悲壮感は全くありません。
DVD買っときゃよかった、後悔先に立たず。

| マローダー | 2012/06/06 13:55 | URL |

マローダーさん

Amazonで購入は駄目なんですか?
この映画のDVD 890円ですよ?
BDでも、1,300円くらいです。

そこまで好きな映画なら、購入すべき!(笑)

| とら | 2012/06/09 08:49 | URL | ≫ EDIT

ロッピーがあるじゃなイカ!

ローソンのロッピーで尼に注文出来るじゃなイカ!
しかも働いてるんだから受け取り(ローソンに配達される)も楽じゃなイカ!
なんで気付かなかった?オレのカバ!じゃなくてバカ!

とらさんありがとうございました。

イカ息子(違っ!)

| マローダー | 2012/06/09 20:51 | URL |

マローダーさん

それはよかったです。
もっぱら、DVD,BDはAmazon御用達ですよ~。
送料無料だし。

| とら | 2012/06/10 20:13 | URL | ≫ EDIT

小学生の時に映画館で見て以来の
大ファンです。
作品の事を考えると、当時の昭和の良き時代と小学生で悩みもない自分を思い出してしまい懐かしく思います。
ホラー映画が輝いていた時代の名作の一つだと思います。

| 狼男前アメリカン | 2014/01/23 23:35 | URL |

狼男前アメリカンさん

懐かしい作品ですよね。
おっしゃるとおり、昔はホラーの名作がおおく、さらにホラーがそれなりにTVなどでも公開されていましたので、思い出がたくさんあります。
今の時代、ホラーが追いやられているのが残念ですね。

| とら | 2014/01/26 20:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/352-360bc6ed

TRACKBACK

狼男アメリカン An American Werewolf in London (1981年)

 色っぽい看護婦のチャンネーが、病院で弱っている純朴な狼男を誑かし、言葉巧みに自宅に連れ込み、飽きたらポイ捨てする恐ろすぃ映画。・・・あれ、違ったっけ?   「捨てないで~っ!!」 ・゚・(ノД`;)・...

| RETRAの奇妙な映画館 | 2012/05/22 23:09 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT