PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドーン・オブ・ザ・デッド

『ドーン・オブ・ザ・デッド』
 DAWN OF THE DEAD

【製作年度】2004年
【製作国】アメリカ
【監督】ザック・スナイダー
【出演】サラ・ポーリー/ヴィング・レイムス/ジェイク・ウェバー/メキー・ファイファー/ケヴィン・ゼガーズ/リンディ・ブース



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
アナの前に現れたゾンビ化した少女。そして彼女に襲われたアナの夫も豹変してしまう。無法地帯と化した町で、アナはショッピングモールに逃げ込むが…。

【感想】  ネタバレ
ジョージ・A・ロメロ監督の歴史的傑作『ゾンビ』を、CM出身監督のザック・スナイダーによるリメイクでございます。ザックはこの後、『300』や『エンジェルウォーズ』と映像新境地の映画を次々と生み出している監督。

余計な前置きなし。そっこうでゾンビ登場!しかもアナの近所の子供からです。とにかく分からずに外に飛び出したアナの前には街中ゾンビだらけでどんちゃん騒ぎ。はい、かなりの騒ぎっぷりで、ゾンビが走る走る。いきなりびっくりな展開です。そうです、この映画で描くゾンビは、めちゃくちゃ足が速いのです!
ドーン・オブ・ザ・デッド1

早々に、原作でもおなじみのショッピングモールへ。ここでおりなす人間模様がまさにこの映画の見所。いがみ合い、協力し合い、楽しみ、愛し合うとゾンビという恐怖の中で生まれる人間の美しさも醜さも全部描きます。まさに、ゾンビは人間模様を描くための味付けの役割。

モールでの生活を気ままに過ごす輩も居る、ゾンビの頭を撃つゲームを楽しむ輩も居る、脱出を真面目に考える輩も居ると統一感があまり無いなかのモールの生活。その中でも、引いてしまったのは、ゾンビ赤ちゃん登場シーン。ゾンビの子はゾンビなのでしたが、妊婦さんトラウマになりそうな、あまり観たくない場面でした。お腹を割って出てこないだけ良かったわ・・・。
ドーン・オブ・ザ・デッド4

終盤にかけては、いっきにテンポが上がっていき爽快感あふれる。アクション映画さながらのどたばた劇。改造トラックでゾンビでどっさりの中ぐちゃぐちゃ切り刻みながら進むのです。途中まで協力しなかった警備員がかっこよく犠牲になり死んだり、俺はかまれたから残るっとゾンビどっさりな船着場に残ったりと、しぶい場面も続くんですな~。でも、残ったメンバーの結末は不明で終わらすのねん。
ドーン・オブ・ザ・デッド2

さて、色々驚くべきことあった映画でしたが、なによりも驚いたのは、サラ・ポーリー主演でしょう。彼女がこんな映画にでるなんて!っとびっくりな方も多いでしょうが、原作のファンとのことで出演を決意したらしいです。彼女の出演映画史のなかで、なんとも特異な一品になりましたね~
ドーン・オブ・ザ・デッド3

走るゾンビはスピード感や緊迫感が出ますが、はてさてこれをゾンビといっていいのか?原作(ロメロ)ファンとしては、やっぱり素早いゾンビは認めたくないんだなぁ・・・。ゾンビはのろまじゃなくっちゃ!

【満足度】


【関連記事】
ゾンビ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| ゾンビ | 23:19 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

疑問

一つ疑問があります。
「何故ゾンビモノのタイトルには「~オブ・ザ・デッド」が多いのでしょうか?」
今作は勿論ですが「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」「ナイト・オブ・ザ・リヴィング・デッド」「リターン・オブ・ザ・リヴィング・デッド」「ショーン・オブ・ザ・デッド」「コリン~ラヴ・オブ・ザ・デッド」など半ばお約束と化してますよね?
逆に言うとタイトルの時点でゾンビモノとわかるから、これはこれでいいんでしょうけど。

あとこのレビューで知りましたが、監督がザック・スナイダー氏なんですね?
300やエンジェル・ウォーズなど独自の映像感を持つスナイダー氏が、ゾンビを撮るというのも意外ですね。
ただレビューにもある様に、素早いゾンビに違和感を覚える人もいるみたいですが。

まだ観てないので中身は観てから判断します。

| マローダー | 2012/05/27 23:39 | URL |

あ~これは怖かった。
いまでこそ「走る」「跳ぶ」「壁を這う」なんて当たりまえですが、当時は「うわっ!はえっ!」ってビックリしました。
その分コワさ倍増で今だにドキドキしながら借りちゃいますね。
でもザック・スナイダーさんだったんだ。それもビックリです。
・・・また見たくなったんで借りてきます^^;
(俺も「オブ・ザ・デッド」の由来興味ありますね)

| しもうま | 2012/05/28 10:34 | URL |

☆マローダーさん、しもうまさん
オブ・ザ・デッドは、やはりゾンビの産みの親といわれる、ゾンビ3部作から来ているんだと思いますよ。
 NIGHT OF THE LIVING DEAD
 DAWN OF THE DEAD
 DAY OF THE DEAD
夜、夜明け、昼ですね。

これに乗っかったゾンビ映画が、オブ・ザ・デッドってつけているだけだと。
ただ、日本が妙にオブ・ザ・デッドてつけているだけで、原題は案外ちゃんと名前ついているのが多いですよね。
オブ・ザ・デッドってつければ売れるってのは、日本の配給会社のいやらしい作戦と思いますね。

| とら | 2012/05/28 21:27 | URL | ≫ EDIT

納得!

>とらさん
「夜、夜明け、昼間」
なるほどそういう事か、でそれに便乗してると。
激しく納得しました、ありがとうございます。

それにしてもオブ・ザ・デッドが大杉ますよね?
なのに許せちゃうのはやはりロメロ監督の3部作が、いかに偉大かという証明でもあるんでしょう。

観てないけど。(観ろよ!)

| マローダー | 2012/05/30 00:17 | URL |

どうも「28日後」を意識しすぎな感じですヨネ、走るところと直ぐ感染するところ等。只迫力は凄いですネ。ラストはどうも想像にお任せな感じデス ネ。

| クリコ | 2012/05/30 21:47 | URL |

☆マローダーさん
ロメロの作品は3部作以降も、オブ・ザ・デッドで統一しています。
それに、他のゾンビ映画ものっかってるようですね。
ロメロ3部作は見るかちありますよ。
とくに、2作目の『ゾンビ』は、歴史的名作の映画です。

☆クリコさん
そうなんですよね~。
ロメロゾンビのリメイクなら、のろまでいってほしかった。
映画自体はよかったですがね。
ラストは同感で、やはり島に到着してもゾンビだらけだったで終わるのが良かったのかと。

| とら | 2012/06/03 18:49 | URL | ≫ EDIT

鈍間ゾンビがいい

一般公開時に「画面が綺麗(明るい)」って変な感想持ってました。(B級臭さが無く、粗くない画像やセット感が無かったりとかかな)
あの走りっぷりを見ると人間=獲物として捉えてるはずなのに、ガラス越しだとただ叩くだけのヘタレゾンビなのが未だに納得遺憾です。

後、冒頭の女の子ってたしか隣人のスケート少女では?あの夫婦に子供はいなかったと思うのですけど。古い記憶なので曖昧ですみません。

| しろねこ | 2012/06/15 02:58 | URL |

しろねこさん

画像は、確かに湿っぽさはなく、明るいイメージだったかもですね。
赤ちゃんシーンはのぞいて(汗)

そうですね。あのスピードだったら、ガラスなんかつきやぶっても良さそうですよね~。
走ると、やはりイマイチゾンビらしくないですね。

あれ?隣人の人でしたか。
その辺あんまり気にしていませんでした・・・。

| とら | 2012/06/16 18:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/353-9ea831ed

TRACKBACK

ドーン・オブ・ザ・デッド

リメイク版ドーンです。全力で走るゾンビたち…その設定のおかげかアクション性が高く勢いのある映像ができますね。 結局シチュエーションものなので、このゾンビ化に対抗する世界的な手段のようなものはなく、救いのないラストもなかなかです。昔の歩行ゾンビが好きだっ...

| いやいやえん | 2012/05/28 10:24 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。